よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

BENZ-103 @水戸市泉町2丁目

BENZ-103 @水戸市泉町2丁目

be1-1.jpg

be1_20180702152538011.jpg


大正時代から水戸一番の花柳界を形成していた鳥見町が全盛だったのは、昭和30年代から40年代にかけてまで。
検番があり、待合(料理は仕出し屋から取り、芸妓置屋から芸者さんを呼んで遊興する場で、京都のお茶屋に相当する)が軒を連ねていた。

昭和42年の表示変更で泉町・天王町・大工町と町名は別れたが、その頃までが全盛であったかもしれない。

be4.jpg

be4-1.jpg


「BENZ-103」は農機具や発動機の「土信田商会」の業種転換、先に南町3丁目で転換した喫茶「富」の成功に習ったのか。社長の土信田富久の名前に由来する。


「BENZ-103」は3人位のご婦人たちが日替わりでカウンターに立つ。
何方が淹れても「富」独特の味は変わらない。
オリジナルブレンドの豆が同一業者からの仕入れとしても、女性陣による伝統の味の継続は素晴らしいものだ。
2階への階段を登れば、インテリアが楽しい部屋だが1階のカウンターに席を占めるお客さんが圧倒的だ。

当時珍しかったベンツで国内各地をドライブするのを楽しみとしていた。

be3_201807021525412ac.jpg

其の車が、主亡き今も隣の車庫に鎮座している。

be7.jpg


反対側が水戸一番の大型スクリーンの「京王グランド」
その跡地が、ライオンズマンション。
この先はソープランド街で料亭街の名残は全くない。

be6.jpg

be8.jpg

南側、天王町の突き当りが“待合”「ムサシ」。
喫茶」「富」や「BENZ-103」を経営していた土信田さんによる「待合」だった。
かなり前に営業はやめたが建物は健在だった。

be9.jpg

見越しの松は枯れたが、名物の紫陽花は花を咲かせる。
奥の角部屋の座敷の見晴らしが良かった。
ヤマザクラの大木も見事だ。


●「水戸の今と昔」として現在の姿と、以前の写真などが有れば同時に掲載しようと思いシリーズ化の予定。
過去の写真はなるべく未発表を探すつもりですが、知れ渡った複写品にも頼ることになりそう。
  1. 2018/07/02(月) 15:32:13|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Soul Bar and Cafe "Cosmic Cafe"@水戸市南町2-1-28

Soul Bar and Cafe "Cosmic Cafe"@水戸市南町2-1-28

co4.jpg


アットワークの杉浦さんのfbの「金曜日はメンズの日」というページに、様々なメンズのスタイリングが掲載される。
その中の一つを自分なりにコーデして街を散策する。

co1-1.jpg

いくらかでも街が賑やかになるように、と僕なりのささやかな楽しみ。

「Musty New」のスタッフに撮影していただいてから、近くの"Cosmic Cafe"へ。
南町に移転して昼間(11:30~17:00)のランチとカフェも営業することになった。


日替わりランチ¥800、カフェは手造りの菓子付のソフトドリンク類が¥500。

co3.jpg


マダムの“こしか ちなつ”さん手作りのお菓子が付いた紅茶セット。

co6.jpg


co5.jpg


レコードのコレクション、半端な数ではないが。

面白雑誌なども備わっている。

co9.jpg


マスターの小鹿 拓良さんが、僕の好みのアルバムを選んで聞かせてくれる。

co11.jpg

co10.jpg

co8.jpg


本格的なオーディオセットで聞く音楽は最高だ。

co12.jpg

お店の前で、ツーショット。
短いけれど楽しい時間でした。


●水戸市宮町3-2-11 水晶ビル2Fで19年に渡って営業していたソウルバー「SOUL IN MOTION」が昨年閉店し南町2丁目に移転、その名も「コズミック カフェ(Cosmic Café)」としてオープンした。
●店内に約3000枚、店に持ち込まないレコードが約3000枚。
殆どがソウルでかなりマニアックなものが揃っていることで全国的に知られている。
肝心の音響は以前と同じ、大型のスピーカーがドーンと鎮座している。
アンプも真空管のものも含め、多彩だ。
●以前は夜のみ営業の「Soul Bar」であったが、移転を機に「Soul Bar & Cafe」として昼間(11:30~17:00)のランチとカフェも営業することになった。

  1. 2018/02/24(土) 09:17:26|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「夕靄(ゆうもや)会」第一夜@くろばねの・花留談

「夕靄(ゆうもや)会」第一夜@くろばねの・花留談

yuu3.jpg

1月31日(水)「スーパーブルーブラッドムーン」の予報は曇り。
期待できないかと思っていた。
夕方7時、くろばねの「花留談」で開催される「夕靄会」に向かう頃は煌々とした月の光。
観られるかもしれない。

yuu2_20180202084719d17.jpg

yuu1_20180202084658acf.jpg

山崎 一希さんが提唱した「夕靄(ゆうもや)会」は「もやもや」を話し合う会。
しかし、会自体がもやもやで、メンバーも人数も分からない。
テーマは「テレビの意図せぬ差別表現」について。

テーマに興味があった訳ではないが、久しぶりに山崎 一希さんにお会いし、近況をお伺いしたくて参加した。

小室哲哉、ダウンタウンの浜ちゃん、テレビの「テレビの意図せぬ差別」は我々の日常生活の中でも「意図せぬ差別をしたり・されたり、しているのではないか?その話の中で出たのが「メンヘラ」
聞いたことがない言葉なので、何の意味か分からない。
説明を乞うと「精神疾患をわずらっている人」を指す俗語で、メンタルヘルス(精神衛生)が略され「メンヘル」となり、さらに「~する人」の「er」がついて「メンヘラ」と云うことらしい。

