よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「ヨコハマトリエンナーレ2017」其の2@横浜赤レンガ倉庫1号館

「ヨコハマトリエンナーレ2017」其の2@横浜赤レンガ倉庫1号館
2017年8月4日~11月5 日まで、


ak1.jpg


赤レンガ倉庫2号館会場。右側は1号館、左が2号館。
赤レンガ倉庫1号館は1913(大正2)年創建。レンガ建築技術の粋を集め建造され、世界の物流拠点として国内外の発展に寄与、1989年に役目を終え、2002年に展示スペース、ホールなどを備えた文化施設としてリニューアル。

ak2.jpg

後は横浜港大桟橋・国際旅客ターミナル。
大型のクルーズ船が停泊。

ak3.jpg

ak4.jpg

ak5.jpg

ak6.jpg




小沢剛
グローバルに活躍した歴史上の人物の海外での活動に焦点を当てた 「帰って来た」シリーズ。明治から大正にかけて活動した横浜生まれの美術史家・思想家岡倉覚三(号は天心)のインドコルカタでの足跡をたどり、現地の職人や音楽家に制作を依頼した看板絵と音楽で構成されたインスタレーション。

ak9.jpg

ak10.jpg

ak8.jpg

ak7.jpg


宇治野宗輝
美術作品の輸送に用いられる大型の木箱をビルに見立て《プライウッド新地》
家電製品や改造されたギター等が動きや音を発し、光と映像と共に演劇的な空間が現出。動きを小型カメラで撮影しノイズのような音とリンクする。
近代の文化を再定義するサウンド/スカルプチャー/パフォーマンスの複合プロジェクト。


  1. 2017/08/24(木) 22:27:08|
  2. 美術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ヨコハマトリエンナーレ2017」其の1@横浜美術館

「ヨコハマトリエンナーレ2017」其の1@横浜美術館
2017年8月4日~11月5 日まで、


yo1.jpg

現代アートの国際展「ヨコハマトリエンナーレ 2017」が横浜美術館や横浜赤レンガ倉庫、横浜市開港記念会館地下などで開催 されている。

タイトルの「島と星座とガラパゴス」接続や孤立、想像力や創造力、独自性や多様性を表すキーワード。
「接続」と「孤立」相反する価値観が絡み合う世界の今を考える展覧会。

yo2.jpg

yo2-2.jpg

アイ・ウェイウェイ
横浜美術館の外壁と柱に、救命ボートと難民が実際に使用した救命胴衣を用いて、難民問題に関する大型インスタレーション。

yo3.jpg

yo3-2.jpg


ジョコ・アヴィアント

2000本のインドネシアの竹を持ち込み、独自の手法で編み上げたダイナミックな作品。
インドネシアでは、古くから家屋や日用品の素材として親しまれてきた。
「自国で失われつつある伝統文化、人間と自然の共生について考える」と云うことだが、そっくりそのまま日本にも当てはまる。
日本の竹の文化も伝統がある、より多くの使途が有る資源だ。

yo4.jpg

マップオフィス
島や領海、領域をテーマに島と云う存在の多義性を読みとる。

yo5.jpg

ミスター
アニメやゲームキャラクター風の少女像など。
日本独自の進化を遂げた「ガラパゴス」的なオタクカルチャー。

yo6.jpg

アン・サマット
スプーンやネジ、パソコン基板などが工業製品や日用品が編み込まれている。

yo7.jpg

yo7-2.jpg

畠山直哉
東日本大震災の被害を受けた故郷・陸前高田の連作。

yo8.jpg


全ての作品の写真撮影が出来ます。
最近、写真撮影が可能な美術館・博物館の展示が増えている。
幾つかの問題はあるにせよ、良い事だと思う。
多くの施設で撮影が出来ることは嬉しいことだ。

yo9.jpg

木下晋
10Hから10Bの鉛筆を駆使して描き出す人間の存在を浮かび上がらせる光と影。

yo10.jpg

マーク・スティファニー
薄い構造物なのに、錯覚によって無限のトンネルが出現。

yo11.jpg


オラファー・エリアソン

横浜美術館には28人の展示でこの3倍が展示されていた。

  1. 2017/08/24(木) 17:29:03|
  2. 美術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャコメッティ展@国立新美術館

