よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

ジャズ喫茶ちぐさ@横浜市中区野毛町2-94

ジャズ喫茶ちぐさ@横浜市中区野毛町2-94

DSCN4102_201702031714596fc.jpg

DSCN4103.jpg


桜木町から「野毛たべもの横丁」に向かう途中に「MODERN JAZZ CHIGUSA」
の文字の書かれたテントがあった。

「CHIGUSA」は老舗のジャズ喫茶で名前は知っていたが、野毛に在るとは思わなかった。食後に、久し振りにジャズ喫茶でコーヒーを飲むことに。
「Bistro Graine Marche」であれこれと食べて飲み、大満足で立ち寄ったらすでに閉店。平日は午後6時までの営業時間でした。

翌日、「親子カフェ・ことろん」を見学させてもらい時代は変わったと、あれこれ思いを巡らした。
有楽町での同窓会に参加する前に桜木町で下車し「ジャズ喫茶ちぐさ」に。

椅子席が約20位か、落ち着いた店だ。
ピアノもあって、時にはライブが。

DSCN4109.jpg

大きなスピーカーが中央にドーンと。


昭和8年(1933年)吉田衛(よしだ・まもる)さんが創業。
生涯はジャズと共に在り続けた人物らしい。

DSCN4115.jpg

肖像写真のプリントされた皿が、店内を見守っている。

創業当時と場所を移して再建されたが、以前と同じような雰囲気なのだろう。

DSCN4110_20170203171408e45.jpg

DSCN4111.jpg

DSCN4112.jpg


現在「ちぐさ」は一般社団法人となり、イベント主催等様々な公的活動を続けながら、ボランテアの人達の協働で営業している。
3人位が働いておられたが、皆さん感じが良い方ばかりだった。

DSCN4104.jpg

メニューは飲み物@500円。
生ビール@700円もあり。

DSCN4108.jpg

テーブル持ってきて頂いたのは2冊の分厚いレコードリスト。
レコードのタイトル、曲名・演奏者などが纏められ、番号が振られている。
お好きな曲をリクエストください。と云う事で、先着順にかけてくれる。


昔のジャズ喫茶の雰囲気だが、堅苦しさは無く、気軽に過ごせる。
懐かしい気分で、小一時間を過ごして辞した。

横浜のジャズ喫茶のパンフレットが在ったが、現在でもかなりの数が営業している。今も、横浜はジャズの街らしい。

DSCN4105.jpg


●昭和35(1960)年に高校を卒業し、新宿の服飾専門学校に入学した。
当時は、アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズの「モーニン」や「ブルース・マーチ」がヒットして「モダン・ジャズ」が風靡した時代で、一気に虜になった。
ハンチングを被った黒人ミュージシャンの「ファンキースタイル」憧れ、真似したりしたが、今に思えば笑いたくもなるが懐かしい。
新宿には幾つかのジャズ喫茶があって、学校の帰りは必ず立ち寄り、半日を過ごすようになった。主には南口の「ヨット」か「渚」都電の停留所前の「木馬」辺りだったが、「キーヨ」は敷居が高い店だった。「風月度」は多くの人の溜まり場で、屯していた人の中には後に有名になった人が大勢いる。

レコードや再生装置が高価で普通の家には無かったから、ジャズ喫茶で聴くのが当然の時代だった。
レコードは輸入盤で、手に取って見ることも出来ないので、カウンターの上に置かれたジャケットの絵柄を見て演奏を聴くのだから、プレーヤーの名前も良く分からず、ただ、ひたすら聴くだけ。話をすると厭な顔をされた。

今思えば、もったいない過ごし方をしたものだが、後悔、先に立たず。
以來、当時のままの好みから脱却できずに50年以上が過ぎた。

  1. 2017/02/03(金) 17:21:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

野毛たべもの横丁 @横浜市中区野毛町

野毛たべもの横丁 @横浜市中区野毛町

DSCN4085_20170201175338f55.jpg


東博の「春日大社展」、國學院大學博物館の「火炎土器展」、川崎の「ラ チッタデッラ」を巡って、夕方5時「桜木町駅」で中学・高校時代からの友人Fさんご夫妻と待ち合わせた。

