よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

インド料理カルマ@水戸市中央2-8-10

インド料理カルマ@水戸市中央2-8-10

k3_20170224002049117.jpg

久し振りに元・市役所の近所の「マサラ」に。
市役所の再建工事が始まったが、軟弱な地盤に建てるとあって、工事の進捗率はどの位か、何時迄かかるのか?等、気がかりなことが沢山。

現場周辺の店はイマイチに思えるが、夕飯時の「マサラ」は相変わらず繁盛で、旨い店なら場所に関わらず繁盛することが証明される事例だ。

k1_20170224002051071.jpg

k2_20170224002050171.jpg


「ラム」と「豆」のカレー2種、チャパティとライスのセットを注文。
久し振りにラムの香りと味の豊かなラムカレーを味わった。

k4_2017022400204860e.jpg


ご主人とお手伝いの女性の“美しい笑顔”も相変わらずなのは嬉しかった。


今では本格的なインド料理を食べさせる店は沢山あるが、以前は少なかった。
30年前頃、米沢町に「ベンガルベイ」と云う専門店が出来た。
名の通り南インドのカレーは本格的な味のように思えた。
その後、南町の新井ビル2階に移転しライブハウス兼インド料理屋の様な店となり、更に那珂市の「花木センター」に移転。同じ時期に水戸市天王町に「まつりや弁駈」なる居酒屋も開くなど、あちこち移転・開店を繰り返した末に筑波研究学園都市に移った。
経営者の「マヒ」なる人物はアイデア豊かなユニークな外国人だった。

同じ米沢町だが、大分離れた場所に「マサラ」と云うインド料理店が開業。
どちらが先だったかは覚えていないが、ココナツミルクが入った本格的なカレーやナンを提供し評判になった。当時の水戸では一番店だったろう。

裏南町の居酒屋「こもれび」の弥生ちゃんが、実家の眞壁に戻ることになって閉店した後に「カルマ」という女主人のカレー屋さんが開店した。
味が「マサラ」に似ていると思ったら、元・マサラのシェフだったとのこと。
家からも近いのでお好みの店となったが、2年位経ってから駅南の市役所の近くに移転した。
距離的なことや、基本的には3食全てが自宅と云う事もあって年に数度、今回は1年振り位か、変わらぬ味に満足した。
  1. 2017/02/24(金) 00:23:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

つくってみよう!インド料理@水戸市国際交流センター

つくってみよう!インド料理@水戸市国際交流センター

DSCN4231_20170209140111c46.jpg


水戸市国際交流センター(水戸市備前町6-59)は国際交流活動を推進する施設として、1998(平成10)年4月に開館し、開設以来20年を経過した。
多目的ホール、会議室、調理室、和室などの貸施設のほか、自由に利用できるロビーや交流サロンを備えている。

私は、ロビーで本や新聞を読み、和室は「ひめくり俳句会」の例会場など有効に使用させて頂いている。
国際交流の集会や講演会、世界の料理の講習会なども開催される。

ブラジル料理・韓国料理など講習会に出席したこともあった。
調理室の調理台が4か所なので参加人数は20名以下、定員15人と云う感じだ。

1月29日(日) 10:00-14:00「つくってみよう!世界の料理・インド編」が開催された。

DSCN4217.jpg


講師は茨城大学人文学部教授の山田 桂子氏。
インドの近代史が専門で料理研究家ではないが、インド通いを重ねるうちに自宅でインド料理を作るようになったとのこと。
行く度にスパイスや織機を購入し、インド料理を再現し楽しんでいるとのことだ。

DSCN4215.jpg

調理台には小分けにされた材料が揃っていた。
食材やスパイスを探すのが大仕事だから、これで半分以上は済んでいる。

①チキンティッカ(インド風焼き鳥)、②チキンカレー、③ホウレンソウと厚揚げのカレー、④レモン・ライス、⑤スイートラッシー

DSCN4214_20170209140155cab.jpg


5種類のメニューが板書されていた。

DSCN4223.jpg


鶏肉をぶつ切りして、ヨーグルト・ターメリック・チリパウダーを加えて混ぜて常温で放置。

DSCN4221_20170209140157a62.jpg

鍋に油を注ぎ、「クローブ」「シナモン」「カルダモン」を加え、弱火でジクジクと加熱し香りを油に映す。
この3種のスパイスが基本スパイスとのことだ。
《インドの料理は香り・日本料理は旨味》
フランス料理の大家のジャニーも常に「料理は香り」を力説するが納得。

