よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

デニー愛川さん@「HIGASHI-YAMA Tokyo」のラウンジ

デニー愛川さん@「HIGASHI-YAMA Tokyo」のラウンジ


da4_20180116210109e0c.jpg


da1_201801162101057ff.jpg


中目黒の住宅街にひっそりと佇む「HIGASHI-YAMA Tokyo」は。
「都会の喧騒を忘れ、食を囲んで人々が集い、語り合い、新たなつながりの場でありたい」とのコンセプトで1998年に誕生した。

階段を上がった2階のレストランと、階下のラウンジが在る。
坂道で高低差のある地形を上手く利用した木造建築は、木や石など天然の素材を多用しているので、20年を経過した格式を感じる。

ラウンジ

2階のダイニングからも入れるが、道路に面した鉄のドアを開けば「バーラウンジ」に直行出来る。

da6.jpg


da8.jpg

da7.jpg


厚手の無垢の木のカウンター、落ち着きのあるインテリは大人の隠れ家。
女性を交えた友達数人との語らい、などには最高のロケーションだが、
お一人様なのは残念だ。

このラウンジでバーテンダー歴40年の伝説的人物・デニー愛川さんの作るカクテルなどを飲みながら、「Danny's Bar~東京の夜は世界でいちばん美しい~」に登場する人やお店の話を聞くのは愉しい。

da2_2018011621010628e.jpg

先ずは、星子のミスト
梅リキュール「星子」をクラッシュアイスに注いだだけだが、繊細な味と香り。

da3_2018011621010866e.jpg

マティーニ。
カクテルの王様とも称されるだけに、人それぞれの作り方だが:
冷やされて霜が付いたステムの細長いグラスに注がれた姿は幻想的。

デニーさんのバージャケット。
新春ということで、素敵なバージャケットでお出迎え。
姿勢とスタイルが良いうえに、テーラーメイドでジャストフィット。
バーテンダーはオーケストラの指揮者、の信条が顕れている。


da5.jpg

帰り間際、外に出ての記念のツーショット。

da10.jpg


●梅リキュール「星子」はデニーさんが「世界に誇れる日本のリキュールを作りたい!」という熱い想いから17年間試行錯誤して出したベースとなる味を決め。
その後8年間かけて、改良を加えた逸品。

da9.jpg


●「Danny's Bar~東京の夜は世界でいちばん

「デニー愛川のライフヒストリーブック」(倉石綾子/著)。
評伝の類で、写真入りのかなりお洒落な本だ。
バーやバーテンダーについての神髄が述べられている。
著者の倉石綾子さんが多くの方にインタビューした記事もあり、時代背景が良く判る。
1970年代頃からのレストラン・バーなど東京のナイトシーンの多くに関わっていたようだが、17年間続いた外苑前の「ハウル」んついて、立川直樹の38ページのコメントは興味深い。

●レストランは旬の食材を使用した日本料理だ。
残念ながら食事をしたことが無いので、せめてランチでも、と思っている。

  1. 2018/01/16(火) 21:10:56|
  2. バー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「Go! Go! 拓良祭り」@Soul Bar & Cafe Cosmic Cafe

「Go! Go! 拓良祭り」@Soul Bar & Cafe Cosmic Cafe
水戸市南町2-1-28 福富ビル1F


tak10.jpg


tak9.jpg

11月11日(土)20時から「Soul In Motion~CosmicCafe」19執念。
「Go! Go! 拓良祭り」が開催された。

tak8.jpg


宮町以来の馴染み客、南町に移転してからの新たなお客、ガキの頃からの遊び仲間などが、和気あいあい。

tak6.jpg


ダンスやおしゃべりを楽しんでいた;

tak7.jpg


DJ'はTaiki / You / Yasu / Masaki / Takura
地元の音楽シーンで活躍している人達のようだ、

小鹿拓良さんが水戸市宮町、協同病院わきのビルの2階に「 Soul In Motion」というお店を始めたのが1998年。
18年の時を超え2017年2月末に閉店。今年の3月に南町に移転し名前も新たに「Soul Bar & Cafe Cosmic Cafe 」として再出発した。

45年前頃だろうか?拓良さんの父、彫刻家・小鹿尚久さんの話を聞きに度々お伺いした。お姉さんが大学生で、拓良さんは小学生だったかも。
その後、笠間で陶芸の修業を重ねたが、趣味の「ソウルミュージック」の世界から離れがたく店を始めた。

好きな世界を営業とするには、沢山の苦難があったに違いない。
毎年の「開店〇周年」を「執念」としているのもひとえに拘って生きてきた証だろう。

tak4.jpg


tak3.jpg


「Soul Bar & Cafe Cosmic Cafe 」が水戸の音楽や遊びのシーンで役割を果たし継続されることを願う、がんばれ拓良!

  1. 2017/11/12(日) 10:39:24|
  2. バー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HIGASHI-YAMA Tokyo @目黒区東山1-21-25

HIGASHI-YAMA Tokyo @目黒区東山1-21-25

DSCN9804.jpg


上野から両国に行き、西麻布の友人宅を訪れるが不在で、デニーさんが水曜・木曜日はバーデングをしていると言う「HIGASHI-YAMA Tokyo」に行くことに。

最寄駅の中目黒に着くと大変な混雑。
駅前には警備員が沢山・

「何故に」と訊くと「目黒川のライトアップ」とのこと。

近年、その様なことが沢山は喜ぶべきか悲しむべきか?

