よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

さかなの圓坐@水戸市南町2丁目4-24

さかなの圓坐@水戸市南町2丁目4-24

e2_20170213002406d5a.jpg


旧黒羽根町のエリアだが若干異なって裏南町。
「カメソー」があった時代は大賑わいで「抗木ビルの1階2階にはお洒落なb店が在った。
死んでしまったが清水君がやっていた「ベストベッツ「は最たる店だった。

その後、期待に反し停滞しているが、頑張っている店もある。


大洗・那珂湊であがる地魚を肴に地酒が飲める「さかなの圓坐」

e1_20170213002406d01.jpg


e3_20170213002405a0a.jpg


今晩は一品の燗酒と、太刀魚の刺身。

行けば、誰かが居るが今日は誰もいない。
年度末を迎え皆さん忙しいのだろう。


  1. 2017/02/13(月) 00:26:05|
  2. 居酒屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【Tabi-ぶら忘年会 in 水戸】@「エクセルみなみ4階 true brew」 

【Tabi-ぶら忘年会 in 水戸】@「エクセルみなみ4階 true brew」 

DSCN9663.jpg

DSCN9667.jpg

DSCN9683.jpg



本年の5月15日に、山本 哲士さんが主宰する旅の同好会「Tabi-ぶら」の「この道行けば、とっぷり桜川」に参加した。

早苗が植えられたばかりの棚田、桜川磯部稲村神社、月山寺美術館、富谷観音、薬王寺。身近な所にこの様な素晴らしい景観や寺社が遺されているのに感激した。そればかりでなく、参加者の人柄の良さとそれぞれの特技や豊かな才能にも魅了されて嵌ってしまった。

それ以来立て続けに、
6月25日「潮来の初夏の一日」。
7月9日「アイツんとこに行ってみようか。to 牛久&石岡」
10月20日「県北アート・海岸ルート」
10月30日「那珂川の献上鮭と海浜鉄道に乗って」
と参加し会員の名前や顔を覚え、新参者ながら仲間と認められるようになった。

そして、年末となり忘年会のお誘い。
12月17日(土)は水戸地区の忘年会。

会場は水戸駅ビル「エクセルみなみ4階 true brew」
ネストビールでおなじみの木内酒造直営のビアレストラン。

主宰の山本さんを中心にサポートメンバーが役割を分担する、とても民主的・自主的な集いだけに忘年会の雰囲気もすこぶる宜しい。

、水戸駅旅ブラ


2忘年会

DSCN9671.jpg

DSCN9676.jpg

DSCN9673.jpg

飲み放題・食べ放題のコースに大満足。

DSCN9680.jpg

DSCN9681.jpg

メンバーの皆、来年も宜しくお願い致します。

  1. 2016/12/19(月) 23:36:53|
  2. 居酒屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もつ焼 長兵衛@水戸市宮町3-2-21

もつ焼 長兵衛@水戸市宮町3-2-21

DSCN0814.jpg


JRの「青春18切符」を購入したので、通常は高速バスを利用している東京行きも今回は水戸駅からの発着だ。
帰途、駅から銀杏坂を登ってきて、八百徳とミナトヤの間の路地の角。

先日、再開されたニュー「五一小屋」に行ったが、「長兵衛」にも暫くご無沙汰と思い、立ち寄ることに。

DSCN0978.jpg

元気印の女将さんは帰られたらしいが、3人組の美女軍団がチームワーク良く店を切り盛りしている。

トンもつ焼・もつ煮込みが看板だが、特製さつま揚げ・厚揚げなどを含め、季節の手作りの料理がある。

DSCN0968.jpg

地酒の「一品」。

DSCN0969.jpg

継ぎ足しのタレの甕、年期入ってます。

DSCN0970.jpg

当然、炭火焼きです。

DSCN0974.jpg

シロとレバー
DSCN0973.jpg

タン塩

DSCN0971.jpg

アナゴ煮

DSCN0976.jpg


DSCN0979.jpg

ホーリーホックのポスターも。
  1. 2015/09/02(水) 03:57:06|
  2. 居酒屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニュー「五一小屋」@水戸市南町

