よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

窖(あなぐら)@台東区浅草2-2-1 伝法院通り 森田ビル1F

窖(あなぐら)@台東区浅草2-2-1 伝法院通り 森田ビル1F

iso6.jpg


iso1.jpg


笠間市稲田の磯蔵酒造が東京浅草「浅草寺」脇に2017年6月1日開店した「窖(あなぐら)」は直売処でありながら。
『磯蔵酒造の酒「稲里」の販売はもちろん、当蔵の考える日本酒文化の素晴しさを、浅草から都内、国内、そして世界へと発信いたします。』

ということ、どの様な処か、訪ねたいと思っていた。

本所吾妻橋ドジョウの「ひら井」に行く途中にちょっと立ち寄り。
日を改めて伺います。

iso3.jpg

「伝法院通り」通りに面していますが、通路の奥。

iso2.jpg

ひょうきんな狛犬がお出迎え。


iso4.jpg

溶岩の洞窟(CAVE)で出来た店内には、たくさんの酒や酒器などが。

iso5.jpg


五代目 蔵主 磯 貴太さん、始め笠間の友人達を含めたスタッフが選び抜いた品々が並び、狭い空間だが充実している。

お試しセット等の試飲も出来ますが、この日は先を急ぐので次回に。
開店当初の目的の種、これからもイベントなども企画されるのを楽しみにしている。
  1. 2017/10/11(水) 09:04:49|
  2. 街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミニカーの店・リトルレガード@丸井水戸店7階

リトルレガード@丸井水戸店7階

P3052036.jpg

3月14日のダイヤ改正で「上野東京ライン」が開通し常磐線特急も品川駅まで乗り入れになる。
宇都宮線、高崎線などは東海道線への直通も出来て便利になるようだが、常磐線は品川止まりで、残念ながら利便性は少ない。

梅祭りと年度末に伴って水戸駅の乗降客が増える季節だ。
しかし、南口のデッキ広場はイベントもあるし賑わいがあるが、北口は年々寂しくなっている。
丸井水戸店も知恵を絞って魅力向上に努めている。

P3052035.jpg

P3052033.jpg

P3052034.jpg

7階のメンズ売り場に、ミニカーのリトルレガードが開店した。

泉町3丁目に本店があるリトルレガードの丸井店、と云う訳だが、本店と扱う品種は異なり、関連雑貨などを揃えている。

リトルレガードはマニアックなミニカーの店として、県外のお客も多い。
商店街の振興に市町村が助成金を投入したりしているが、基本的には、他にはない店、わざわざ行く価値のある店であることだろう。

小さくとも特色のある店が増えることが街の魅力を向上させる。

P3072057.jpg

本店は水戸市泉町3丁目7-30 ラ・フォンテーヌビル1F
  1. 2015/03/08(日) 22:51:31|
  2. 街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

着物の戴き物

着物の戴き物

P3140002.jpg


和服を着る人が少なくなってしまった。
このままでは、急速に姿を消してしまのではないか、と心配だ。

着付けや小物の取り合わせなど難しいことも沢山あるが、着てみることが必要と、思っている。
着付けの方法は適当だが、恥はかき捨てと、実践するようにしている。

たまたま、着物姿を見た友人が「父親が着ていたものですが」と袴やコートを含め、何着かの和服を持参してくれた。

せっかくの好意、ありがたく使かわせていただくことに。

枯れ木も街の賑わいと、自己弁護しながら街を散歩している。
水戸の街を見直す機会と心得てブラブラしているが、見たい店があまりないのが残念だ。
以前なら、立ち寄る店が沢山在ったのに。

P3140003.jpg


P3140001.jpg


水戸市南町3丁目の「平本花園」は植木苗や鉢植えの花など、四季を問わず楽しめる。今は、沢山の椿の苗木が並んでいる。
街中に植木屋さんは珍しい存在だろう。
旧市街地の衰退は何処の土地でもあるだろ云うが、個性が有れば存続しえる。

