よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「カフェ・ ジュニアボナー」@笠間市大田町364-2

「カフェ・ ジュニアボナー」@笠間市大田町364-2
「笠間ぶらぶら」その5


jb1.jpg


小高い丘の上にあるブックカフェ「Mon Livre(モンリヴル)」でコスモスに囲まれた庭から筑波の連山を眺めながらの雑談会。

「昭和ジャズ喫茶 2CV 」~「別れの1本杉」の碑、~牧野藩下屋敷の一部を使って建てた富田家、~御殿の様な竹江家屋敷、~高野公男の生家、など。
この日廻った所の感想などが話題となった。

水戸周辺は車で30分も走れば山あり、海あり。
作物は豊富で、「暑くなし・寒くなし」の温暖な気候、
古来、恵まれた土であることに感謝。

「後でとお化けは出たことが無い」体よくゆえば「一期一会」
時間の許す範囲でもう1軒となり、友部高校前の「カフェ・ ジュニアボナー」で『別れの1本杉』を聴こうとなった。

jb2.jpg


jb3.jpg


jb4.jpg

音楽・音響マニアのオーナーはオーディオのセットに凝っているが、考えは自由自在だ。基本的にはジャズだが、お客のリクエストに寛容な方だ。

奥様が作る、スパゲテー・野菜サラダなどの軽食も廉くて美味しい。
珈琲からアルコールまで、というのも嬉しい。

jb.jpg


高野公男の生家と「1本杉の碑」を見てきたので、春日八郎の『別れの1本杉』を聴きたいと願うと、ハイよとばかり応えてくれた。

jb8.jpg

続いて作詞・高野公男とのコンビの作曲家・船村徹のレコードも。
船村徹は流しのギターをやっていた、と云うだけ春日八郎よりかなり渋い。

三橋美智也や、その他の演歌歌手まで何枚も聞かせてくれた。

jb5.jpg

更には鈴木さんお勧め「Leann Rimes(リアン・ライムス)」

jb9.jpg

津軽三味線の「高橋竹山」の豪快な三味線の音を聴くことも出来た。

同行の鈴木さん大和田さん楽しい時間を有り難うございました。

  1. 2017/10/03(火) 17:36:31|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モンリヴル@笠間市箱田1439

モンリヴル@笠間市箱田1439
「笠間ぶらぶら」その4


ri1.jpg


ri3.jpg

丘の頂上辺りに、紅茶専門店「Mon Livre(モンリヴル)」

ri7.jpg

ri6.jpg


店名の様に本がテーマのブックカフェでもある。

今回の旅の発案は、那珂市のそば処・麦屋のご主人の鈴木さん。
3時頃に仕事が上がると、県内あちこちを巡り歩く。
知られざる名店を御存じだ。

ri9.jpg


小高い丘の上にある紅茶専門店「Mon Livre(モンリヴル)」を鈴木さんから紹介頂き訪ねたが、180°広がるパノラマの山々にビックリした。

その後、2度訪ねたが、休業日だった。
更に、笠間市箱田1439、と云う所番地では探し当てるのが大変だった。

ri5.jpg


女性オーナーは、紅茶に関しては、かなりの修行をされたと聞いた。
珈琲と軽食もあります。

ri8.jpg

コスモの花盛り。
この眺望、もう少しの期間楽しめそうだ。

ri2.jpg


筑波山・加波山・仏頂山などの山々が一望できる。


ri4.jpg

偶々、茨城町駒場の蕎麦処「楓の森」のオーナー夫妻がいらした。
場所を変えてお目に掛かったのでお見それした。
「楓の森」もお気に入りの蕎麦処だ。

●お店から
臨時休業がございますことと、ランチは限定6食となっておりますので、お電話にてご確認いただけますと幸いです。
モンリヴル  電話 0296-72-2920 【定休日:日・月曜日・不定休】

  1. 2017/10/03(火) 03:07:47|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和ジャズ喫茶 2CV (ドゥシーヴォー)@笠間市笠間2305-1

昭和ジャズ喫茶 2CV (ドゥシーヴォー)@笠間市笠間2305-1

「笠間ぶらぶら」その1


sho1.jpg

sho2.jpg


笠間の陶芸の丘入口にある「昭和ジャズ喫茶 2CV」
カーブした道路の奥、通りに面しているが見逃してしいた。



sho3.jpg

貨物車の車掌車を改造した小さな喫茶室。


sho4.jpg

sho5.jpg


sho7.jpg

sho8-2.jpg

sho8.jpg



「昭和ジャズ喫茶 2CV」と云う名の通り、「昭和レトロ」の本・ポスター・雑誌・置物などが壁面から天井までぎっしりと。

どの様な方がオーナー?

