よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

旧古河庭園

大正初期の代表的庭園・旧古河庭園

IMG_2051.jpg


東京都北区、武蔵野台地の端の斜面と低地の高低差を利用し、和洋を巧みに使い分けた庭園が旧古河庭園である。
古河財閥の創業者が大正6年(1917年)に自宅として造営した、大正初期の代表的な邸宅と庭園だ。
現在は東京都公園協会が管理している。

北側の小高い丘の上はイギリスの建築家ジョサイア・コンドル(1852-1920)の設計になる古典様式で、屋根は天然スレートぶき、レンガ造りだが外壁は石で覆われ重厚な雰囲気だ。庶民がささやかな生活をしていた頃、財閥の総帥は巨額の資金を投じて、英国貴族の邸宅と同じような物を造り上げた。
コンドルは、明治から大正にかけて、鹿鳴館、ニコライ堂、旧岩崎邸庭園洋館などを手がけ、日本の建築界の発展に大きく貢献した。旧岩崎邸は上野不忍池の近くに在るが、未だ観た事はない。
今のところ改修中らしいので、お色直しが済んでから訪ねてみたいと思っている。

本館を取り巻くテラスと芝生、中段の刈込が十分になされた植え込みの中はたくさんの品種の薔薇が植えられている。
さぞや、バラの季節は見事なものであろうと思えた。
庭は庭師さんが春の草花の植えつけの作業中。庭つくりは常に手を入れることしかない。

IMG_2055.jpg


一番低い所に造られた日本庭園は、京都の庭師・植治こと小川治兵衛(1860-1933)の作庭。山間の湖沼を思わせる心字池を中心にして、10数メートルの大滝もあれば、枯滝ある。
今は循環式のポンプを利用しているとのことだが、当時は井戸水を利用していたそうである。
勿論、灯篭や岩組みも配されて、洋風庭園に勝るとも劣らない魅力がある。和と洋の両方を楽しめる貴重な庭で、2006年に国の名勝に指定されたのも肯ける。
洋館の内部の見学は往復はがきによる申し込み制とのことだが、一部は喫茶室に成っており、誰でも利用できる。時間の都合で、残念ながらお茶を飲む暇はなかった。
次回は、咲きそろった薔薇の花を眺めながら、ゆったりとお茶を楽しみたい。

  1. 2008/02/27(水) 22:02:40|
  2. 庭園・公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

向島百花園

向島百花園

恒例の水戸の「梅祭り」が始まった。今年は、お正月を過ぎてから寒くなり、その影響で梅の開花も遅れているようだ。どちらにしても2月から3月にかけては天候が不順な時期だ。特に、土曜・日曜が悪天候になる日も多いのは残念である。
昨日の午後から今日の午後まで春一番が吹き荒れ、嵐のようだった。

21日から23日まで東京に行き、下町散歩と庭園巡りを楽しんできた。
今回の目的の一つは「向島百花園」。江戸時代の町人文化が花開いた文化・文政期(1804~1830年)に佐原鞠塢(さわらきくう)と云う粋人が、交友のあった文人・墨客の協力を得て、梅や草花鑑賞の花園として造られたものだという。従って、大名庭園のような広さや華やかさは無いがとても親しみやすい庭園だ。
入り口の門には太田蜀山人の扁額、両脇には詩人・大久保詩仏が書いた「春夏秋冬花不断」「東西南北客争来」の木板がかっている。園内には芭蕉の句碑を含め合計29の句碑、石碑が随所に建ち、庭造りに力を合わせた人達の足跡をたどれる。

IMG_2077.jpg


「御成座敷」と呼ばれる茶室のような建て物もあり、俳句の会等の集りに借りる事が可能な様である。このような庭で、俳句会を開けたらさぞ楽しい事だろう。
草花で咲いていたのは僅かだが、名札を見ると中国や日本の古典に詠まれている山野草が丹念に植え込まれているようだ。梅は紅白ともに咲き初めていた。深川や向島は俳句をたしなむ連中の聖地でもあり、吟行らしき人達を多く見受けた。