P3140004.jpg

P3140005.jpg


改良品種だろうが、茶花に最適な藪系の数々に見惚れた。
  1. 2014/03/14(金) 20:43:29|
  2. 街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

博多の街を自転車で

博多の街を自転車で

P6270299.jpg


レンタサイクル「福チャリ」で自転車を借りて市内の探索に出かけた。
限られた時間の中、出たとこ勝負とする他ない。

P6270303.jpg

P6270307.jpg

「博多伝統工芸館」博多帯や博多人形などの伝統工芸品を展示していた。
博多人形。しみじみ見ると素晴らしいですね。
祇園山笠の、装飾の一部に博多人形が使用されるようです。
『博多っ子純情』の作者長谷川法世氏が館長を努めているらしいが。常勤ではないでしょうけれど。

聖福寺・東長寺・承天寺が博多の三山とか、近い所に在る。

P6260252.jpg

P6260254.jpg

聖福寺
臨済宗妙心寺派の寺院。栄西創建で、日本最初の禅寺として有名で格式を感じます。

P6260259.jpg

東長寺
弘法大師空海が創建と言われ。九州における真言宗九州教団の拠点寺院。

P6260263.jpg

承天寺の一画の「うどんの碑」
聖一国師により創建された。聖一国師は仏教の教義以外にうどん・蕎麦・羊羹な度も伝えたといわれる。

P6250155.jpg

博多駅ビル。
九州・福岡を代表するターミナル駅で、九州最大の駅でもある。
九州新幹線開業の2011年(平成23年)に開業した。
P6270314.jpg


博多駅東側に縁のある方のビルを訪ねに。
駅の中は自由通路で、自転車の押し歩きが出来ます。便利です。

駅から住吉通りを経由して天神に向かう途中、那珂川に架かる柳橋のたもとに、柳橋連合市場。


東側の或るビルを見たいと思っていたので、駅をめざす。

P6270325.jpg

P6270334.jpg

「柳橋連合市場」市場と言って魚屋や八百屋、50軒がアーケードの中に軒を連ねる。「博多の台所」とも呼ばれる。

買った魚を、さばいてトレーに入れ醬油とお箸をつけてくれる。

鯛とうちわ海老を買い、刺身にしていただきました。
空き店舗利用のお休み所で、食べることが出来ました。
  1. 2013/07/08(月) 17:31:11|
  2. 街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

串カツ&明石焼き

串カツ&明石焼き

CA3G0026_20130531075736.jpg


京都で開催された「佐竹律香 シャンソンコンサート」を目的の京阪の旅だったが、せっかくの機会、出来るだけ多くの体験をしたいと思った。

幸いなことに、友人のTさんは大阪在住、JR大阪駅中央案内所にて待ち合わせた。
歩いて5分足らず、阪急電車の高架下?間口2間位の小さな飲食店が軒を並べているところに。
大阪と云えば、たこ焼きや串カツが思い浮かぶ。
水戸に暮らしていると、それらを食する機会は少ない。

CA3G0022_20130531075739.jpg

Tさんにお願いし、先ずは「たこ焼き」入った店は「明石焼き」或いは「玉子焼き」とも呼ぶそうで、見た目はタコ焼きで、中身もタコだが、外側は小麦粉でなく玉子焼き。食感の違いは歴然だ。

CA3G0027_20130531075735.jpg

次には串カツの店。
厨房を真ん中に、コの字型にカウンターが取り巻いている。

CA3G0025_20130531075738.jpg

立ち飲み・立ち食いのスタイル。
大阪では一般的なスタイルらしい。
2時頃と中途半端な時間なので空いていたが、夕方は立すいの余地なし、じょうたになるとのことだ。

大降りに刻んだキャベツとソースは底板らしい。
取り混ぜて5本も頼み、生のキャベツをバリバリと食べれば充分だ。

大阪は東京と同じように高層ビルが立ち並らぶが、浪速の人情と活気が伝わってくる感じは大いに異なる。

  1. 2013/05/31(金) 08:00:59|
  2. 街歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する