今回の旅の発端は「在京35会の新年会に出席しませんか」とFさんからの誘いを受けたことに始まる。昭和35(1960)年に高校を卒業した同窓生で、在京生のゴルフ会が年に数回、開かれて1月は新年会。僕は水戸在住だから出席したことは無いが「前日に横浜で待ち合わせ、野毛の露天風なビストロに行き、その後、我が家に泊まって、翌日、同窓会に行くのはどうか?」との話が纏まったからだ。

徒歩で5分足らずの「野毛」に。
第二次世界大戦終結直後に伊勢佐木町や港湾施設など横浜市の中心部の大半は進駐軍に接収されていた時代でも、野毛は日本人街の中心として機能していた名残で今でもレトロな飲食街が広がっていた。

「野毛たべもの横丁」

横丁は既存の建物を何分割かに仕切って2012(平成24)年の4月にオープンしたらしい。
水戸でも2015年、大工町の川上陶器ビル1階に「みと楽横町」が誕生したが、今は全国の各地に同様なものが出来ている。

野毛

水戸と異なるのは立喰寿司、ホルモン焼、スナック、居酒屋、鉄板焼き、串カツ、ビストロと多様な店が並んでいることかな。


ご案内頂いたのは

ワインとストウブ料理Bistro Graine Marche(ビストログレーヌマルシェ)


DSCN4075.jpg

横丁

黒板にメニューが書かれているが、小さな厨房の割には本格的な料理が並んでいる。

料理や飲み物などFさんご夫妻にお任せ。

DSCN4076.jpg

DSCN4080.jpg


DSCN4081_20170201175534730.jpg

DSCN4084.jpg

前菜から始まって、いろいろと注文されたが、食べるのと話に夢中で雑駁な写真ですが、想像して下さい。

DSCN4077.jpg

特に印象的だったのはムール貝の酒蒸し。
久し振りに食べたムール貝はとても旨かった。

IMG_5564.jpg


Fさんご夫妻、ご馳走頂き有難うございました。

●桜木町
歴史を辿れば、桜木町は初代横浜駅があり、初代新橋駅があった汐留と並ぶ日本の鉄道発祥地である。
上京した昭和35(1960)年から何度か横浜に行ったが「桜木町」が国電と東横線の終着駅で、中華街には桜木町からタクシーを使った。
駅前の掘割には廃船が繋がれ、廃墟的な雰囲気でもあった。

1964(昭和39年)年に根岸線の桜木町 ~ 磯子間が開業して終着駅ではなくなり、海側は、その後の開発で「みなとみらい地区」が誕生して、かっての面影はまるでなくなり近代的な街に変貌した。

  1. 2017/02/01(水) 18:05:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

長浜観音ハウス@台東区上野


長浜観音ハウス@台東区上野


DSCN9782.jpg


上野のお山の下に出来た「長浜観音ハウス」滋賀県長浜市が創った情報発信の拠点。
何か月回一度、長浜の観音様がお出ましに。

DSCN9783.jpg


高月町横山 横山神社 馬頭観音立像
平安~鎌倉時代 木造 素地 彫眼 像高・99.6cm

馬頭観音でありながら、怒りを内に秘めた静かな表情は、平安時代末期、藤原時代に造られたことを物語る。

青春18切符、冬の陣の第一弾は東京日帰りの旅。
上野から両国へ 其の弐

  1. 2016/12/23(金) 22:51:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

石岡のレトロな街中を散策

石岡のレトロな街中を散策

DSCN9413.jpg


百里基地の航空祭を見学し、日常の暮らしではあまり関心を持たない防衛のことなどについて考える機会を得た。

おおよその展示を見たし、目的のブルーインパルスの曲芸的な飛行見ることが出来たので早めに退散することに。
基地内のバス乗り場から石岡駅行きのシャトルバスが運行されている。
午後2時発に乗ったが、混雑を避けて大回りなのか石岡駅まで1時間を要した。

645年、大化の改新によって国府が置かれて以来、石岡は常陸國の中心として栄えた。
国府跡、国分寺跡、国分尼寺跡などもある。
常陸國総社宮も在り、秋の例大祭は盛大だ。