IMG_2080.jpg


自然に近い状態の造り過ぎない庭はとても好感を持てる。再訪を念じ、隅田川と墨堤に向かう。桜の季節には少しばかり早いが「長命寺の桜餅」6っこ入り1箱、¥1200を買う。早速一つ取り出し、言問橋の上で大川の流れを見ながらパクリ。程よい甘さの餡を、しょっぱく茎の強い桜の葉3枚で包んである。普通食べている桜餅とはかなり違った。堤の遊歩道は花見の時期に向けて改修中。来月は大混雑になることでしょう。

IMG_2085.jpg


浅草側の堤の脇の公園では、梅祭りが行われていた。何処も似たようなもの。“花より団子”食べ物の屋台に人は群がり花をめでる人は僅か。

次回、下町散歩の途中の昼飯処の下見をする。土手通り、吉原大門前の桜なべ「中江」と隣の天麩羅「伊勢屋」の場所を確認する。明治初期の木造2階家の佇まいは時代を感じさせる。
次に、もう1軒は蕎麦屋。都電荒川線終点、三ノ輪駅近くの<南千住・砂場>江戸時代から続く老舗らしい。建物は戦後の建物だろうが、蕎麦屋の風情がある。

IMG_2070.jpg

食べ物に凄く興味があるわけではないが、散歩コースは場所と食事をセットで考えるのが楽しい。

下町散歩は中高年に大人気らしい。勿論、僕もその一人だ。浅草近辺はそのような団体さんで舗道を歩けないほどなのには、驚いた。
全国から水戸の街を訪ね、歩く人達で溢れ返るほどになって欲しい。「東西南北客争来」の街になる要素はあるのに。
それには、「偕楽園」を「春夏秋冬花不断」の庭園にしては如何であろうか。「向島百花園」も当初は梅園から始まったらしい。あまりに“黄門様”や"梅の都“に拘りすぎているのでは?と何時も思う。「偕楽園」は茨城県の管理だと云うが、県の関係者の方、ご一考をお願いしたい。

西の谷の工事も残り僅かに成った。遊歩道の工事が終われば、オシマイ。ということらしい。これ以上、特別の手入れはしなくて結構だが、自然のままに見えるほど良い管理をして欲しいと願っている。

  1. 2008/02/24(日) 22:18:11|
  2. 庭園・公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮島達男・Art in you    その2   @ 水戸芸術館

miya
宮島達男・Art in you    その2   @ 水戸芸術館


再度、宮島達男展を観に行った。
B室の<Counting in You>は、時計の文字盤のようなものが描かれている。数字は1~9までだ。全ての宮島作品の数字には、「0」は無いのだと解説があり、“そうなんだ”と始めて知った。といって見たことは1度しかないが、写真では何度か見ているのに。人間の記憶は曖昧なものだ。

G室。<Death Clock> 自分が決めた「死亡年月日」を入力したあと、背景と共に自画像を撮影したもの。デジタルの数字が刻々と減少する。0.1秒ごとに変化するようにセットされていると言うが、めまぐるしく減少する数字は生きている事は、死に向かって進んでいる事を自覚せざるを得ない。

H室。<Peace in Art Pssport> はワークショップキャラバン時にワークシート兼メッセージシートとして用いられた物だと言う。ラヴィーンドナラード・タゴール、パブロ・カザルス、チャーリー・チャップリン、ヨーゼフ・ボイス、オードリー・ヘップバーン、シン・コン・ソンの6人の略歴とメッセージが書かれている。ここでは割愛するが、会場でその用紙を貰い読んで欲しい。一部分を切り取るとはがきのように成っていて、自分の写真と名前・生年月日を書き込み、水戸芸術館に返信用の封書を添えて申し込むと、作家自筆のサインを入れたパスポートが返送される仕組みだ。

9室で同時に開催されている「飯田淑乃」展はNHKの3チャンネルのピンポンパン体操のような、明るいお姉さんの唄と踊りをしているビデオが流れ、風船で飾られている。とても明るい空間だ。歌や振り付けは作家自身だとのこと。
水戸にちなんだ納豆の歌は楽しいよ。
この部屋は「クリテリューム72」と言うタイトルの下、行われている。今回は今までと違って、単純に楽しめる。

