よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

江戸の心・浅草大観光祭

金龍山 浅草寺 本堂落慶50周年大開帳記念
『大絵馬寺宝展と庭園拝観』


11月の連休を挟んで各地で催しが目白押し。何処に行こうと迷う。
浅草寺を中心とする浅草で、江戸の心・浅草大観光祭と銘うち「浅草今昔展」「江戸町浅草奥山風景」「平成中村座」などが開かれている。

ematen[1]

金龍山 浅草寺 本堂落慶50周年大開帳記念『大絵馬寺宝展と庭園拝観』は通常は非公開の伝法院庭園と浅草寺に伝わる寺宝の数々を一般公開とのこと。

IMG_4418.jpg

絵馬は想像以上の大きさと数の多さにビックリ。
さすが浅草寺と感心した。
IMG_4419.jpg

伝法院庭園の公開は16年ぶりとのことだ。人ごみ溢れる浅草寺の一角に、回遊式の静寂の庭園が在るとは、思いもしなかった。
庭越しに眺める五重塔はあたかも京都と感じる。

浅草寺の西側一帯は通称奥山と親しまれ、江戸時代から大道芸や見世物小屋が並び、盛り場浅草発祥の地だった。その場所に江戸時代さながらの街並みを再現し、江戸小物、版画、提灯、指物、手拭いなどの見世が60店位が並んでいる。江戸時代にタイムスリップした感じがした。

IMG_4411.jpg


芝居町は江戸時代後期に日本橋から浅草に移され、現代に残る歌舞伎の発祥の地とも言える。浅草寺裏側に「平成中村座」の仮設劇場が建てられ中村勘三郎を座頭とした歌舞伎が2ヶ月間特別興行をする。演目は『法界坊』この演目は2000年が初演。昨年はニューヨークの公演も大成功。テレビでも放映された。席料は1万円からで、お大尽席は3万5千円と、高額だが毎回満席らしい。11月公演は11月1日から25日まで。
  1. 2008/10/31(金) 20:46:18|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

 尾形光琳生誕350年記念『大琳派展』@東京国立博物館

IMG_4364.jpg

尾形光琳生誕350年記念『大琳派展』@東京国立博物館 10月7日~11月16日

カフェ・イン・水戸2008も始まり。、市内各地に分散展示されている作品を探しながら、マップ片手に散策している人達を見かける。

この時期は各地で沢山の催しが企画されている。行きたい展覧会等が多く、何処に行こうか迷ってしまう。
久し振りに、奈良国立博物館の第60回『正倉院展』に行きたいところだが、予算の都合で断念した。以前は、11月の恒例行事として奈良・京都・正倉院展に行くことに、わくわくしたものだ。
その代わりと言う事にはならないが、東京国立博物館を観てから、貸し自転車で都内を巡る、を楽しみとしている。昼食は蕎麦屋で1杯が出来れば、さらに良い。
東京国立博物館は正に宝島だ。常設の本館、企画展の平成館と表慶館、アジア美術の東洋館、法隆寺館と一日で観る事は不可能。

今回は尾形光琳生誕350年記念『大琳派展』10月7日~11月16日。
「琳派」は今や「RINPA」として通じるほど世界的になった。むしろ外国で受けているのかもしれない。日本人の精神の中に、静かな“詫び寂び"好みと賑やかな"華麗”なものを好む2面性を持っていて、交互に出現するのだろう。それは、決して不思議ではなく、個人の日常においてもあることだ。
本阿弥光悦と俵屋宗達から緒方光琳・乾山の兄弟に受け継がれ酒井抱一と鈴木其一へと時代を経てもその精神が受け継がれていく状態がいくらか理解する事が出来た。琳派の屏風や障壁画は縁の遠い存在だが、それらが様式化して我々の日常生活まで溶け込んでいる事を改めて感じた。
今回の展覧会で好きな1点といえば、『夏秋草図屏風』酒井抱一かな。

表慶館の特別展『スリランカ・輝く島の美』
金色に輝くスリランカの仏像は表情や姿態も中国や日本のものとは異なるので、なじみが薄いが、それぞれの民族性なのだろう。日本人よりは宗教心の強い国民だと感じた。仏教が日常生活に馴染んでいる国、たとえばタイと同じ様なのだろうと思った。

この時期、本館の裏庭も公開されているが、紅葉には未だ早そう、近いうちもう一度来る事にして、東洋館に。平成館の企画展は大入りで観るのに苦労するが、東洋館は何時も静かだ。

IMG_4368.jpg

1階のガンダーラ・インド・中国の仏像を観てから8室で開かれている『中国書画精華』を観る。
近頃、中国の宋元時代の書画に興味を持つようになった。中国にあるものに引けを取らない名品が日本に将来され、伝わっている。南宋時代の『紅白芙蓉の図』を心ゆくまで観る事ができた。


