よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

佐藤 卓史 ピアノリサイタル@佐川文庫・コンサートホール

佐藤 卓史 ピアノリサイタル@佐川文庫・コンサートホール
佐川文庫サロンコンサート
2017年8月26日 18:00~


sa1_201709112030167c4.jpg

水戸市河和田町の「佐川文庫」は、1984年から93年まで水戸市長をつとめた故佐川一信のメモリアル ホール。故人の姉の佐川千鶴さんが遺志を継ぎ、蔵書3万冊・CD1万枚を納め2000年11月に開館した。

オープンを祝し来館したピアニストの中村 紘子さんが「ホールでコンサートを開くのも良いかも」との発想から、翌2001年4月21日に中村 紘子のピアノコンサートが開かれた。
それを皮切りに年に5~6回、中村さん推薦による演奏家のサロンコンサートを開催してきた。


sa2_201709112030147a4.jpg

有名演奏家のみならず若手を積極的に登用、ショパン国際コンクール優勝者チョ・ソンジンなど国際的に活躍する演奏家の初舞台も多く、若手演奏家の登竜門とも言われる様なった。

今では「佐川文庫・サロンコンサート」への登場は若手にとっての夢ともなっている。


sa3_20170911203013a0d.jpg

出演者や常連の聴衆の希望もあってより本格的なサロンコンサートの場として、2015年2月、本館の後ろにホールが開館した。
開館記念として「小菅 優ピアノコンサート」が2015年10.月25日に開催された。

sa4_2017091120301119b.jpg

「木城館」と名付けられたが、那須に所有していた別荘「木城山荘」(こしろさんそう)に由来している。


sa5_2017091120301091e.jpg


客席は200席位、ありそうだが満席だった。

外観は2回程拝見したが、8月26日18:00~「佐藤 卓史 ピアノリサイタル」で内部を拝見し、コンサートを聴くことが出来た。
この日は「オール・シューベルト・プログラムとのことで。

楽興の時 D780 作品94 第1巻(第1〜3曲)
12のグラーツのワルツ D924 作品91
3つのピアノ曲 D946
=休憩=
即興曲 編ホ長調 D899-2 作品90-2
即興曲 変ィ長調 D899-4 作品90-4
ピアノ・ソナタ 第13番 ィ長調 D664 作品120

sa6_20170911203008862.jpg

sa7.jpg

休憩時間にはコーヒーとチョコレート或いはグラスワインも提供された。
「サロンコンサート」ならでの雰囲気で、主催者の心意気が感じられた。

クラッシクに馴染のない僕だが、休憩後の即興曲は聞いたことがある曲で楽しめた。
佐藤 卓史さんはBSジャパン「おんがく交差点」にレギュラー出演中、とのことで、見てみようと思っている。

sa11.jpg

終了後は佐藤 卓史さんのCD販売とサイン会。

sa8.jpg

sa10.jpg

入り口の近くの壁面には佐川さん遺愛の品物や写真、吉田秀和さんの原稿などが展示され、故人の業績などを偲ぶことが出来る。

館長の佐川千鶴さん、弟の佐川一信さんのメモリアルホールとして建設した「佐川文庫」。
附属「木城館」でのサロンコンサートは大きく発展した。
毎回通う聴衆にとって佐川文庫育ちの演奏家の活躍は、我がことのように嬉しいだろう。
 
佐川文庫から多くの才能ある人材が生まれていることを共に喜びたい。


●佐川文庫サロンコンサート今後の予定は

2017年9月28日(木)18:30
■ 前橋汀子・久保田巧・川本嘉子・原田禎夫 カルテット
〇このチケットは、ほぼ完売で補助席が有りか?

2018年1月20日(土)18:00
■ 上村 文乃 チェロ・リサイタル

●佐藤卓史
1983年秋田市生まれ。
高校在学中の2001年、第70回日本音楽コンクールピアノ部門で優勝。
東京藝術大学を首席で卒業後渡欧、ハノーファー音楽演劇大学とウィーン国立音楽大学にて研鑽を積む。
その間国際舞台でめざましい活躍を遂げ、2007年第11回シューベルト国際ピアノコンクール第1位、
2010年エリザベート王妃国際音楽コンクール入賞、2011年第21回カントゥ国際ピアノコンクール第1位、

2013年にはデビュー10周年を記念してソロリサイタルツアー「ベートーヴェン 4大ピアノ・ソナタを弾く」を開催、全国16都市で演奏し好評を博した。2014年より「佐藤卓史シューベルトツィクルス」を始動。
ライフワークとしてシューベルトのピアノ曲全曲演奏に取り組んでいる。

佐藤俊介との共演によるCD「グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ集 全3曲」(ナミ・レコード)は平成19年度(第62回)文化庁芸術祭レコード部門《大賞》に輝いた。
現在はBSジャパン「おんがく交差点」にレギュラー出演中。
作編曲・レクチャーなど活動の場は幅広く、実力派ピアニストとして注目を集めている。国際フランツ・シューベルト協会会員。
  1. 2017/09/11(月) 20:37:07|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「G-Windsコンサート」@「みと・まち・情報館」水戸市南町2丁目

