よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

常陸国出雲大社@笠間市福原

常陸国出雲大社@笠間市福原

DSCN3888.jpg


彫刻家・島剛さんの個展が常陸国出雲大社の境内「ギャラリー桜林」で開催されていると聞いて、陶芸美術館から足を延ばした。

笠間市福原の国道51号線沿いの山を切り拓いて、出雲大社(島根県・大社町)より分霊を鎮座する社が出来たのは平成4(1992)年12月4日。

ご祭神は大国主大神。
大注連縄は長さ16m、重さ6tで日本最大級。

DSCN3890.jpg

DSCN3889.jpg


拝殿の天井に、美術家の奥田コウドウさんが「常陸の雲」を描かれたと聞いてお詣りしたのは開設時で、調べて25年前と分かったが、もっと以前と思い込んでいた。

DSCN3893_201701202302205cd.jpg


拝殿奥に鎮座の本殿は入ることは出来ない。
柵の外から拝んだが、国宝出雲大社本殿(島根県大社町))・神魂神社(島根県松江市)本殿と同じ「大社造り」。

神魂神社


神魂神社本殿。(2007年11月の訪問時の撮影。)


常陸国出雲大社は平成26(2014)年9月から単立宗教法人となった。
  1. 2017/01/20(金) 23:13:01|
  2. 神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

楞厳寺(りょうごんじ)@笠間市片庭775

楞厳寺(りょうごんじ)@笠間市片庭775

DSCN8838.jpg


笠間から益子に向かう国道沿いの仏頂山・楞厳寺はヒメハルゼミの生息地(太平洋側の分布北限)として国指定天然記念物に指定されていることもあり、知名度の高いお寺さんだ。
創建は不詳だが、律宗の寺院として宋(中国)の千岩が開山したと伝えられる。
鎌倉時代、当地の領主・笠間家初代時朝が建長寺(神奈川県鎌倉市)の住職大拙和尚を招いて中興開山し歴代笠間家の菩提寺とした。

DSCN8831.jpg

楞厳寺山門(国指定重要文化財)
室町時代中期に建てられた四脚門。
畑の中にポツンと違和感を覚えるが、当初はこの周辺に堂宇が建ち並んでいたらしい。現在の本堂辺りは奥の院であった。

DSCN8832.jpg

山門から800m位、細い道を登ると本堂に至る階段。
苔むしていい雰囲気です。

DSCN8833.jpg

観音堂 宝永年間(1704-1710建立)
新本堂(1965年)建立までは本堂として使用されていた。
奥に見えるのが新本堂。

DSCN8829.jpg

太子堂。後に見えるのが収蔵庫。

DSCN8835.jpg

収蔵庫。

観音楞厳寺千手

木造千手観音立像。(国指定重要文化財)
桧材の寄木造、像高208cm-建長4年-笠間時朝の発願による造像。

木造不動明王立像・毘沙門天立像も収蔵庫に安置。

木彫の飛天の残欠も素晴らしい。

  1. 2016/11/26(土) 23:46:12|
  2. 神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩谷寺 @ 笠間市来栖2696

岩谷寺 @ 笠間市来栖2696

DSCN8821.jpg


笠間に紅葉狩りに行ったことで、書き残しているのを思い出したが「かさま文化財公開」が10月22日(土曜日)・23日(日曜日)午前10時~午後3時行われた。

水戸近辺での「文化財の曝涼」は2009年に開催された常陸太田市が初めてだったように思う。その後、毎年行われて人気を集めるようになった。

今年度の笠間市の公開は「笠間稲荷神社」「弥勒教会」「岩谷寺」「楞厳寺」の4社寺。この内、「岩谷寺」「楞厳寺」を訪ねた。
何れも地元の住民がお茶の接待、茨城大学生が開設などのボランテアとして参加されていた。

公開時でなければ、行くことも無いだろうし、行ったにしても収蔵庫を開いて頂けるとは限らない。

岩谷寺は初めて、ボランテアの道案内さんが居たから分かったが、結構分かりづらい場所だ。

細い杉並木を抜けると山門に。

DSCN8822.jpg

ボランテアのお茶の接待。

DSCN8823.jpg

観音堂。
仏様は後ろの収蔵庫に。

DSCN8825.jpg


DSCN8826.jpg


収蔵庫前の茨大生?の解説。

DSCN8827.jpg

岩谷寺

木造薬師如来立像 国指定重要文化財


像の背面下方には「建長五年癸丑七月日従五位上行長門守藤原朝臣時朝」の刻銘があり,笠間時朝の発願による造像であることがわかる。
台座は後世の製作。

木造十二神将像 12件
  1. 2016/11/25(金) 19:20:36|
  2. 神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二本松寺 あじさいの杜@潮来市堀之内1230

