よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

魯山人の書

魯山人の書

魯山人に関してもっと知りたい、との思いの念は強く、笠間の茨城県陶芸美術館で開催されている「北大路魯山人と岡本太郎展」(9月22日ー11月25日)を再度観に行った。
展覧会のために作られたリーフレットには次のように記された文が掲載されています。

魯山人の書・・・・
マルチな才能の原点
書家・美食家として知られ、マルチな才能を発揮した北大路魯山人(1883-1959)。魯山人は10代の頃、書の懸賞に入賞を重ね、その才能を生かして看板書きなどで生計を立てていました。20歳そこそこで「書家」としての自信を深め、明治38年(1905)、22歳で岡本太郎の祖父で書家の岡本可亭の内弟子となります。可亭から才能を認められた魯山人にとって、岡本家での生活は将来に大きな影響をもたらすことになりました。
独立後、魯山人の書の才能は紙の上だけにとどまらず、木に書を刻む「刻書」や、「篆書」等の書体を石に彫って作る「篆刻」などへと広がりを見せます。

b01

 
以上のような観点から今回の魯山人展には《いろは金屏風》の大作を初めとして看板としての刻書、陶印、書状、掛け軸、壷・皿等に字を書くなど書を作品主題とした物も多く展示されています。
魯山人は稀代の書家、篆刻家、画家、作陶家、料理人として多面的な能力を発揮しました。或る地域でマルチな才能を発揮している人を魯山人にあやかり「◎◎の魯山人」と呼ぶ事さえあります。
しかし、その生い立ちは恵まれてはいませんでした。5歳で養子縁組し里子となり、小学校卒業した10歳のときには丁稚奉公に出され、13歳で奉公先を飛び出し独学で書を学びます。16歳の頃に西洋看板(絵付の看板)の制作が評判となり収入も増えました。生活も安定したので古画や古書を買いあさり、それらを教科書として、ひたむきに勉強します。それらの体験から上流志向の性格が形成されたのでしょう。
魯山人の才能は、先ず書と篆刻で花開きました。多年にわたる習書によって身につけた高度な表現技術と鋭敏な美意識は彼の旺盛な芸術活動を貫く根幹を成しました。
書に限らず、優れた美術品を常に身辺に置き、使いこなすことで先人の工夫を学びました。

b03


更に、魯山人は辛口の美学者として、出版人としての活動も含まれます。
個人誌の『星岡』『雅美生活』『独歩』などを刊行し、それらの評論を後に平野正章が纏めて、『独歩-魯山人芸術論集』(1964年刊)と『魯山人味道』(1974年刊)『魯山人陶説』(1975年刊)『魯山人書論』(1980年刊)は三部作として刊行されました。これらは魯山人を理解する大きな役割を担っています。近年に文庫本として再版されましたので入手し易くなりました。
今回の展覧会で図録と一緒に文庫本もミュージアムショップで販売されていたので、『魯山人書論』を買い求め読みました。僕は字の書き方が粗雑で自分で書いた字が自分で読めなくなるほどです。魯山人は「書を見ただけで人柄を判断できる」といっています。誠そのとうりでしょう。これからは、一字一字を丁寧に書きたいものです。



  1. 2007/10/12(金) 13:46:33|
  2. 骨董
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「北大路魯山人と岡本太郎展」@茨城県陶芸美術館

「北大路魯山人と岡本太郎展」 @茨城県陶芸美術館


茨城県陶芸美術館の「北大路魯山人と岡本太郎展」(9月22日~11月25日)に行った。
今から40年程前に古美術・骨董の世界に足を踏み入れた。その頃出会った骨董の先達Fさんは「骨董が大人の遊びで子供の物集めと違うのは、その物が美しいのは当然として歴史や時代背景を良く知る事、更に蒐集に対する自分なりの見解を確立しなければならない。それには多くの本を読むことだな。先ずは魯山人の『独歩』を読んでみるのが良いだろう」と言われた。其の時に始めて北大路魯山人(1883-1959)を知った。
今では魯山人は有名だし、著作も書店で販売されている。当時は『独歩』(雑誌として創刊された中から書いたものを集めて本とした)は絶版であった。魯山人は生前の著書は少なく、運営に参加していた料亭「星岡茶寮」の同人誌ともいえる『星岡』(星岡窯研究所発行)に書いた文章を後に編集し単行本として刊行された物が多い。
暫くの間『独歩』をFさんから借りて読んだ。後に平野正章編著の『魯山人味道』(1974年刊)『魯山人陶説』(1975年刊)が刊行されたのを買い求め、改めてそれらを読んだ。これらの本は僕の骨董入門時の教科書のようなものだ。今は文庫本が発行されているので興味のある方はお読み下さい。昭和初期に述べられたものが主だが今読んでみても、さほど古さは感じない。

骨董の世界に入門したばかりの昭和45年(1965年)頃、物を買えばそれに関連する図録や参考書を買い求め、物一個買えば本を3冊程度買うと言う状況だった。買った品物は何で更に価値も知りたいので、欲につられて本を買い学んだと言う事だ。その内、随筆や小説、歴史書等本を読む楽しみを覚え、自ら進んで勉強した唯一の時代だ。
更に、本物を見なくてはと骨董の本場の関西方面の美術館・博物館・寺等を訪れるようになった。
お花にも興味を持ち山野草のとりこになった。土器に花を生け、それを描いてみる。筆、墨、顔彩を使う楽しみも知る。世界は次々に広がった。
集めたガラクタを飾り、眺め、器として使う。同好の士との交流、むしろ物を通しての付き合いのほうが楽しかったかもしれない。
蒐集した品々は既に他所に移動してしまったが、一度手にしたものは手元に無くともその記憶でも十分に楽しめる。
寺廻りをしている内に仏教美術にも興味を持ち、人間の生死に関しても自分なりの覚悟が出来たようだ。骨董にまつわる想い出は際限が無い。

魯山人は創作のための参考品として多くの古美術を集めた。ものを見る眼の確かな人であった。古美術を観て得た感動を自分の中で消化し、自己のものとして制作した魯山人の作品を見る機会は少ない。今回はごく一部とはいえ見る事が出来た。実物を見なければものの良さは分らない。今回の展覧会は岡本太郎との交流に焦点を当てた二人展として構成されている。会期中もう一度観たいと思っている。
  1. 2007/10/06(土) 01:16:10|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

臥龍の門 トッキーここにいる

1002

@ペニンシュラ東京のロビー、 濱恵泉作「臥龍の門 トッキーここにいる」
  1. 2007/10/02(火) 16:12:22|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する