『都市の表象と心象 Paris Passages』   @ブリジストン美術館

                 2008年10月25日~2009年1月19日
1850年代パリが近代都市として生まれ変わる前後の街の状況や生活を偲ぶ証拠が当時の画家により描かれた風景画など。今回は特に、シャルル・メリヨン、ロドルフ・ブレスダンの版画やドガ、マネの絵画などが展示されていた。地味な展覧会ではあるが、ほぼ明治維新の頃にパリの大改造が行われ、それ以後現在に到るまでその姿を留めているのは、驚異的だ。
  1. 2008/10/28(火) 21:44:42|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『カフェ・イン・水戸 2008』・『日常の喜び』・第23回国民文化祭

『カフェ・イン・水戸 2008』・『日常の喜び』・第23回国民文化祭
この3つが複雑に絡み合った,楽しい催しが始まる。

①水戸芸術館の『日常の喜び』2008年10月25日から2009年1月19日まで。
②『カフェ・イン・水戸 2008』水戸芸術館及び水戸市内10月25日から11月24日まで。
③第23回国民文化祭・いばらき2008水戸ルネッサンス文化の祭典。@県内各地
今日(11月25日)は上記の①と②が始まった。この企画は同時進行で、期間は異なる。


IMG_4352.jpg

『日常の喜び』

14組の内外の作家よるグループ展。
「日常」というテーマを様々な角度から取り組んでいる。表現手段も絵画、映像、インスタレーション、立体、写真と様々だ。
出品作家は浅井裕介、岩崎貴宏、アトリエ・ワン、梅佳代、大巻伸嗣、ガイ・ベンナー、神谷哲史、KOSUGE1-16,日比野克彦、藤浩志、西尾美也、マルコ・ボーア、宮島達男、森田浩彰。

IMG_4356.jpg

水戸芸術館に何時も協力してくれる日比野克彦さん。

会期中、飯田淑乃「納豆とチーズの恋物語-なつちい」商品化プロジェクト展あわせて、2種類のチーズ納豆も発売される。

IMG_4354.jpg

新発売される、水戸の新名物納豆チーズ。


出品作家のワークショップや公開制作もある。

同時開催の『カフェ・イン水戸2008』

水戸駅から泉町にかけて国道50号沿線を中心に、店舗や空き店舗で展示やイベント、ワークショップを行う。
出品作家は浅井裕介、浅野神晴、アトリエ・ワン、有馬かおる、大串ゆうじ、大巻伸嗣、大森宏一、小川泰、きむらとしろうじんじん+妄想屋台連合、五嶋英門、坂本のどか、塩谷良太、鈴木りんいち、立原裕子、中村政人、ダニエル・ビュレンヌ、福島真理子、藤浩志、古橋香、槙野郷子、槙野さやか、槙野匠、松本美枝子、矢口克信、和田七洋。

IMG_4357.jpg

マルコ・ボーアさんと飯田淑乃さん

展示場所が分散しているので、捜し歩く楽しみもある。
そのほかオリジナルの屋台が23チーム、街の各所に登場する。
さらに、街中展示3箇所と「街の駅」3箇所に立ち寄りスタンプを集めると、ひびのこづえデザインの特製手ぬぐいが先着2000名にプレゼントされる。

内容盛りだくさんで、すべてを紹介できない。
順次お伝えしたい。

  1. 2008/10/25(土) 23:41:47|
  2. 水戸芸術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やさしく学ぶ世界遺産 イギリス編

やさしく学ぶ世界遺産 イギリス編

第3回、第4回の講師は小林英美さん。早稲田大学大学院博士課程を終了後、1997-98年オックスフォード大学に留学し、現在は茨城大学準教授。専門は18-19世紀のイギリス文学。今回の講義の資料としてA3版のコピーを6枚手渡された。この資料の制作にもかなりの時間が架かっていると思う。
講座は1回2時間で途中10分の休憩があるのは前回のフランス編と同じ。

442px_-_London_Lead_Image[1]

イギリスで世界遺産に登録されているのは、ストーンヘンジ・ロンドン塔・グリニッジ・バース・カンタベリー等28件あるとの事だ。
講座の前半は「ブリテン島にローマ人が遺したもの~古代イギリスの文化遺産」と題して
①ロンドン塔の黎明。(ロンドン塔、ロンドン橋、ローマ街道)
②バースの盛衰。
③帝国の落日:ハドリアヌスの城壁。
などローマ人のイギリスに及ぼした影響について、映画のDVDやオーバーヘッド・プロジェクターを駆使して説明してくれた。

古代からケルト人の地であったブリテン島に、紀元前43年、総勢4万人のローマ軍団による侵略が行われた。ここにロンディニウム(現在のロンドン)が誕生し、様々なローマ文化がもたらされた。
ロンドン塔の場所は、ローマ時代は東のはずれの砦で、今もローマ時代の遺構がある。征服王といわれるノルマン人のウイリアムⅠ世が1087年にホワイトタワーを築いた。

Tower_of_london_from_swissre[1]

現在のイギリス王室の開祖。ノルマンコンクエスト以降、ラテン系文化がブリテン島に流入した。
中世のロンドン塔は処刑されたり、幽閉されたりの血塗られた歴史。


ロンドン橋はテムズ川にかる最古の橋で、ローマ時代から1750年にウエストミンスター橋が架けられるまで、テムズ川の南北の岸を結ぶ唯一の橋だった。と言うから驚きだ。(勿論、何回も架け直されているが)