一応の調べは以前にしてあったから、大体の見当はついていた。
徒歩10分程度だが辿りつかず散々と迷った。

10㎝×30㎝位の小さな看板1つでは分かるはずもない。

DSCN9805.jpg

階段を上がるとコイが泳いでいる池があり、その奥が入り口。

DSCN9806.jpg


日本食のダイニングがあって、その下の階がラウンジバー。

DSCN9810.jpg


何とも豪華な内装で、何に使うのか分からないような洗面台。

DSCN9808.jpg


葉巻も沢山、とはいえシガーバーではなさそう。

DSCN9812.jpg

DSCN9820.jpg


当然のことだが、デニーさんが生んだ「星子」のミストを。

DSCN9813.jpg

ラウンジ東山東京


素晴らしい空間で最高のお酒を・

東京で新たな隠れ家が出来た。

青春18切符、冬の陣の第一弾は東京日帰りの旅。
其の参HIGASHI-YAMA Tokyo

昼 11:30~15:00(L.O. 14:00) 日曜・月曜定休日
夜 18:00~25:00(L.O. 24:00) 日曜定休日

  1. 2016/12/23(金) 23:53:05|
  2. バー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SOUL IN MOTION @戸市宮町3-2-11 水晶ビル 2F

SOUL IN MOTION @戸市宮町3-2-11 水晶ビル 2F

DSCN9452.jpg

DSCN9451.jpg


Soul Barと云う事らしいが結構ジャズも流す。

DSCN9445.jpg

DSCN9439.jpg

DSCN9440.jpg

DSCN9441.jpg


レコードコレクションは半端じゃない。

DSCN9447.jpg

DSCN9449.jpg


マスターの「Takura」のキャラクターも最高!

DSCN9444.jpg

DSCN9436.jpg


オーデオのセットも最高だ、

かなりの部分が自作。

創業19周年、来年は南町に移転の予定とか。
  1. 2016/11/28(月) 09:36:41|
  2. バー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Danny's Bar@「TIKI BAR TOKYO」

Danny's Bar@「TIKI BAR TOKYO」

新丸ビル7階(marunouchi)HOUSE内 「TIKI BAR TOKYO」で2016年8月10日(水)~14日(日) 17時~23時に開催された「Danny's Bar~東京の夜は世界でいちばん美しい~」はーテンダー歴40年の伝説的人物“デニー愛川”のライフヒストリーブック(倉石綾子/著)の出版記念イベント。
14日の最終日、17時の開店と同時に入店した。

PA0_0150.jpg

カウンターの中にパナマ帽を被った方がデニー愛川さんのようだ。

アッシュ 青木岳明さんのFBでこのイベントを知り、門外漢であるが参加した旨を説明したら「そうですか、有り難う御座います、ゆっくりどうぞ」と優しく答えてくれた。気難しい方を想像していたのでほっとした。

PA0_0153.jpg

「何になさいますか」とのことだが、デニーさんが長年開発に携わった“梅リキュール「星子」”を味わいたく一番シンプルな「星子ミスト」を注文。

PA0_0155.jpg

クラッシュアイスに「星子」注いだだけ。
2本の細いストローが添えられているがこのストローもデニーさん考案によるものが一般化したようだ。

梅酒でなく“梅リキュール「星子」”と拘る意味が分かる。
普通の梅酒とはまるで異なる味、酒造会社と何年にもわたる試行錯誤の上に完成したという。

PA0_0147.jpg

発売されたばかりの「ライフヒストリーブック(倉石綾子/著)」がカウンターの横に積まれているのを購入しサインをして頂く。

評伝の類だが写真入りでかなりお洒落な本。

著者の倉石綾子さんがまとめたが、多くの方のインタビューなどもあって、時代背景が良く判る。
とはいえ、1970年代頃からの東京のナイトシーン『GOLDの上のラウンジ、LOVE &SEXとか、ハーレー乗りが集まってバイク・コミュニティを築いたSTAR BANKとか、そしてもちろんビートニクス好きにはたまらないhowl』とかは僕には無縁の世界だから、なるほど、と思うほかはない。
ざっとめくって、帰途の電車で読むことにして、お話しを伺う。

PA0_0158.jpg

脇に大判の写真集「Trippin' / Danny Aikawa」(2016年4月発売・¥6,800)も置かれてある。
1990年に愛車のハーレーと共にサウスダコタ州スタージスを目指した記録写真集。世界中のバイカーの祭典「ブラックヒルズクラシック 50周年(現スタージスモーターサイクルラリー)」への90日間におよぶ ロードトリップ。
26年の時を経ての出版とのこと、息の長い話だ。

PA0_0148.jpg

壁面に映画「Barfly(バーフライ)」のポスターが貼られている。
ミッキー・ロークとフェイ・ダナウェイが主演の 1987年のアメリカ映画。

バーに集う人間模様が描かれている物語にインスピレーションを得て作ったカクテルが映画の題名と同じ「Barfly(バーフライ)」もメニューにあるので、これを注文することに。

次に、「ジン・トニック」も注文してあったので、それを飲み次第と云う事にして更に話を伺う。

PA0_0146.jpg

話の合間に、記念写真を写させて頂いた。

PA0_0151.jpg

「Barfly(バーフライ)」はウオッカがベースらしく、かなり強そうなので
ゆっくりと飲んだ。

小1時間余りではあったが楽しい時間だった。

CA3G0001_20160827175229a77.jpg

外は既にタイトルの如く「Danny's Bar~東京の夜は世界でいちばん美しい~」東京駅の夜景、素晴らしい時間をすごすことが出来た。

  1. 2016/08/27(土) 18:00:29|
  2. バー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する