「G-Windsコンサート」@「みと・まち・情報館」水戸市南町2丁目

e5_20170602183745d26.jpg

e1_201706021837513c4.jpg


6月2日(金)水戸市南町2丁目の水戸 証券ビル1階ロビーを会場に、第2回みと・まち・音楽会「G-Windsコンサート」が開催された。

作詞・作曲・唄:「G-Winds」(えのきどまゆみ)
編曲・ギター他:;榎戸源彦。

e2_20170602183749e83.jpg

e3_20170602183748ddc.jpg

e4_20170602183746f8e.jpg


「G-Winds」は桜川市を中心に音楽活動をしている榎戸真弓(えのきどまゆみ)さんのグループ名。
息子の;榎戸源彦さんは東京都世田谷在住で、編曲・編曲・ギター・トラックメイキングを仕事としている。

そんなお二人がユニットを組んで親子共演、と言う素晴らしいコンサート。
定員50名の会場は開演までの満席だった。

入場者に「オリジナル曲の歌詞集」も配られた。

この母にして、この子あり。
素晴らしい親子ユニット、歌詞も唄も優しさあふれる演奏は心が洗われる、ひと時だった。

当日配布された資料を撮影しました。



●榎戸さんは小学校の教員として33年間勤務され、その間か、或いは退職後か作詞・作曲を自らされて多くの楽曲を作られた。
音楽CD付「うたの絵本ほたるさん」(文芸社2001年刊)も発行されている。


  1. 2017/06/02(金) 18:44:52|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BOYS TRIO + 峰 厚介@ジャズルーム コルテス

BOYS TRIO + 峰 厚介@ジャズルーム コルテス

DSCN3636.jpg


DSCN3628.jpg


1月5日(木) 19時30分~水戸市けやき台3丁目28番5の「ジャズルーム コルテス」に隣接したライブ ルームで「BOYS TRIO + 峰 厚介」のライブコンサートが開催された。

DSCN3632_20170112182311a94.jpg

DSCN3633_20170112182310c22.jpg

BOYS TRIOは《石井彰(p) 金澤英明(b) 石若駿(ds)》の編成で、 ベースの金澤英明が中心のグループだ。
今回は テナーサックス奏者の峰 厚介を迎えた演奏。
2016年3月4日、同じメンバーのコルテスでの演奏がYouTube.にアップされている。
https://www.youtube.com/watch?v=BXzDkhFNZQc

45席の小さな空間だけに間近での演奏は迫力満点だ。
日本で有数のプレヤーなのに、30数人のお客様では申し訳ないようだ。
昨年末でライブを一旦中止した「自由が丘スタジオ」もそうだが、1流を呼んでも客が入らない。
水戸の受け入れレベルがそれまで、と云えばそれまでだが、宣伝次第ではもっと多くが来場するようにも思える。

せっかくの場が在るのだから「自由が丘ススタジオ」の二の舞にならないように盛り上げる必要がある。


BOYS TRIO + 峰 厚介
  1. 2017/01/12(木) 18:26:52|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自由が丘スタジオ・さよならライブ

自由が丘スタジオ・さよならライブ
20年・450回を節目にライブコンサートを閉じることに。


DSCN9724.jpg


DSCN9746.jpg


12月18日(日)午後4時から「Farewell Live 」 が開催された。
メンバーは鈴木道子(Vo) 峰 厚介(Ts) 熊谷ヤスマサ(P) 八尋洋一(B) 海野俊輔(Ds) ゲストとして ウータン鈴木 。

1996年10月の第1回ライブの出演者の道子、峰、ウータン。
翌週の第2回ライブに出演した八尋(今回は忙しいスケジュールを調整し志願参加)、 自由が丘スタヂオから羽ばたいた熊谷と海野の個性的なメンバーンが顔を合わせた。

4時から7時半まで休憩をはさんで3時間以上の熱演が繰り広げられた。

DSCN9719.jpg


リニューアルオープンを期待する聴衆に、「それは有りませんが、自由が丘スタジオは健在です、何方かコンサートを開かれる方は何時でもどうぞ」とのこと、これから新たな一歩が始まると信じたい。

石田さんが情熱を傾けた原動力は何であったか?
第1回の出演者の鈴木道子さんは後に石田さんと結婚され現在は石田夫人。
奥さまに対する盛大なメッセージ「愛の言葉」だったのだろう。
まことに羨ましい夫婦愛の象徴が「自由が丘スタジオ」であった。

石田さんご夫妻、そしてウータン正夫さん、星見晴雄さん有難う。

DSCN9696.jpg


通常のライブはご挨拶なしだが、今回は特別に挨拶された石田哲郎さん。

DSCN9720.jpg

石田夫人道子さん、
始めて聴きましたが円熟の女性ヴォーカリスト。
歌が入ると雰囲気が変ります。

DSCN9743.jpg


峰 厚介(Ts) 日本を代表するサックスプレーヤー。

DSCN9744.jpg

ゲスト出演とご挨拶、ウータン鈴木(Ds)

