よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

逗子海岸@神奈川県逗子市

逗子海岸@神奈川県逗子市

zu1-1.jpg


鎌倉の大佛茶寮を訪ねてのち、逗子海岸に行くことに。

zu1.jpg


JR鎌倉駅から横須賀線で1つ先の駅が逗子駅。

駅前の商店街を通って、15分程度の距離だ。

zu1-2.jpg


逗子開成中学校・高等学校」が海岸の近くに在る。

1903年、東京府北豊島郡日暮里町(現・東京都荒川区西日暮里)にある開成中学校の分校第二開成中学校として設立されたが、1907年に東京開成から独立。
神奈川県下では最も歴史の古い私立男子校で、現在は高等学校からの生徒募集を行わない完全中高一貫の進学校。
海に近接した立地を生かした「海洋教育」を行うのも開校時からの特色。


「逗子なぎさホテル」跡。


zu1-3.jpg


逗子開成学園からより海岸に近いところに瀟洒な木造二階建ての「逗子なぎさホテル」が在ったはずで、探したが場所は特定できなかった。

僕が上京した1950(昭和35)年ころ、今のリゾートホテルの様な存在として、噂話を聞いたことがあって興味があった。
時代は下がるが、伊集院静の著による「なぎさホテル」(2011年、小学館)に、
彼が20代後半に広告制作会社を辞めた後、7年間(28歳~34歳)にわたっ「逗子なぎさホテル」に逗留し続けた当時の経験を、自伝的随想録として綴っている。

zu1-4.jpg


●「逗子なぎさホテル」は、1926年(大正15年)に湘南初の洋館式ホテルとして建てられ、1989年(平成元年)にその役目を終え、63年間の幕を閉じた。
存続している時代に訪ねておくべきだった、とも思った。

ちょうど夕陽が沈むころに岸辺に到達。

zu4.jpg


zu3.jpg

江の島越しに富士山を望み、渚の波音を聴いた。
正月6日、浜辺を散歩するのは地元の人たちだけだろう。

zu2.jpg


夕闇の中に佇む姿を、通りがかりの人に寫して頂いた。
  1. 2018/01/12(金) 17:28:22|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿から渋谷に・青春18きっぷ冬の陣、其の1

新宿から渋谷に・青春18きっぷ冬の陣、其の1

shi1.jpg


鎌倉の「大佛茶房廊」の営業が12月10日までとのことなので、9日の土曜日に出かけた。
土曜日・日曜日・祝日しか営業しないから、行く日が限られる。

東京駅に着いたら、JRの京浜東北・東海道・横須賀の全線が事故のため運休。
午後の1時半頃に復旧予定らしいが、駅員に問い合わせても不明だ。
ただ待つのもと思い、友人に電話をして新宿で待ち合わせうことに。

早めについたから、駅周辺を散策。
学生時代を過ごした街だが、その面影はほとんどないが

花園神社は変わらず。

shi2.jpg

紀伊国屋書店。
当時は木造で、文化人として名を馳せた田辺茂一が店主。

shi3.jpg

旧青梅街道。
南側に甲州街道。
甲州街道の京王線は。まだ地上を走っていた。

南口・西口から見えたのは東京ガスのガスタンクのみ・
今の都庁の辺りは、淀橋浄水場だった。

shi5.jpg


その頃は都電の路線が沢山あった。

shi4.jpg

江戸時代の青梅街道の絵図。
当時は内藤新宿。

shi6.jpg

「ボルガ」焼き鳥の居酒屋の有名店。

shi7.jpg

西口には戦後まもなく頃からの飲食店。
食堂が主だったが、今は居酒屋街としてもも有名だ。


60年間にすごした街だが、まるで別世界であった。

JRの京浜線や東海道線が6時頃に復旧したようだが、今から行っても帰れるはずおなく渋谷に。


渋谷は谷の街、坂道が多い。

shi8.jpg

道玄坂の「イワキの眼鏡」かってと同じところに。
この辺りも随分フラツイテいた処だ。

shi10.jpg

shi9.jpg


岡本太郎の大作「明日の神話」
JR線渋谷駅と京王井の頭線渋谷駅を結ぶ連絡通路(マークシティ内)に展示。

新宿も渋谷も大幅に変わった。
これからも変わり続ける事だろう。

  1. 2017/12/27(水) 23:42:01|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関門海峡@北九州市門司区