DSCN4222_20170209140117d03.jpg


香りが移ったら、薄くスライスした玉ねぎを入れ茶色になるまで炒める。
更に、ニンニク、ショウガ、コリアンダーを加えさっと炒める。
トマトと水を加え、漬けこんだ鶏肉も入れて煮込む。
塩で味を調えガラムマサラを加えチキンカレーの出来上がり。

DSCN4228.jpg

チキンティッカ(インド風焼き鳥)
漬けこんだ鶏肉を串刺しにしてロースト。

DSCN4224.jpg

ホウレン草と厚揚げとうふのカレー。
厚揚げもカレーになるのだ。

もっともかレートは外国人が云う事で、インドの人はカレーとは呼ばないらしい。日本の味噌汁の様なものらしい。
ナン、或いはご飯と一緒に食べるようだ。

レモン・ライス。
堅めに炊いたご飯にクミン、レモンジュース、ターメリックを加え混ぜる。

スイートラッシー。
ヨーグルト、牛乳、砂糖、カルダモンを入れてミキサーで撹拌。

DSCN4231_20170209140111c46.jpg


約3時間の調理で5種類が完成。
美味しくいただきました。

  1. 2017/02/09(木) 14:13:24|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

マロンの「2016肉29納めランチ」

マロンの「2016肉29納めランチ」

DSCN9927.jpg

DSCN9925.jpg


レストランマロンは1963年にコーヒーショップとして開業した。
創業当時は道路反対側に老舗の料亭「山口楼」が在ったくらい。
とはいえ、山口楼の他にも待合などがある三業地だったが、昼間は静寂な街並みで、そこに出現した洒落たコーヒーショップは話題を呼んだ。


著名な建築家の設計による建物は現在と同じだが、外壁などは今より洒落た感じがした。

1階中2階3階と現在と同じだが、吹き抜けの天井に下がるシャンデリアは岩田籐七の制作。

1階の喫茶スペースは今より狭かったし、厨房もさほど大きくは無かった。

その後この周辺は一大歓楽街となったが、きっかけは「マロン」の開業と思っている。

DSCN9926.jpg

現在の店舗で言えば右側の階段を下れば「マロンギャラリー」
小さな美術館の様な画廊スペースだった。
彫刻家・木内克の揮毫した木製の看板が掛けられていた。


日光金谷ホテルで修業したマスターはレストランを主体に転換。
当時としては珍しいメニューが多く、洒落た洋食を出す店として評判となった。
季節ごとにイベントを催し、食事会を開いたのも水戸の草分け。
その伝統は今でも生きていて、現在のシェフに受け継がれている。

毎月29日は肉の日。と言う語呂合わせでステーキを提供している。
今月は年末と云う事で「2016肉29納めランチ」。

シェフは水戸ホーリーホックの熱烈なサポーター。
鹿島アントラーズを含めサッカーに対する情熱は熱い。

大塚さんへの尊敬と感謝をこめて「肉29納めランチ」に参戦。
11:30の開店と同時に入店したら先客が20名位。
2階・3階で何人入るか分からぬが、凄いことだ。
冬休みとあって家族連れも多く、馴染み客が多そうだ。

DSCN9924.jpg


わくわくステーキランチ¥2000(税込ミニサラダ、スープ、ライス)

マスターは現在店には出ていないが僕と同じ歳。
店中央の半地下の狭いスペースに「パイプの煙」と言うバーを開いていた時代があった。
フランクシナトラが大好きで、BGMは全てシナトラ。
僕も大好きなので曲を聴いたり話したりした。