参加者の一人が「ワタシ、メンヘラなんです」と話し出したのには驚いたが、若い人にはかなり多く、特別なことではないようだ。
我々が育ったころは食うこと、生活することで精いっぱいで、考えたり悩んだりする暇がなかった。と一概に言えることでもないが。
兎に角、このような現象を含め、「意図せぬ」言動には十分気を付ける時代なのだと認識した。
開催中の出入りも自由で、僕は7時から9時まで参加したがもう少し後まで開かれたようで、延べ12人の参加だったとか。

山崎さんのFBに『20代から70代までが、テレビのことや小室哲哉のことやメンヘラのことや帰属意識のことなどを自由に語り合い、知らなかった世界にも触れられる、愉快で刺激的な会になりました。次回は2月28日(水)の予定です。今日来てくれた方も来られなかった方も、またふらりとご参加いただけるのをお待ちしています!』

●写真は「水戸梅日記」の澤幡 博子さんと主催者の山崎 一希さんのFBからの無断借用で事後承諾、宜しくお願い致します。

帰るころから始まった月食、家に戻って何度も空を見上げ楽しみました。

yuu4_20180202084632b94.jpg


●石森 礼子さんのFBから
宇宙のパワー…本日1月31日は『35年ぶりの奇跡の日』♪
①満月「スーパームーン」※基本的に月1度の現象といわれています。
②1カ月に2回、満月になる現象「ブルームーン」
③皆既月食「ブラッドムーン」
※本日、日本で観察できるのは約3年ぶりといわれています。
この3つの現象が重なる日
「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼ばれているそうで
  1. 2018/02/02(金) 08:50:57|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「カフェ・ ジュニアボナー」@笠間市大田町364-2

「カフェ・ ジュニアボナー」@笠間市大田町364-2
「笠間ぶらぶら」その5


jb1.jpg


小高い丘の上にあるブックカフェ「Mon Livre(モンリヴル)」でコスモスに囲まれた庭から筑波の連山を眺めながらの雑談会。

「昭和ジャズ喫茶 2CV 」~「別れの1本杉」の碑、~牧野藩下屋敷の一部を使って建てた富田家、~御殿の様な竹江家屋敷、~高野公男の生家、など。
この日廻った所の感想などが話題となった。

水戸周辺は車で30分も走れば山あり、海あり。
作物は豊富で、「暑くなし・寒くなし」の温暖な気候、
古来、恵まれた土であることに感謝。

「後でとお化けは出たことが無い」体よくゆえば「一期一会」
時間の許す範囲でもう1軒となり、友部高校前の「カフェ・ ジュニアボナー」で『別れの1本杉』を聴こうとなった。

jb2.jpg


jb3.jpg


jb4.jpg

音楽・音響マニアのオーナーはオーディオのセットに凝っているが、考えは自由自在だ。基本的にはジャズだが、お客のリクエストに寛容な方だ。

奥様が作る、スパゲテー・野菜サラダなどの軽食も廉くて美味しい。
珈琲からアルコールまで、というのも嬉しい。

jb.jpg


高野公男の生家と「1本杉の碑」を見てきたので、春日八郎の『別れの1本杉』を聴きたいと願うと、ハイよとばかり応えてくれた。

jb8.jpg

続いて作詞・高野公男とのコンビの作曲家・船村徹のレコードも。
船村徹は流しのギターをやっていた、と云うだけ春日八郎よりかなり渋い。

三橋美智也や、その他の演歌歌手まで何枚も聞かせてくれた。

jb5.jpg

更には鈴木さんお勧め「Leann Rimes(リアン・ライムス)」

jb9.jpg

津軽三味線の「高橋竹山」の豪快な三味線の音を聴くことも出来た。

同行の鈴木さん大和田さん楽しい時間を有り難うございました。

  1. 2017/10/03(火) 17:36:31|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンリヴル@笠間市箱田1439

モンリヴル@笠間市箱田1439
「笠間ぶらぶら」その4


ri1.jpg


ri3.jpg

丘の頂上辺りに、紅茶専門店「Mon Livre(モンリヴル)」

ri7.jpg

ri6.jpg


店名の様に本がテーマのブックカフェでもある。

今回の旅の発案は、那珂市のそば処・麦屋のご主人の鈴木さん。
3時頃に仕事が上がると、県内あちこちを巡り歩く。
知られざる名店を御存じだ。

ri9.jpg


小高い丘の上にある紅茶専門店「Mon Livre(モンリヴル)」を鈴木さんから紹介頂き訪ねたが、180°広がるパノラマの山々にビックリした。

その後、2度訪ねたが、休業日だった。
更に、笠間市箱田1439、と云う所番地では探し当てるのが大変だった。

ri5.jpg


女性オーナーは、紅茶に関しては、かなりの修行をされたと聞いた。
珈琲と軽食もあります。

ri8.jpg

コスモの花盛り。
この眺望、もう少しの期間楽しめそうだ。

ri2.jpg


筑波山・加波山・仏頂山などの山々が一望できる。


ri4.jpg

偶々、茨城町駒場の蕎麦処「楓の森」のオーナー夫妻がいらした。
場所を変えてお目に掛かったのでお見それした。
「楓の森」もお気に入りの蕎麦処だ。

●お店から
臨時休業がございますことと、ランチは限定6食となっておりますので、お電話にてご確認いただけますと幸いです。
モンリヴル  電話 0296-72-2920 【定休日:日・月曜日・不定休】

  1. 2017/10/03(火) 03:07:47|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する