よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

大佛次郎を歩く其の2・大佛茶廊@鎌倉市雪の下 1-11-22

大佛茶廊@鎌倉市雪の下 1-11-22
大佛次郎を歩く其の2


o4_20170309003755b8b.jpg


大佛茶廊の建物は大正8年に建築された茅葺き屋根の数寄屋造り。
鎌倉市の文化財指定されている。


茅葺屋根は材料の「萱」をとるのも難しく職人さんも少ない。
後藤清一さんのご自宅も茅葺屋根だったが補修の職人が少なく、苦労した話を伺ったことが有る。
鎌倉はお寺さんも多いし、茅葺の技術は伝承されているだろうが保存には大きな労力を要するので、茅葺民家の維持管理は難しそうだ。

大佛茶廊の庭園は樹木も多種多様で、大佛次郎の趣味の良さが窺える。
これだけの庭木の維持管理も手間がかかりそうだ。

紅梅は既に散り。

o5_20170309003754b39.jpg


三椏(ミツマタ)が今を盛りと咲いていた。

o6_20170309003753261.jpg


奥はサンシュ、で手前の花はマンサク。

o7_20170309003751024.jpg

藤棚もあり、5月頃は素晴らしいでしょう。

o9_20170309003748b53.jpg

池の石橋、池に水はありませんでした。

o1_20170309003758804.jpg

備前の器に菜の花が。

o10_20170309003746463.jpg


メニューは座敷と庭園で価格が異なりますが、


o2_20170309003757a0c.jpg

せっかくの機会なので、鎌倉ビールのブラウンエールを。

次の機会には、コーヒー或いは抹茶、シャンパーンも飲んでみたい。


開店間もない時間に入店したので、お手すきの時間にご主人にお目に掛かることが出来ないかと、係りの方にお願いした。

o3_2017030900375659a.jpg

待つこと暫し、オーナーの野尻 芳英(のじりよしふさ)さん登場。
噂通りのお洒落な紳士で、初対面ながら気軽に話してくださった。

パリにも何度も出かけられておられる様で、話は尽きない感じであったが、お時間を沢山頂戴するのも申し訳なく1時間位で辞した。

o8_2017030900375070d.jpg

桜の木も何本か有る。
3月下旬、花の頃に是非ともお伺したいと思った。

  1. 2017/03/09(木) 00:42:50|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カピアンコーヒー千波店-@水戸市千波町376

カピアンコーヒー千波店-@水戸市千波町376

c1_20170228210952be1.jpg


水戸市千波の御茶園の通りの「 サロン・ド・テなかやま」は「サロン」と銘うつように“寛ぎの空間”こだわった珈琲店として繁盛していたのに、閉店してしまって残念だった。繁盛店なのになぜ撤退してしまったのが疑問だった。

c2_20170228210951844.jpg


偶々、御茶園の通りを通ったら、同じ場所に「カピアンコーヒー」の大きな看板があったので、入ってみました。

c3_20170228210950f5a.jpg


店員さんに訊くと「ひたちなか市に本店が在り、水戸の笠原、県庁の近くにも店舗が在る」とのこと。

c4_201702282109499af.jpg


外装・内装とも「 サロン・ド・テなかやま」の時とほぼ同じ。

メニューも食事・コーヒーもありで、これまたあまり変わらず、の感じ。

c5_2017022821094855e.jpg

今回はコーヒーだけでしたが、次回は軽食・ケーキなども試してみようと思っています。

c6_20170228211129c51.jpg


庭を見ながら「ゆとりある椅子でのんびり」はこれも同じ。

近くには「ルブラン」も在りますが、好みの問題と行く時の気分。

北側の根本町の「マイルストーン」がお好みだが、これで南側も揃った。


  1. 2017/02/28(火) 21:16:44|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

親子カフェ・ことろん@横浜市栄区笠間1-5-5

親子カフェ・ことろん@横浜市栄区笠間1-5-5

DSCN4099.jpg

DSCN4096.jpg

「野毛たべもの横丁」での食事の後、Fさんのご自宅に伺った。
可なり飲み食いしたにも関わらず、改めて乾杯を。
大相撲初場所で茨城出身の稀勢の里が優勝し、横綱昇進が確実になった。
母校卒の恩田陸さんが直木賞を受賞した。「ブラタモリ」で水戸が放送予定。
などの郷里の話やトランプ米大統領の言動から、政権は何時まで持つのか?
など、多岐にわたる話で盛り上がり、深夜まで酒を酌み交わした。

翌朝、ベランダから見える富士の姿に驚いた。
夕方5時の同窓会までの予定を話しあう。昨年11月、Fさんのお嬢様が「親子カフェ・ことろん」を大船の駅前にオープンしたので、そこの見学を申し出た。
営業時間が10時からなので、その前に見せて頂くことに。