展覧会を見た後、気象台の脇からの那須連峰の雪景色を見たくて、高架橋に行った。
警察官がいるので何かと思ったら、「飛び降り自殺があった。」とのこと。下を見れば、パトカーと救急車。人影は無いが真っ赤な血が地図のように見える。生きているのか?死んでしまったのか?救急車は走り去った。

  1. 2008/02/19(火) 20:43:17|
  2. 水戸芸術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宮島達男 Art in you  展 @水戸芸術館

miya

宮島達男・Art in you    @ 水戸芸術館

発光ダイオードのカウンターをを使った作品で国際的に評価の高い現代美術家、宮島達男の展覧会が水戸芸術館で始まった。(2008年2月16日~5月11日まで)

現代美術の展覧会は未だ評価の定まらない人を取り上げたり、先端的な考えの下で実験的に制作された作品などは、一般の人には理解が出来ず、これナンなの?と言う場合も大いに有る。

今回の宮島達男展は誰が観ても楽しめるだろう。素晴らしいな!と愉しむばかりでなく、「生」や「死」を真剣に考えるきっかけにも成る。
会場の構成も通常と異なり、受付の左の階段を上がった所が展示室Aでタイトルは<Death of Time > はヒロシマに捧げられた作品との事だが闇の中に赤いダイオードが発光している。のっけからのカンターパンチで呆然とした。

C室の<Counter Skin>は2,007年の夏から秋にかけて北海道天売島、奈良の益田の岩舟、沖縄の平和祈念公園の4カ所で行ったワークショップキャラバンで参加者を被写体として制作した、宮島初の写真作品とのこと。参加者と会話をしながら好きな数字をボデーペインテングしたものを写してある。それぞれの土地の風景を背景に撮った大画面は迫力満点だ。

展示場の真ん中に当るE室の、<HOTO>は高さ5.5メートル、直径2.2メートル、LED3,827個が使われていると言う巨大な作品。作者は『人間の命の大きさと輝きを表現している』とのこと。今回のブログの文章は、入場時に配布されてたプリントとパンフレットが基である。とにかく、多くの人に観て欲しいし、未だの方に予備知識として、僕もあと何度か観に行くつもりだし、考える参考にしたいとたくさん引用させてもらっている。
展示室に聳えるこの塔は、『仏教に、宝石で飾られた巨大な塔が地面から湧き出て、空中に浮かぶという壮大なシーンがあります。これを「宝塔」と呼び、高さは地球の半分、そのすべてが七色に光り輝いているとのこと。奇跡のような話しです。実は、この「宝塔」、一人一人の「命」のことをあらわしていると云われています。』
まさしく、お経の世界を目の当たりに感じます。
出来れば、何方かが購入して寄付されるか、或いは水戸市民の寄付を仰いで購入して水戸市役所のホールに設置して、平和と命を考えるシンボルとなったらと思った。

今回はここまで。明日もう一度見てきてから、続きを書きます。
  1. 2008/02/16(土) 23:31:52|
  2. 水戸芸術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オスカー・ピーターソン(私が好きなJAZZプレイヤ#1)



僕のブログの先生のEさんと、水戸市有賀町に新開店した讃岐うどん屋さんに行ってきた。大きな田舎屋を改造した、趣のある手打ちうどんの店で、一度は行く価値がある。

帰り道、我が家にお寄りいただき、動画のソフト、ユーチューブの使い方を教えてもらった。その中に、今は亡きオスカーピーターソンの画像が在った。オスカーピーターソン四重奏団が水戸公演をした際と同じように見える画像だ。記憶は定かでないがジョーパスのギター、ペデルセンのベース、ドラムスは若手で名前は忘れた。その当時でも巨体をゆすりながらのプレイは印象に残る。他の人とは別格で、控え室でも物静かにしていた。
公演が終了し、僕の車の後部座席にお乗せして、水戸駅までお送りした。

未だに、その想い出は忘れない。ということで、この画像をアップしてみた。

  1. 2008/02/13(水) 13:53:02|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する