ローマ街道 ”すべての道はローマに通ず"で知られるように、ローマ人は軍事的・経済的拠点を結ぶために、石畳の舗装道路を作った。山や丘が有れば削って高低差をなくし、可能な限り直線の道にした。現在、その道を基にして、高速道路が出来ている。これは、ローマの測量・土木の技術の確かさを示している。

250px-Roman_Baths_in_Bath_Spa2C_England_-_July_2006_edit3[1]

バースのローマ浴場 1世紀頃にローマ人の保養地として開発され、大浴場や神殿が建設された。現在はローマ浴場博物館となっていて、大小の浴場、水風呂、サウナの遺跡、出土品が見学できる。

帝国の落日:ハドリアヌスの城壁 北方部族の侵入を防ぐため、第14代ローマ皇帝ハドリアヌスの命により122年に建造が始まり約10年で完成した。この城壁は全長118キロ、高さは約4メートル、厚さは約3メートル。
領土を守るためのこの城壁の建造は,ローマ帝国の終焉を象徴する物であった。
275px-Hadrian27s_Wall_view_near_Greenhead[1]


以上が講義の概略だが、沢山の映画のDVDを上映しながらの講演だった。
イギリス大好き・映画大好きの方のように見受けた。
僕もイギリス大好き人間だ。幸いな事に約15回くらい渡英する機会に恵まれた。ロンドン市内、オックスフォード、ブレナムパレス、コッツウオルズ地方、ソールスベリー、ストーンヘンジ、などロンドンの近郊を訪ねる事が出来たのは愉しい想い出だ。
林望の『イギリスはおいしい』を読んで始まったパブ巡りをしながら、いくらかイギリスの文化にふれることが出来た。
イングランドのごく一部の地域のみで、スコットランドやウェールズは行った事がない。
アイルランドまでは足を伸ばしたことがあり、ダブリンで過ごした3日間も懐かしい。

今回の講演を聞きながら、もう一度イギリスを楽しむ事ができた。

次回は、キリスト教の伝来から英国国教会創立期に到るまでの、権力者たちの思惑と文化遺産の関係だと言う。
  1. 2008/10/24(金) 14:32:16|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やさしく学ぶ世界遺産講座~フランス・パリ編~

やさしく学ぶ世界遺産講座~フランス・パリ編~

200px-Tour_eiffel_at_sunrise_from_the_trocadero[1]

街の真ん中を流れるセーヌ川の両側に発達したパリ。
パリはセーヌを挟んで両側にうまく都市の機能が分散している。歴史を見てみると,古くから開けていたセーヌ北部の右岸(リヴ・ドロワ)のほうにその機能が集中していたが,現在ではセーヌ南の左岸(リヴ・ゴーシュ)のほうが山の手的な先進地として人気がある。

Small_1330-Paris[1]


セーヌ右岸には
16~17世紀にかけて王侯貴族の館が建てられたマレ地区、パリ市庁舎(現在の庁舎はパリ・コミューンの後に再建されたもの)、ルーヴル宮殿、チュイルリー庭園、コンコルド広場、
グラン・パレ、プチ・パレ、シャイヨー宮。
セーヌ左岸
オルセー美術館、ブルボン宮殿、エッフェル塔、アンヴァリッド。
シテ島
ノートルダム大聖堂(中世のゴシック建築)

180px-Les_TrC3A8s_Riches_Heures_du_duc_de_Berry_octobre[1]


それらを含めたパリのセーヌ河岸は1991年に世界遺産として登録された。
一部を除けば主には100年程度の歴史建造物で、一般的には世界遺産として登録される事は少ない。指定を受けたことで、現状のまま保存しなければならない事と成った。
現在のパリの街並みは19世紀後半、セーヌ県知事オースマンによる都市大改造計画のもと、路地を取り壊し大通りをつくり、要所にモニュメントを配置した。上下水道や街灯も整備され、薄暗く不衛生なパリから現在の優美なパリへと変貌を遂げた。
1885,1867,1878,1889,1900,1925,1931,1937,1947年に次々に万国博覧会を開催しながら発展した。パリは万博の都市でもあり、エッフェル塔は1889年の万博に作られた。
万博の建造物は終了後は取り壊されるが、一部は残されることも有り、別な施設として再生されることもある。
パリ改造前後の街並みはマネやドガをはじめ、メリヨン、ブレスダン、ギースなどの画家・版画家たちが描がいた作品により、偲ぶ事ができる。特に、メリヨンの銅版画は貴重な記録となっている。

A-081004[1]


それぞれのモニュメントが持つ意味・意義は?世界文化遺産の意義は?
モニュメントは多様な歴史の記憶装置となって、初めて真の意味での「記念碑」となる。講師の藤原貞朗さんのパリ編の纏めであった。

10月25日から2009年1月18日までブリジストン美術館で、パリ改造の真っ只中1850年ごろのパリの情景を描いた「都市の表象と心象 — 近代画家・版画家たちが描いたパリ」
と題する展覧会が開かれる事を知った。この機会に、この展覧会を観てみたいと思っている。
  1. 2008/10/21(火) 20:10:15|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する