ジャコメッティ展@国立新美術館
2017年6月14日(水)~9月4日(月)



al7.jpg

al8.jpg

al9.jpg


身体を針金や棒のように延ばした彫刻で知られるアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)はスイスに生まれでフランスで活躍した彫刻家。
彫刻が量感を重要視したのと正反対に針金のように細く・長く、薄く。
対象を見えるまま、感じるままに観るという特異な造形で世界を魅了した。

老人が夕陽を浴びて港を散歩する老人の影が、細く長く延びて揺れ動く映画のシーンを見て「ジャコメッティのようだ」と思ったのが1970年頃だ。

1990年頃にデンマークに旅し、コペンハーゲンの北35kmの街に在る「ルイジアナ現代美術館」を訪れた。
この美術館は海沿いの地形に沿うように回廊型の展示室が続く独特の美術館。

その中の1つが、ジャコメッティーが展示されている部屋で、「歩く男」を始め沢山の作品に初めて出会った。その後は観る機会がなかった

今回、ジャコメッティを所蔵する国内外のコレクションの協力で、初期から晩年まで、彫刻、油彩、素描、版画など、132点が出展された。
特に、南フランスに在る「マーグ財団美術館」のコレクションが加わり、大回顧展となった。

1室・初期・シュルリアリズム
30年代、サルバドール・ダリやアンドレ・ブルトンに誘われたジャコメッティは彼らが活動するシュルレアリスムグループと近づき、制作した。
この頃の代表的な作品は、頭蓋骨や“死”のイメージなど、当時の彼の体験や関心を反映した《鼻》がある。

al4-1.jpg

《鼻》1947年、ブロンズ、針金、ロープ、鉄


al4-2.jpg

2室・小像。 
1935年から1940年代前半は、モデルと向き合いながら独自の造形を模索する作業に没頭。その過程で極端に小さな彫刻が作られた。

「見たものを記憶によって作ろうとすると、彫刻は次第に小さくなった。
それらは小さくなければ現実に似ないのだった。それでいて私はこの小ささに反抗した。倦むことなく私は何度も新たに始めたが、数か月後にはいつも同じ地点に達するのだった」と述べている。

6室・モデルを前にした制作

al4-3.jpg

《ディエゴの胸像》1954年、ブロンズ豊田市美術館

8室・矢内原伊作
ジャコメッティ芸術はモデルとの対峙が重要な点で、日本人哲学者・矢内原伊作(1918-1989年)は長時間に渡る制作と向き合うことができた数少ないモデルとして知られている。
彫刻ができるまでに描かれた数多くの油彩画やスケッチも、見どころの1つ。

9室・パリのアトリエ
ジャコメッティは、1926年、弟のディエゴとともに、モンパルナスのイポリット=マンドロン通り46番地のアトリエを借りた。
その後、アネットと暮らすようになっても、金銭的に余裕ができても、生涯この場所を離れることはなかった。建物の門を入ると細い通路があり、右側は鋳物職人をしていたディエゴのアトリエ、向かいがジャコメッティのアトリエ、その隣の一室が居間と寝室を兼ねた部屋。

●「マーグ財団美術館」
設立したのは、高名な画商として活躍したエメ・マーグと妻マルグリットで、1964年、ニース近郊サン=ポール・ド・ヴァンスに開館した。

マーグ財団美術館には、「ジャコメッティの庭」と呼ばれる中庭がある。
米国のチェース・マンハッタン銀行のために構想し、その後、独立した作品として鋳造された彫刻群を設置するために造られたもの。

al1.jpg

al2.jpg

al3.jpg

al6.jpg

今回の展覧会には、この作品群が展示されていた14室は圧巻。
この部屋は撮影が自由。

今回の展覧会で全貌を知ることが出来たことは嬉しい。
  1. 2017/08/17(木) 20:13:33|
  2. 美術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧白洲邸 武相荘・其の壱@東京都町田市能ヶ谷