二本松寺 あじさいの杜@潮来市堀之内1230

DSCN6196.jpg


DSCN6200.jpg

6月25日の「Tabi-ぶら」は「潮来の初夏の一日」。

集合場所の二本松寺は、近年、あじさい寺として知られるようになった。

今年は、秘仏であった“ご本尊の薬師三尊が特別ご開扉”ということで境内は大賑わい。


入園料300円を支払って『二本松寺 あじさいの杜』

DSCN6201.jpg


DSCN6202.jpg

駐車場から小学校の裏側をU字に降れば、牛堀の青田に沿った農道の崖線に各種のアジサイの花。
40,000㎡の境内に100種類10,000株のアジサイが植えられている。崖地に植えられているから、とても眺めが良いが、手入れは難しそうだ。


DSCN6208.jpg

広大な土地を住職が自ら重機を運転し、家族総出で造成したアジサイ園。
その他の植物もあり、植物園の様だ。

二本松2

突端に休み場所があり、石のテーブルを囲んで昼食。
美味しいおにぎりに漬物など。


DSCN6215.jpg

御住職から差し入れられた「ワカサギの佃煮」
卵を持ってふっくらした大型のワカサギ、めったに食べられない高級品。
甘からの味付けも最高!

青田を見渡す庭での昼食は「Tabi-ぶら」ならではの楽しさ。

1二本松寺

今回の参加者。(磯前 賢次さん撮影・FBよりシェアしました)


DSCN6221.jpg

水戸光圀公お手植えの槇(天然記念物)

DSCN6222.jpg

本堂の「本尊薬師如来」は25年ぶりの開扉。

25年ぶりの開扉。

DSCN6231.jpg

本堂前で御住職・山本さん・根本さん。
御住職の話「山本さん、根本さんのお蔭でこれだけの催しに成長しました。かっては、それほどにお集まりになりませんでした」
10数年をかけて花の寺・あじさいの杜として知られるようになるまで、多くの御苦労が有っただろう。努力が報われるきっかけを作ったのは山本さん、根本さんの助力もあったかもしれない。
しかし、御住職の明るさ、ご一家での土木作業や庭園お手入れ、など等、多くの努力の賜だろう。

改めて人の偉大さ、努力の積み重ねが全て、と知らされた。

DSCN6232.jpg

野点、御箏の演奏や、特産品販売のテントも。

これらの催事は全て檀家の方の御奉仕とか。

このお寺さんが地域に溶け込んでいる証明ともいえる。
  1. 2016/07/02(土) 15:11:24|
  2. 神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛宕神社と放送博物館@東京都港区愛宕一丁目

愛宕神社と放送博物館@東京都港区愛宕一丁目

DSCN5860.jpg

DSCN5865.jpg

DSCN5866.jpg

東京の山手線の内で、自然に形成された山の一番高いのが愛宕山(標高26m)で、山頂には京都の愛宕神社が総本社の愛宕神社が祀られている。

1603年(慶長8年)、徳川家康の命により創建されたが、高層ビルが建ち並ぶ前の江戸時代には、見晴らしの名所として、見物客で賑わったらし。
山頂から東京湾や房総半島までを見渡すことができと言われている。

DSCN5861.jpg

愛宕神社に上がる急な石段は「出世の石段」と呼ばれている。
由来は講談で有名な「寛永三馬術」の中の曲垣平九郎(まがき・へいくろう)の故事にちなむ「あの者は四国丸亀藩の家臣で曲垣平九郎と申す者でございます」「そうか。この泰平の世に馬術の稽古怠りなきこと、まことにあっぱれである」 平九郎は見事、山上の梅を手折り、馬にて石段をのぼり降りし、家光公に梅を献上した。
作り話とも思える、この急な石段。その後、何人もの実践者がいると云うから出来ないことではないらしい。

DSCN5862.jpg

DSCN5864.jpg

「桜田烈士愛宕山遺蹟碑」。
桜田門外の変に際し水戸浪士たちは、ここに集合し桜田門に向かった。
江戸城・桜田門までは約2キロ、歩いて2~30分の距離だ。


日本初のラジオ放送は、1925年(大正14年)社団法人東京放送局(JOAK:現在のNHKこの地から放送が始まった。
当時の機材は電波が弱く、高い所からの送信が有効とこの地が選ばれた。

DSCN5869.jpg

DSCN5868.jpg

放送博物館
NHK発祥の地である愛宕山に世界初の放送専門博物館として1956年(昭和31年)に開館。

日本の放送は、ラジオ からテレビへ、さらに衛星放送、ハイビジョン、デジタル放送へと大きく進歩・発展してきた。
これらの機材などの資料が展示されている。
ミニスタジオがあって、気象予報の疑似体験等も出来る。

地下鉄「神谷町」から徒歩10分、入場無料。

[愛宕神社と放送博物館@東京都港区愛宕一丁目]の続きを読む
  1. 2016/06/11(土) 09:18:10|
  2. 神社仏閣
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する