「2016肉29納めランチ」。
何やかにやらと昔のことを思い出した。

  1. 2016/12/29(木) 20:32:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

麦とろすず膳@水戸市見川5-114

麦とろすず膳@水戸市見川5-114

DSCN7897.jpg

DSCN7905.jpg


「一周館ビル」のすぐ傍に古民家を改修して誕生した「麦とろすず」

笠間産の自然薯を丁寧にすりおろした滑らかでふわふわとした食感のトロロは好評で、レトロなインテリアと共に一気に人気店に。

台風16号の影響が夕方からと予想される中、久し振りに「麦とろすず」に。
何時も予約で満席だが、この様な日の1時過ぎにかろうじて入店。


麦とろを主とし、他の料理を組み合わせた御膳セットが幾種類かあるがランク一番の「麦とろすず膳」を

DSCN7897.jpg

ご飯・味噌汁・トロロ・香のもの・茶わん蒸しの基本セット。

DSCN7899.jpg

シャケ・肉・茄子の田楽の惣菜3種。

鮮魚のお造り(3品)、籠盛りの天麩羅。

DSCN7900.jpg


デザートはかぼちゃのチーズケーキ。
珍しい組み合わせと思うが、甘み控え目。

夕食フルコースの味と量で満足。

コーヒーは別料金だが、追加150円で。
系列のコーヒー店が「一周館ビル」1階に「ハビットコーヒーバンク」が在る。


テーブルに「TLIBECA (トライベッカ)」刷り物

訊けば今年の6月に水戸市千波1281-2・さくら通り「ラーメン高菜」の隣オープンしたビストロ。昼のランチが始まった、との案内。
こちらも、系列店らしい。
水曜休みとか、こちらも近々に出掛ける価値が在りそう。


「一周館ビル」

1993年(平成5年)5月に水戸市見川にオープンした「一周館ビル」は市街地再開発事業個人施工として注目された。
詳しくは分からないが、行政指導でなく個人の責任で開発事業を行うからかなりのリスクを伴う。オーナーの渡辺茂さんにお目にかかる機会があった。静かな方だが信念を感じた、
幾つかの難関を通過して存続し、街のシンボルとして23年間存在しているのは立派なことだ。
周辺はマンションやアスレテックなど開発が進み、水戸の西部の街の貌となっている。

  1. 2016/09/20(火) 21:48:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

リストランテ 勘十郎@水戸市元吉田町1042

リストランテ 勘十郎@水戸市元吉田町1042

DSCN7818.jpg


千波陸橋から茨城県県庁舎に通じる、通称「さくら通り」の拡幅整備が進み、特にバイパスの南側が様変わりしている。
「餃子の王将」「フライイング・ガーデン」昔からの[ステーキ・アメリカ屋」等を含め、レストランが多くなった。

その一角に「リストランテ 勘十郎」が在る。
勘十郎と言う名前からして和食屋と思っていた。

ご近所のKさんからお誘いを受け17日(土)ランチに出掛けた。

DSCN7824.jpg

倉庫を改造した、と言う店舗の一部は2階まで吹き抜け。
バーカウンターなどもあって、かなり広い店だ。

メインの料理はパスタ・リゾット・ピザなどから選ぶ。
サラダ、スープ、デザート、ドリンク付き、と言う最近はやりのスタイル。

3人で行ったので

DSCN7827.jpg


四種のチーズ(ゴルゴンゾーラ・タレッジオ・カーマンベール・モッツァレラ)のピッザ、アカシアのハチミツ入り。
チーズの塩味にハチミツの甘みが奇妙にマッチしている。

DSCN7829.jpg


浜松のアサリ・石巻のムール貝・広島ガキのパスタ。
3種の貝、どれもふっくらとしている。

DSCN7830.jpg


豚ばら肉の塩漬けとイタリー産ポルチーニ茸、いろいろキノコのオスカイボーラ・ロッソ、
塩漬豚と各種のキノコを和えたソースが独特。

の3種を注文、シェアした。

どれも、今まで食べたことが無かったのでいい経験。
特に、4種のチーズのピッザが美味しかった。

DSCN7831.jpg

この日のデザートはパンナコッタ。


  1. 2016/09/19(月) 13:42:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する