よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

ひたちなか市埋蔵文化財調査センター @ひたちなか市中根

ひたちなか市埋蔵文化財調査センター @ひたちなか市中根

DSCN8927.jpg


「Tabi-ぶら」の「那珂川の献上鮭と海浜鉄道に乗って」は勝田駅~阿字ヶ浦駅を結ぶ「ひたちなか海浜鉄道」に乗車し、幾つかの駅で途中下車し沿線の名所を訪ね歩いた。

中根駅で下車し、壁画で有名な「虎塚古墳」の秋季公開に向かった。
見学者が多いから、厳重な分厚いガラス窓越しの玄室をじっくり観る時間は少ない。


隣接の「ひたちなか市埋蔵文化財調査センター」には原寸大の模型が設置されているから、現物を観たうえで見ると良く理解できる。

調査センターには「ひたちなか市」の各地から出土した考古遺物が展示されているから、考古遺物大好きの私にとって見飽きることが無い。

DSCN8925.jpg


茨城県は「縄文土器」の宝庫で、縄文時代中期の遺跡が多い。

DSCN8924.jpg

縄文土器の中でも優れた造形の「阿玉台式」縄文土器。
僕の好きな形だ、

DSCN8918.jpg

「十王台式」と呼ばれる弥生式土器は茨城県中部から北部にかけて出土する。
薄手で繊細な文様は優美で、弥生人の素晴らしい感性を伺える。

縄文と弥生の極端とも思える違いは何故なのか?

DSCN8923.jpg

古墳時代にかけての須恵器。
地元で焼かれたものもあれば、はるかに遠い渥美・知多半島より運ばれた須恵器も出土する。既に幅広い交易ルートが形成されていた証。

DSCN8919.jpg

古墳時代の「埴輪」円筒埴輪・人物埴輪

DSCN8920.jpg

馬型は大きく優美。
ひたちなか市から東海村にかけては素晴らしい埴輪工房があった。

DSCN8922.jpg

乳飲み子を抱く婦人、可愛らしい像だ。

DSCN8916.jpg


動物の骨の加工品、釣針や道具など。

DSCN8915.jpg


鹿の角を加工した道具も利用した。
多くの鹿やイノシシなどが身の回りに居た。

茨城・常陸の国が如何に恵まれた土地であったかを証明している。

「ひたちなか市埋蔵文化財調査センター」は入館無料。
里山散策に出かけるには絶好の場所だ。


  1. 2016/11/11(金) 18:07:45|
  2. 資料館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青柳家住宅@仙北市角館町

青柳家住宅@仙北市角館町

DSCN0219.jpg

横手倫理法人会のモーニングセミナーが終了して、眞壁さんの案内で角館に向かう。角館までは約1時間のドライブらしい。
「みちのくの小京都」と呼ばれる角館を一度は訪ねてみるべき、と友人のUさんからのアドバイスを受けていた。
眞壁さんの好意で、角館訪問が実現することになった。

角館の街に入って間もなく、武家屋敷の町並み。
なるほど、とおもったら「ここより本格的なところがこの先に在ります」とのこと。
後で調べたら、「田町武家屋敷」と呼ばれているエリア。
新潮社の創設者を祈念して建てた「新潮社記念文学館」も在る。


DSCN0222.jpg

しばらく走って、国の重要伝統的建造物群保存地区の指定を受けている「内町武家屋敷」。
確かに道幅も広く、往時のままに武家屋敷が並び、通りは壮観。
600mの武家屋敷通りには昔のままの薬医門、黒板塀などと枝垂れ桜が見事に調和している。


DSCN0252_2015080712540176d.jpg

各屋敷の枝垂桜の大木が、通りに枝を垂らしている。
「桜の時期は大賑わいです」と眞壁さんの説明だが、これだけの大木の枝垂れが咲いた姿は見事であるに違いない。
桜の時期に訪れるのは難しそうだから、満開の姿を想像する以外にない。

DSCN0219.jpg

「青柳家住宅」
青柳家は、もともと蘆名氏の家臣団の優力な武将で、蘆名氏が絶えた後は佐竹北家に仕えた。3000坪の敷地内には、母屋、武器庫、青柳ミュージアム(秋田蘭画)、秋田郷土館、武家道具館、ハイカラ館(アンティークギャラリー喫茶)などの資料館があり、貴重な品々約3万点が公開されていた。

DSCN0221.jpg

DSCN0226.jpg

DSCN0230.jpg


DSCN0246_20150807125403df9.jpg

角館は秋田藩唯一の焼き物の産地。白岩焼。

DSCN0239_20150807125405b42.jpg

夜具の「かいまき」厚地で大きい。

よくぞ保存されてきたものだ、と感嘆する。
水戸や茨城でこれほどの品が保存されている旧家は見たこと・聞いたことがない。
展示室や、喫茶室、お土産売り場がある。
美術館・博物館と同じと考えればよい。


「田沢湖もご案内しましょう」と眞壁さんのお誘いもあったが、この後、新庄を経由し山形と山寺方面に行きたいと思っていたので、次回に、と云うことに。

DSCN0255_20150807125357630.jpg

「では、《後三年の古戦場》の跡に立ち寄りましょう」とのこと。
横手市美郷町金沢は「後三年合戦」終焉の地に推定され、「後三年の役金沢資料館」が在る。
「後三年合戦」は対立関係が変化してゆくので内容が分かりづらい。
しかし、清原氏として唯一生き残った清衡は姓を「清原」から「藤原」へ改め平泉に移る。
以後100年に渡る奥州藤原氏の平泉黄金文化の礎を築いた。

資料館で「後三年合戦」のVTRや資料を拝見し、幾らか理解が深まった。
資料館をあとに、横手駅まで送って頂く。

DSCN0258_20150807125356166.jpg

2010年に横手を訪問した際には工事中だった横手駅の駅舎、当然だが竣工し、駅前広場も整備されていた。

  1. 2015/08/07(金) 13:01:25|
  2. 資料館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「石の百年館」@笠間市稲田

稲田石の資料館@笠間市稲田


P4270057.jpg


P4270060.jpg


今日(5月3日)は憲法記念日で1947年5月3日に日本国憲法が施行されたのを記念して、1948年公布・施行の祝日法によって制定された。
近年、自民党などからの憲法改正論議が高まり改憲派、護憲派が憲法改正に関する世論調査や講演会などを行っている。
ゴールデンウィークの中間なので、ややもすれば関心が薄れてしまう。
どの様な時代から現在・未来があるか、歴史を振り返るのは大切なことだ。

4月27日(日)笠間市稲田の磯蔵で開催された「第8回 ちょっ蔵 新酒を祝う会」は総勢2,412人が参加したとのことで、これだけ大勢の方々が飲みかつ食べた大宴会は大縁会でもあった。
地方の酒蔵の自主企画、地方自治体等の援助を受けず、お手伝いいただいた助っ人の方々の力が大きかったにしても、蔵人の力は大きく、単発でなく継続する力を多くの人が学ばねばならないと思った。

磯蔵に行くのに水戸線の稲田で下車したが、駅前に隣接して「石の百年館」が在った。
今年の3月に開館したばかり、外壁には石の板が使用されている。

P4270070.jpg

P4270068.jpg

石切り山脈の写真展示。

P4270071.jpg

稀な例らしいが、稲田石(御影石)の中に、様々な鉱物が含まれた岩などが見つかる。

笠間市稲田地区で採掘される特産の稲田石の資料館で、三つの部屋に歴史や加工技術、鉱物、結晶化した標本などが展示されていた。
  1. 2014/05/03(土) 14:03:17|
  2. 資料館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する