八尋洋一(B) この日一番ノリノリ、ベースで歌ってました。

熊谷ヤスマサ(P) 高校時代から通い詰の「自由が丘スタジオ」育ち。
バークレー音学院に留学、帰国後は東京で活躍中。

海野俊輔(Ds) 茨城大学在学中は「自由が丘スタジオ」に居た時間が多かったという。現在はクマガイと同じく東京で。


DSCN9740.jpg

DSCN9733.jpg

何時もこれくらいの観客が居たならば、、


石田外科医院(水戸市自由が丘)院長の石田哲郎さんは大のジャズ好きで、毎週のように東京のライブに通っていた。偶々、そこで20年来の友人に再会。
ペドロ&カプリシャスやアイ・ジョージのドラマーとして活躍していたミュージシャンの鈴木ウータン正夫さん。
「なんなら、水戸にスタヂオを作ったら!」との冗談から駒で、自宅の片隅にスタジオを作ることに。

ピアノの最高峰スタインウェイや、ハモンドオルガンB3を始め音響装置を完備した別荘風な木造のライブハウスが誕生し、第1回ライブが1996年10月23日に開かれた。

最初のコンサートには行けなかったが、石田さんの友人・星見晴雄さんの縁で何度か行く機会があった。

DSCN9716.jpg

ウータン正夫さんのアレンジによって、東京で“超”が付くほどの一流アーティストのライブが水戸に居ながら聴けるのが魅力だった。
しかも、入場料は平均3500円。
かなりリーズナブルな料金設定にも関わらず満席となる機会は極わずか。

単発の打ち上げ花火を数回ならまだしも赤字続きなのに継続すること20年、450回のコンサートを重ねた。

軽く住宅2軒分位は建つ金額を使った。
道楽と云えば道楽だが、自分が楽しむより他人様に愉しんでいただく文化的事業、並大抵の努力ではなかったろう。
石田さんは水戸ホーリーホックのチームドクターも兼ねているサポーター。
ホームゲームには毎回スタジアムに足を運んでいる。


  1. 2016/12/19(月) 14:06:31|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ライブルーム・コルテス@水戸市けやき台3丁目28番5

ライブルーム・コルテス@水戸市けやき台3丁目28番5

DSCN9510.jpg

DSCN9505.jpg

DSCN9506.jpg

4年前に水戸市けやき台に出来た「ジャズルーム・コルテス」の存在を教えてくれた宇佐美博司さんはアマチュアのジャズピアニストだ。
バンドを組んではいないが、時々、気の合う仲間とセッションをする。
「4日の日曜日、7時30分からコルテスでやりますから、都合が付いたら
お出かけください」と案内があった。

DSCN9501.jpg


「ジャズルーム・コルテス」での演奏と思って行ってみたら、隣に「ライブルーム・コルテス」が在り、そこが会場だった。
さほど広くはないがグランドピアノもあって、立派なライブスタジオ。

今回のメンバーはテナーサックス:伊王野信行、ドラム:上野真裕、ピアノ:宇佐美博司のトリオで、司会進行を宇佐美さんが務めたが誰がリーダーと云う事でもなさそう。
曲によって、ソロ、デュ、トリオと自由だ。

聞いた曲もあれば、オリジナルもある。

モナリザ。
フランクシナトラが1955年に歌った「In the Wee Small Hours of the Morning」
初めて聞いたが有名なバラードらしい。

ソニーロリンズの「St. Thomas」
マッコイタイナーの「Contemplation

DSCN9503.jpg


休憩時間は隣の「ジャズルーム・コルテス」に移動。
コーヒーかジンジャエールの飲み物、手造りのサラダ、菓子パンのサービス。
プロが来ての演奏の際もこの様なサービスが有るのかは分からない。
休憩後の約1時間も演奏が続いた。

約30人の聴衆と共に楽しい時間を過ごした。

12月から1月にかけて「ライブルーム・コルテス」のプログラムは次の通り。
12月10日(土) 18時30分~ 是方博邦 Rainbow Jam
是方博邦(g)  岡田治郎(b)  熊谷徳明(ds)
12月22日(木) 19時30分~ 藤井郷子 カルテット
太田恵資(vln) 田村夏樹(tp) 藤井郷子(p) 井谷亨志(ds)
12月23日(金)  18時~ 藤井郷子 ピアノソロ
1月5日(木) 19時30分~ BOYS TRIO + 峰 厚介
石井彰(p) 金澤英明(b) 石若駿(ds) 峰 厚介(ts)
1月21日(土) 18時~ 吉岡大輔 & the Express
吉岡大輔(ds) 島裕介 (tp) 竹内直(ts,fl) 浅川太平(p,key) 田中啓介(b)
1月28日(土) 19時30分 秋山一将カルテット
秋山一将(g) 市原ひかり(tp)  小牧良平(b) 井上功一(ds)
ライブスケジュールはhttp://cortez.jp/6601.htmlで確認を

営業時間 通常日 17:00~23:00
土日祭日 13:00~23:00 定休日 火曜日
  1. 2016/12/05(月) 13:02:39|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する