DSCN4092.jpg


住所は横浜市栄区笠間だが、大船駅の笠間口より徒歩5分の住宅地の一角に「親子カフェ・ことろん」。

DSCN4093_201702020626480e4.jpg


DSCN4098_2017020206224899f.jpg


「親子カフェ」とは耳慣れないが、お子様連れのママが対象の飲食店で首都圏から発生し、少しずつ広がりつつあるカフェだが、保育園の様でもあり、悩み事などを話し合う場でもあるようだ。

Fさんのお嬢様は自らも3歳の息子さんの子育て中で「子連れで休める場」の必要性を実感し親子カフェの開設に至った、と云う事。
ちょっと疲れた時、ちょっと誰かと話したくなった時、子供が寝ている間にゆっくり過ごしたい、買い物の合間など、使い方は様々らしい。

「親子カフェ・ことろん」の利用料は最初の1時間が500円で、その後は30分250円の追加を支払う。

飲み物は
ハニージンジャーレモネード・抹茶ラテ・ココア・カフェラテ・などが300円。
紅茶・黒豆茶・グリーンルイボス・ハーブティーは200円。
コーラ・スプライト・炭酸水・オレンジジュース・などが100円。

オープンして数か月を経過し、

DSCN4094.jpg

DSCN4095_20170202062250cdc.jpg


「ベビーヨガ&英語絵本読み聞かせ」「ベビーマッサージ」「ママが作る世界で一つだけの子供用食器」「飾って楽しむスクラップブッキング~ペーパーフレーム作り」「ママのための整理収納レッスン」などのレッスンや講座の会場として使用したい。との申し込みが多いのは想定外だった、と言う。

都会では気軽に借りられる会場が少ないことに拠るらしい。

試行錯誤の毎日だが「保育士になりたかった位に子供が大好きで、子供に関わる事を仕事にしたい」という夢が実現し張り切っておられた。

短い時間で多くを知ることは出来なかったが、地域のママさん達の憩いの場・研修の場として利用され、営業としても採算取れることを願う。

  1. 2017/02/02(木) 06:28:04|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サザコーヒー水戸駅店がリニューアルオープン。

サザコーヒー水戸駅店がリニューアルオープン。

DSCN9590.jpg

DSCN9591.jpg


ひたちなか市に本店が在る「サザコーヒー」は水戸京成百貨店・水戸芸術館・茨城大学図書館など水戸市内にも支店がある。
水戸駅ビル「EXCELみなみ」店が12月8日にリニューアルオープンした。

床面積も倍以上になって自家製のケーキ売り場も充実。
コロンビアに所有する自家農園産を始めオリジナルの珈琲もラインアップが広がった。

DSCN9592.jpg

DSCN9593.jpg

店頭のテラス席にサザオリジナル「徳川将軍珈琲」の幟も。

水戸には美味しくユニークな「珈琲店」が多い。
サザ会長・鈴木 誉志男氏の珈琲にかける情熱が業界に刺激を与え、切磋琢磨の賜と思っている。
  1. 2016/12/13(火) 17:47:22|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パン ド ムシャムシャ&コーヒー@笠間市南吉原408-2

パン ド ムシャムシャ&コーヒー@笠間市南吉原408-2

DSCN6419.jpg


茨城町のそば処「楓の森」に嵌って再度訪ねた際、店主から笠間の森の中に素晴らしいパン屋さんが在ると聞いた。

教えてくれた住所と氏名は、笠間在住の陶芸家・筒井修さんだ。
何度かお目にかかったことはあるが、話までしたことはない。
陶芸家の副業でパン屋さん?

ゴルフ場の裏手の森の中、細い道を辿った。

DSCN6418.jpg


車3台ほどの駐車場と木造の小屋の前に「パン ド ムシャムシャ&コーヒー」の鉄の看板。

DSCN6415.jpg

狭い店内にはパンとコーヒー豆、カップ等の陶器類。

筒井さんのお嬢さんとご主人は、益子でパンとコーヒーの店を10年ほどされて、昨年に父親のショールームをパンとコーヒー店に改造。


分かりづらい辺鄙な場所なのに、次々とお客があるのは時代なのだろう。

DSCN6413.jpg

お店の紹介記事が掲載されているミニコミ誌。

DSCN6416.jpg

DSCN6412.jpg

庭を見渡すテラスにもイスとテーブルが。

DSCN6409.jpg

野球のバットなどに加工される青タモの大木。
一部の椿や紫陽花を除けば、ほぼ自然林だ。

DSCN6406.jpg

工房前の陶芸家・筒井修さん。

DSCN6403.jpg

40年前、東京都目黒区から笠間に移住した。
当時に自分で建てたと云う住まい。

DSCN6407.jpg

釣り灯具は、稲田に工房を持つ鍛鉄作家の長男・哲平さんの初期の作品。
住宅関連のドアや手すりなどの仕事が多いとか。


笠間には全国から或いは世界中から移り住んだ作家など、個性あふれる人が沢山いるのは魅力だ。

  1. 2016/06/30(木) 22:53:06|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する