sho9.jpg


店主・江口修一さんは不在だったが、奥さま(フィリピ―ナ)によれば。
ロス・インディオス&シルビアのメンバーだったが、5~6年前に笠間に移住。
地元(笠間)のメンバーと一緒にバンド活動をしている。
明日のコンサートの練習のために外出中ということらしい。

喫茶メニューの他に奥様の母国の、フィリピン料理もある。

sho12.jpg

夏期限定・フィリピン風かき氷「スペシャルハロハロ」を注文してみた。
何やら沢山、入っている。

店主が居る時であれば、当時の話が聞けそうだ。


  1. 2017/09/29(金) 21:58:23|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「こるりの森」で焚火とコーヒー@水戸市柳川町

「こるりの森」で焚火とコーヒー@水戸市柳川町

ko1_201709270524199e3.jpg

ko2_20170927052417080.jpg

那珂川に近い水戸市郊外の田園地帯、小さな森の一画に現れた白い小屋。
週末の土曜日は野菜を、デッキでは雑貨や小物も販売、展覧会やワークショップに使われる多目的な小屋なのだ。

この日は野菜はなく、お茶の移動販売車のみ。


ko2_20170927052417080.jpg

裏側には広いスペース。
週末は子供達の遊びの場・学びの場にもなるとのこと。

ko3_201709270524169f9.jpg


物置き小屋。

ko4_201709270524148f5.jpg

これらすべてはオーナーの“森のあかり“さん自らが廃材や残材を利用して建てたとのことだ。

Kショップの木村さんから「森の中でコーヒが飲める場所を、麦屋の鈴木さんから紹介されました。迎へに行きますからご一緒しましょう。鈴木さんにも連絡しておきます。」と連れてこられたが脇には小川も流れた別世界だった。
「こるりの森」と名づけたのは「カワセミ」が生息していることだ。

ko5-4.jpg

間もなく移動コーヒー屋さんが登場した。

ko5-6.jpg


お茶の移動販売車<出張お茶サービス社>
中国茶から紅茶、コーヒー、緑茶、ほうじ茶、、その数およそ80種類。
特にハーブティーは、体調に合わせてブレンドしてくれる、オーダーメイド。

ko5-7.jpg

軽自動車の中に器具からコーヒー・紅茶と満載。
オーナーの渡辺秀明さん、既にこの営業を10年続けているという。
河和田の自宅は電気無し、ソラーによる発電で一切をまかなっている。
この軽自動車も天井にソーラーパネル。

ko5-8.jpg


曜日ごとに場所を決めて移動・営業。=毎週、火曜と土曜がこの場所。

ko7-1.jpg

焚火で「ネギ焼き」

ko7-2.jpg


「トウモロコシ」を蒸し焼き。
採れたて、もぎたてを単純に火であぶる、単純にして最高の調理法。

ko6_20170927052407412.jpg


鈴木さん、木村さんのお二人は本格的な自家菜園も行っている。
焚火を囲んで農業談義。

3時半から5時頃まで、贅沢な時間を過ごさせて頂きました。
  1. 2017/09/27(水) 05:32:13|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オカエリ喫茶室@水戸市栄町2丁目

オカエリ喫茶室@水戸市栄町2丁目

ue1.jpg


栄町の通りを歩いていたら、酒屋が在ったところが「オカエリ喫茶室」となっていた。丁度、コーヒーでも飲みたい気分だった。

ue4.jpg

ue4-1.jpg

ue5.jpg

ue6.jpg

ue7.jpg


ue8.jpg


アンティークな品もあるし、ソファーや椅子・テーブルもセンスの良いものが置かれてある。

「最近で来たんですか」と訊くと「もう10年位やってますが、今月で閉めます」とのこと
「ここ酒屋だったじゃないの?」と返すと「酒屋の一角に喫茶室が在ったんです、酒屋を閉めて喫茶室だけにしました」、何やら曰くがありそうだ。


ue2.jpg


ue3.jpg

ue3-1.jpg


店主は羊毛をフェルト状にしてこけしの様なモノや動物などを制作する作家さん、

確かにユニークな作品だ。


  1. 2017/09/15(金) 23:13:39|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する