関門海峡@北九州市門司区

ka1_20171214172847204.jpg

博多駅から出光美術館門司に行くには、博多駅から快速で約100分で門司港駅に。

ka1-1.jpg

門司港駅
完成予想図

ka1-2_20171214172850a7e.jpg

九州の玄関口として木造2階建のルネッサンス風建築で1914年(大正3年)完成。
歴史的価値が高く昭和63年12月、鉄道駅としては初めて国の重要文化財に指定された。

※平成30年3月まで保存修理工事予定で、工事用のフェンスとシートで覆われている。

ka2_20171214172852c6f.jpg

JR門司港駅前に『バナナの叩き売り発祥の地』の記念碑。
門司港が産地台湾と最も地理的に近い関係もあって、大量荷揚げされた。

ka3_201712141728537ad.jpg

旧JR九州本社ビル
三井物産門司支店の三代目の建物として建設 され、当時は九州一の高層ビル。
昭和28年に国鉄に買収された後、平成 13年3月までJR九州北九州本社として使用。

現在は、1階に、「関門海峡らいぶ館」
関門海峡 の情報を案内人が解説してくれた。
※4年前に来た時は「門司港 観光案内所」だった。

ka4_201712141728558df.jpg

「旧門司三井倶楽部」
大正年間に三井物産の社交施設として建てられた木造2階建の洋館。

ka5_201712141728565f4.jpg

1階レストラン。

ka6_20171214172858f87.jpg

アインシュタインも大正11年に投宿したという歴史的建築物。


ka11.jpg


門司港レトロ展望室

建築家・黒川紀章が設計した高層マンション『 レトロハイマート』
31階の展望室の入場料は300円。

ka16.jpg

高さ103mから関門海峡や眼下の門司 港レトロの街並みも見渡せる。

ka8_201712141729010c0.jpg

湾内の港、旧三井倶楽部や改築中の駅舎などを望む。

ka7_20171214172859e12.jpg


栄華を誇った平家が滅亡に至った「治承・寿永の乱」の最後の戦いの地。
橋の下の辺りが関門海峡の難所、早鞆ノ瀬戸。
友人の話では、演歌のタイトルにもなっているらしい。

ka10.jpg

「門司港駅ビール」は美味しい地ビール。

風の冷たい日だったが、展望室内は快適。
関門海峡と関門橋を眺めビールを飲む気分は最高でした。。

ka12.jpg

ka13.jpg

門司港駅にJR九州の豪華列車「ななつ星」が停車していた。
豪華列車の旅は小生には無縁だが、記念に撮影した。
[関門海峡@北九州市門司区]の続きを読む
  1. 2017/12/14(木) 17:35:11|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Tabi-ぶらin真壁&石岡「古仏修復所と修復されたお像に会いに」】

【Tabi-ぶらin真壁&石岡「古仏修復所と修復されたお像に会いに」】


ta1_20170912231411d09.jpg

ta2_20170912231410a45.jpg

ta3_20170912231408f69.jpg

写真は何れも【Tabi-ぶら】山本 哲士さんの撮影。

10月28日(日)開催の【Tabi-ぶらin真壁&石岡「古仏修復所と修復されたお像に会いに」】は

ta4_201709122314074db.jpg

ta5_20170912231405a5e.jpg

●シーン1《仏像修復家・飯泉太子宗さんの工房「古仏修復工房」に伺い、仏像の修復の現場を拝見させていただく》
●昼食&シーン2【おにぎり持って!菖蒲沢薬師堂へGo!】
●シーン3【修復された神像拝観@常陸国総社宮】
と云う内容、「古仏修復工房」を拝見できる機会は貴重なので早速申し込んだ。


山本 哲士さんが主宰する「Tabi-ぶら」は主に茨城県内(時には県境の栃木や千葉も含むが)の社寺や仏像、伝統的な街並・建物、文化遺産や、景色を巡る旅の会。一般的な旅の会と変わらないように思えるが、一味・ふた味も違うのだ。

主宰の山本さんは、仏教彫刻を専攻した美術史家。
美術館の学芸員や広告会社のデレクターなども務めたマルチな才能の持ち主。
広い分野に事物に感性豊かに反応する詩人。
その様な人柄に惚れ・慕う、友人が沢山いる。