昭和4年に石岡を襲った大火以前、或いは大火後の建築が多く残されているのを見るのは、石岡散策の楽しみ。

DSCN9412.jpg

すがや化粧品店。

DSCN9411.jpg

栗山呉服店。
この路地は石畳。かってはこの辺りが賑わったとか。


きそば東京庵、
以前の訪問時に蕎麦を食べた。

DSCN9414.jpg


十七屋履物店・久松商店・福島屋砂糖店と3軒並んでいる。

DSCN9413.jpg

大火後の看板建築の先駆け。
現在でも下駄や草履を商っている。

DSCN9424.jpg


丁子屋は大火を免れた江戸時代末期の商家建築で、かっては染物屋。
現在は観光施設「まち蔵藍」

DSCN9420.jpg

DSCN9423.jpg


奥の部屋は喫茶室、コーヒーを戴く。

DSCN9431.jpg

DSCN9429.jpg


ケーキとパンの店「シャンティ洋菓子店」の若主人。
先代は「近清」という菓子問屋だったとか。
街の衰退に歯止めをと数年前に「シャンティ洋菓子店」を創業。
石岡の歴史を熱く語ってくれた。

DSCN9430.jpg

今は無き「高喜」石岡一番の小売商の記念誌を見せてくれた。
親戚筋らしい。

石岡の中心街の衰退は水戸より激しいが、
水戸の未来の姿かもしれない。
しかし、「シャンティ洋菓子店」の主人のような存在がある限り存続するだろう。
  1. 2016/11/28(月) 21:37:38|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

JR日光線「日光駅」


JR日光線「日光駅」

DSCN7726.jpg


青春18切符の良さは、目的地を決めずJR線であればどこへでも行けること。
ポケット版の時刻表を見ながら行き先を適宜に変更できる。

宇都宮から小山に戻り両毛線で「蔵の街」栃木に行く予定を立てていたが、宇都宮発の「日光線」に乗って日光に行くことに。

日光には何度も行っているが、バスか車で日光線に乗ったことはなかった。

宇都宮駅 =日光駅間 (40.5km 約45分・全線単線運転)
宇都宮=鶴田=鹿沼=文挟=下野大沢=今市=日光

全線にわたり長大な橋梁・トンネルは無かった。
日光に向かうに従い標高を増すのだろう、かなり激しく揺れを感じる所もある。
日光例幣使街道が並走しており、道沿いには日光杉並木が何度も姿を現す。
18切符は途中下車が可能だから、途中下車して杉並木を歩いてみようとも思ったが、30分、或いは1時間後となってしまうので断念。


DSCN7728.jpg


JR日光駅駅舎
2代目駅舎として1912年(大正元年)8月25日に落成。
ネオ・ルネサンス様式のハーフティンバー様式木造洋風建築2階建。
築後100年以上を経過した風格ある駅舎に感激。
この駅舎を見ただけで日光線に乗った価値が在った。

DSCN7729.jpg

日光駅を降り杉並木を歩いてみた。
この辺りは、脇を車が走っているので趣は少ない。

DSCN7733.jpg

東武鉄道「東武日光駅」
東武日光線のほうが観光客には便利なのか、駅舎が大きい。

DSCN7732.jpg

日光市役所日光行政センター。
日本風な建築だ。
市役所の本庁舎は今市にある。

DSCN7731.jpg

日光に来ると大体立ち寄る「鬼平の羊羹本舗」
「おにへい」と呼んでしまいそうだが「きびら」
「水ようかん」が有名、
冷蔵庫が無かった時代は冬しか作っていなかったが、逆に夏の方が多いだろうな。

駅からここまで2キロ位か。
せっかく日光まで来たのにここで折り返し、日光駅まで下る。
短い滞在であったが、それでも楽しい時間だった、

「青春18切符」は利用した事のない路線に乗ったり、車窓からの景色を楽しむ、各駅に降車して街歩きを楽しむ等、人それぞれの楽しみ方がある。
  1. 2016/09/15(木) 04:29:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する