よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

竹と筍


たかんなの影は竹より濃かりけり  中村草田男

竹と筍


筍は別名“たかんな”“たかうな”とも呼ばれることを知った。
また、筍の字は他に“笋”も使われるのだという。日本語は複雑でしかも深みがあると思った。
知らなかった事を知り“なるほど”と感心できるのは楽しい。

“たけのこ”は絵になる形をしているから多くの画家が描いている。
穂先が少し曲がっている姿など可愛いくて、湯がいてしまうのが惜しい。
描いてみようと思いつつ、実現したことがない
とは言え、花より団子~知ることより食べる事は更によろしい。

春から夏にかけての“筍飯”は美味い。日に三度でも食い飽きないし、息もつかずに三膳くらいはいける。
筍飯ばかりでなく、煮物も美味しい。
孟宗竹はそろそろ終わりだが、マダケ・ハチク・布袋竹等は今からだ。それぞれに味も食感も異なる。
もっとも、筍は全てが頂き物で調理するのは妻だ。
僕は能書きを言いながら食べるだけ。

この時期に無くてはならない物なのに、竹と筍の関係を深く考える事がなかった。
西の谷の清掃活動を始めて2年、毎日のように竹林を見ていると、『竹』は不思議な植物と思うようになった。
竹は3~4月ごろ葉が黄ばんで、他の草木の秋のようなり《竹の秋》と呼ばれる。同時に地下茎から芽を出した筍が急激に育つ。筍が若竹に生長する頃、同時に、古い竹は落葉する。

萩原朔太郎の『竹』という詩には次のようにある。

光る地面に竹が生え、
青竹が生え、
地下には竹の根が生え、
根がしだいにほそらみ、
根の先より繊毛が生え、
かすかにけぶる繊毛が生え、
かすかにふるえへ。

かたき地面に竹が生え、
地上にするどく竹が生え、
まっしぐらに竹が生え、
凍れる節節りんりんと、
青空のもとに竹が生え、
竹、竹、竹が生え。

竹の特性をよくうつしているものだ、と思う。
草木が凋落する秋には、若竹は成長して春のような鮮やかな色を示す。

更にいえば、筍の皮“ひげかわ”は食物を包むに使われる。
竹の本体は無限の用途がある。
東南アジアでは建築工事現場の足場にも使われている。
古来、竹は人間の生活と密接に繋がってきた。近頃はその良さを利用しない生活になってしまったのは残念なことだ。
殆どの竹林は手入れされないままだ。

もっともっと、竹と仲よくしたいものだ。





  1. 2008/05/09(金) 23:59:38|
  2. 山野草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トニー 安らかに。

町田通さん、ありがとう。 

『パントン英仏会話』の代表で『ペーパームーン』のオナーでもある町田通さんが4月29日心筋梗塞で亡くなった。
1950年水戸市に生まれだから享年58歳だった。

アメリカでの留学生活から帰国してすぐに『パントン英仏会話』を設立した。
昨年が開設30年で、記念の行事かパーテーでもやろう。という話も有ったがそのままになってしまった。
水戸での英語やフランス語会話教室の草分けで、老若男女、多くの人達が学んだ。本名の通(とおる)よりもトニーの愛称で皆に親しまれた。
高校時代に『フォークソングクラブI』を立ち上げ、音楽好きの市内全域の高校生を纏め、コンサートを開いたりした。
音楽好きが嵩じて2005年にミュージック・バー『ペーパームーン』を開いている。
語学教育と音楽はトニーの生涯の仕事だった。

昔からの知り合いではあったが、15年前頃に仕事での必要性もあって英会話教室に入会し、顔を合わせる機会が増えた。
分り易い教授法で、中学・高校時代に彼のような先生に教えてもらえば、英語力は格段に付いたろうと思った。仕事に関連した英文の手紙を書いてもらったりした事も多く、授業以外でも随分お世話に成った。

外人講師によるレッスンの中で、アメリカやオーストラリア・イギリス等英語圏の文化の違い等を楽しく学ぶ事ができた。
特に、クリスマスパーテーは彼の仲間のミュージシャンの演奏を聞きながら楽しい時間をすごした。他人を楽しませることを楽しんだ。
食べる事や料理も大好きで今までステーキハウス等2軒のレストランも経営した経験もあると言っていた。
数寄が嵩じた食べ物屋は採算が合わず、全て失敗したとのことである。
アメリカ滞在時代の経験から庭でのバーベキューが大好きで、自宅や公園に生徒や仲間を招待してのパーテーでは自ら“焼き方”を楽しみ他人に食べさせるのを喜んだ。

生まれ育った、旧黒羽根町商店街の振興への裏方を努めた。その結果がやっと結実する状況に成りつつあるのを喜んでいた。

5月1日の通夜、今日2日の葬儀・お別れ会は彼の家族同様の仲間や音楽関係者によって営まれた。
普通の葬祭とは一味違う、いかにもトニーらしい葬儀であった。
 
町田さん・トニー!
あなたの、誠実な人柄は多くの人に愛されました。
今日の安らかな顔のままで歳を重ねることなく、永遠に生き続けます。

本当に沢山お世話になりました。
ありがとう。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2008/05/02(金) 23:34:43|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

笠間の躑躅と石楠花

もうなのか まだこれからか 五月くる    破髯斉

三月・四月と慌ただしく過ぎた。
昨年、西の谷に植えられた桜は山桜で、遅咲きも有るので未だ花をつけている樹も有るが、大方が葉桜と成った。
幹がしっかりとすれば、数年後には見事な花をつけることだろう。
緑地の延長工事も3月末で終了し、芝生を張った部分は緑色に成りつつある。

新緑の季節は、常緑樹の葉が生え変わる時期でもある。
新芽の萼の部分も大量に落下して来るから、落ち葉の季節でもあるのだ。箒で掃いたそばから落葉がたまる。
延長工事で新設された、竹林の中の木製の遊歩道にも降り注ぐ。
作るのは良いが、その後の維持管理を公園緑地課はどう考えているのだろうか?
五年先・十年先の姿を考えて計画を立てているのだろう。と好意的に考えているのだが。

4月27日に笠間日動美術館の『佐伯祐三展』を観に行った。ついでにという感じで、“つつじまつり”が開催されている《つつじ公園》に行った。山頂の展望台からの眺めは素晴らしいものだった。

tutuji


拡張工事が進行中で、完成すれば更に見事な公園になるだろう。
ついでのついでに、観光ガイドマップに在った「鳳台院」の石楠花を見に行った。
山と谷の広大な敷地に、石楠花を始め牡丹や水芭蕉など多くの植物が植えられていた。
予想以上の規模で《お寺の境内をいかに楽しく美しく》しようか。の姿勢が強く伝わる。
石楠花の見ごろはこれから。だまされたと思って見に行くことをお勧めする。

公園は長い期間を考えて計画することの大切さを実感した。
  1. 2008/05/01(木) 21:53:13|
  2. 庭園・公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する