旧白洲邸 武相荘・其の壱@東京都町田市能ヶ谷

s12.jpg


s4_20170415234649239.jpg


s1_20170415234656f87.jpg


念願であった白洲次郎・正子夫妻の旧居「武相荘」(ぶあいそう)を訪ねた。
武蔵と相模の境にあるとういうことで命名、昭和18年に移り住んだ当時は邨だったようだが、今では周囲は全て住宅地だ。

s1-3.jpg

白洲邸は、今もなお山の全てが敷地で何千坪か有りそうだ。


s1-1.jpg

門の手前のガレージにクラッシクカーが。
車好きであった白洲次郎が神戸時代に愛用した車とほぼ同じ仕様の車が展示されていた。

s2_20170415234654c58.jpg


入り口の門。

s3_2017041523465310e.jpg


次郎作の新聞・郵便受けの表示板。

s3-2.jpg


門を入って直ぐに納屋の1階は使用した農機具など。

s-3-3.jpg


納屋の2階は「ホームバー」と遺品なども展示。

s4_20170415234649239.jpg


奥が母屋、手前は現在レストランとして営業。

s-5.jpg


茅葺屋根の母屋。
養蚕農家だった民家を改造した。

母屋は「ミュージアム」として使われている。

s5-2.jpg


至る所に「壺」が在る。

s10_20170415234646e91.jpg


s11.jpg

s13.jpg


裏山の一部は散策路、途中に石仏や宝塔が配されている。


  1. 2017/04/15(土) 23:54:20|
  2. 美術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すみだ北斎美術館.@墨田区亀沢2-7-2

すみだ北斎美術館.@墨田区亀沢2-7-2
開館記念展「北斎の帰還-幻の絵巻と名品コレクション-
2016年11月22日(火) 〜 2017年1月15日(日)


DSCN9795_20161225194347120.jpg

pチラシ

1北斎


葛飾北斎(1760-1849)は江戸時代後期の浮世師。
森羅万象を描き、90年の生涯に3万点を超える作品を発表、版画のほか肉筆浮世絵にも傑出していた。ゴーガンなど後期印象派の人達にも大きな影響を与えた。
「為一」を始め「画狂老人」「卍」など、改号すること30回。
93回を重ねた転居でも有名で、画料はかなり入ったにも関わらず、質素な生活で金銭にも関心が薄く、興味は描くことだけの生活、トラブルも多い奇人としても知られる。
代表作に『富嶽三十六景』や『北斎漫画』などが著名だ。

東京都墨田区が、世界に散逸した北斎の名品を生誕の地すみだに再び集め、北斎専門の美術館で展示しようとして誕生したのが「すみだ北斎美術館」。
2016年11月22日(火)に開館した。

建築地は、江戸時代に弘前藩津軽家の大名屋敷。
現在の墨田区北斎通り付近にあたる本所割下水で、およそ90年にも及ぶ長い生涯のうち、そのほとんどを「すみだ」で過ごしたといわれる。

「蔵前国技館」や「東京都江戸東京博物館」から徒歩10分位の墨田区亀沢。

DSCN9786.jpg

設計は茨城県日立市出身の妹島和世で近未来的な外観。

館内は4階に常設展示室、3〜4階に企画展示室を配置

序章「北斎のイメージ」、
1章「北斎の描いたすみだ」、
2章「幻の絵巻-隅田川両岸景色図巻-」
3「名品ハイライト」、

両岸図

両岸絵図

巻末

「隅田川両岸景色図巻」
約100年余りも行方知れずとなっていた幻の絵巻「隅田川両岸景色図巻(すみだがわりょうがんけしきずかん)が、平成27年に再発見され、海外から日本へ里帰りした。


北斎・応為

門人の露木為一が描いた北斎と三女のお栄(葛飾応為)

こたつに半分入りながら熱心に絵を描き、一緒に暮らす娘の阿栄が傍らで見守っている。三女のお栄(葛飾応為)は北斎の助手もつとめた浮世絵師。

アトリエ

絵を基に再現した像。

漫画

『北斎漫画』 53歳ごろ〜

富士


『富士越龍図』
肉筆画(絹本着色)。嘉永2年1月(嘉永二己酉年正月辰ノ日。1849年)、落款は九十老人卍筆。

浮世絵や版本は小さく、肉筆の浮世絵も掛け軸の大きさ。
しかも、退色しやすいから強い光を当てることも出来ないし、長期に渡る展示も難しい。

DSCN9793.jpg


現在は開館記念展で多くの来館者があるが、DVDや光学的な展示など、工夫はしているが、リピーターの確保など長期のサイクルでみる運営は多くの問題を抱えているように思えた。
  1. 2016/12/25(日) 19:49:55|
  2. 美術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する