僕も以前から顔見知りではあったが、数年前に講演会の席でお会いして、交友の機会が出来た。
短い時間に共通の友人・知人も多く、永年の友と思えるように成った。

昨年の5月15日に開催された【Tabi-ぶらin「桜川」】に初めて参加した。
水戸線「稲田駅」の駐車場に集合した会員は約25人位であったか。

参加者が県内各地や東京・柏などまで地域の分布が広範囲。
会員相互で受付、行程表の制作配布、お弁当・おやつ手配など役割分担が出来ている。

第1の集合場所は稲田駅前であったが、行く先に第2、第3もあって、そこで合流や解散も可能な、実に自由な会だ。

何れも仕事を持っている現役の人達。リタイヤ組は僕を含め僅か。
途中やそれ以後の交流で分かったが、実に多彩な人達ばかりで会話が楽しい。

それ以来「Tabi-ぶら」に嵌った。

昨年実施された会で僕が参加した場所・内容を簡単に表示したが、ありそうでなさそう。マニアック場所・内容だった。

●2016年
2016年5月15日【Tabi-ぶらin「桜川」】
2016年6月19日【Tabi-ぶら棚田の緑と那珂川風情 in 常陸大宮&茂木】
2016年6月25日【Tabi-ぶら紫陽花と秘仏拝観 水郷の美 in 潮来】
2016年9月18日【Tabi-ぶらミーティング水戸 歌留談】
2016年10月2日(【Tabi-ぶら〜県北芸術祭ぶらり 山方面】
2016年10月30日【Tabi-ぶら那珂川の献上鮭と海浜鉄道にのって】
2016年12月18日【Tabi-ぶらin mito忘年会・エクセルみなみ true brew】

●2017年
1月7日【Tabi-ぶらサロン早梅を見て、鮟鱇の友酢を食べる】
2月25日【Tabi-ぶらin 美浦村・陸平貝塚の縄文の貝がら】
5月13日【Tabi-ぶらin常陸大宮「御前山、聴水庵あたり】
5月21日【Tabi-ぶらin利根川を行く. 印西・佐原 秘仏と布絵と】
6月11日【Tabi-ぶらin十王・田尻、山より海より】
7月2日【Tabi-ぶら in かすみがうら市】 
7月15日【Tabi-ぶらin里美・里美で会う美&味.】
  1. 2017/09/12(火) 23:19:28|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱根富士屋ホテル@箱根町宮ノ下/熱海~伊豆半島~箱根の旅 其の11

箱根富士屋ホテル@箱根町宮ノ下
熱海~伊豆半島~箱根の旅 其の11


fu1.jpg

fu3.jpg

fu5.jpg


箱根富士屋ホテル

「箱根の関所」を後に箱根駅伝の山下りコースと同じようなルートを辿って開産地の小田原を目指す。
Fさんの予定は、途中の強羅の「田むら銀かつ亭」で「豆腐かつ煮」を食す、というもの。豆腐屋が経営する豆腐かつ店で予約はとらないので、何時も行列の出来る所らしい。

着いてみると様子が変で、何んと定休日。

「ならば、富士屋ホテルのカレーはどう?」の提案にモロ賛成。
日本三大クラシックホテルである「箱根富士屋ホテル」は一度は訪ねたかった。

紅い欄干の手すり、桃山様式の玄関の屋根など、日本を強く意識した建築。
日光東照宮をモデルに建てらとも言われる。

fu6.jpg

fu7.jpg

fu8.jpg

fu9.jpg



広大な敷地に、いくつもの建物が散在しているらしいが、宿泊客ではないので本館の受付辺と、レストラン辺りを歩いてみた。

fu10.jpg


「カレー」でも結構なお値段。
それはそうだよね!だが「別な処にしよう」と決めた。

fu11.jpg

fu13.jpg

売店で土産用にパンなどを各自購入。
箱根駅伝で見覚えのある風景を眺めながら小田原に。

●日本三大クラシックホテル
①日光金谷ホテル(登録有形文化財・近代化産業遺産・現存最古のクラシックホテル)1873年(明治6年)6月開業。栃木県日光市上鉢石町1300
②富士屋ホテル(登録有形文化財・近代化産業遺産)1878年(明治11年)7月開業。神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359
③万平ホテル(近代化産業遺産) 1894年(明治27年)7月開業。長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢925

  1. 2017/09/10(日) 08:38:46|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する