ニュー「五一小屋」@水戸市南町

DSCN0822.jpg

DSCN0820.jpg


水戸協同病院の周辺「くろばね商店会」は飲食店が多い。
南町の大通りから千波大橋方面に入った地域だが、路地裏の雰囲気があふれ、四谷の荒木町の様になる要素が有ると思っている。

「茶の間」や「長兵衛」などの老舗は健在だが「五一小屋」は今年に入って閉店した。店主の斎藤 修一さんが体調を崩してしまったことによる。

「五一小屋」の家庭的な雰囲気や手作りの料理を愛し、懐かしむ人が多かった。
再開を望む人たちが「斉藤さんが回復された際の場所を確保しておきたい。」との願いが実って、ニュー「五一小屋」として再開したという話を聞いた。

水戸生涯学習センター(旧県庁舎)で開催された「なつかし映像タイムトラベル」に出席して、水戸や茨城の昭和の映像を観た。

DSCN0812.jpg

懐かしさに浸った余韻をもとめ、ニュー「五一小屋」に立ち寄った。

既に、先客が何組か。
たまたま、知り合いもいたので隣り合わせに。

DSCN0807.jpg

カウンターの中には外人と目鼻のぱっちりしたお二人。
訊けばご夫婦、とのこと。
奥様のマリコさんは日本人で、フラメンコスタジオの主宰者。
ご主人はスペイン人だが、フラメンコはまるで出来ない、らしい。

話によれば、都合3組6人がローテーションを組んで持ち回りで店を運営するシステムらしい。
2日おきに店主が入れ替わるユニークな酒場、と云うことだ。

料金は一定にしてもお通しや、料理はその日によって変わることになる。

DSCN0809.jpg

この日はスペインらしく「蛸のマリネ」

酒は稲田の「磯蔵」と金砂郷の「剛烈」の日本酒と焼酎が主力。
どちらも、僕の1級先輩の地酒の蔵元。

DSCN0813.jpg

マリコさんが出演するフラメンコのイベントのポスターが貼ってあった。
このイベント、フラメンコに興味が有るので行ってみようと思っていた催事。

何組かで営業する、少しばかり複雑な運営。
皆さん仲良く、楽しい店にして下さい。
斎藤さん、復帰を待ってますよ!
  1. 2015/08/28(金) 19:48:58|
  2. 居酒屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イチロー選手も通ったというお好み焼き屋@神戸三宮

イチロー選手も通ったという、お好み焼き屋@神戸三宮

PAP_0119.jpg

6月の末に高野山・熊野三山を巡る旅をした。
お手軽なパックツアーで茨城空港発着は便利だ
午後5時に離陸して神戸空港まで約1時間、空港から三宮までアクセスも良い。
茨城空港の開港以来、関西・九州・北海道へ時間が短縮され便利になった。
しかし、スカイマークは民事再生法を申請中で、どの様な再建がなされるか不明だが、茨城発着のこれ以上の減便がないことを願っている。

PAP_0115.jpg

7時半頃ホテルに到着したが、夕食は付いてないので、近所の食事処を探す。
お好み焼き屋があった。
日頃の生活で「お好み焼き」は馴染がうすい、良い機会と入ってみた。

PAP_0120.jpg

「明石のタコの塩焼き」を充てに日本酒を1本。
鮮度が良い蛸の足を1本、鉄板の上で。

お好み焼きの種類が沢山。
「どれがお勧め」と問えば「お好みに応じてだから、お好み焼き」と云われ、何か適当に頼んだが、何だったか忘れた。
PAP_0122.jpg

写真の写りが悪いですが、美味しかった。

PAP_0117.jpg

PAP_0118.jpg

イチロー選手のポスター、テレホンカード、記念ボールなどが壁面や棚に飾られている。オリックス時代に来られたらしい。

渡米後も記念ボールを送るなど、イチロー選手の義理堅さを偲ぶことが出来る。
メジャーに移った日本選手は野茂を始めとして大勢いるが、何といってもイチロー選手の活躍は印象的だ。

如何にも関西人、神戸の下町っ子、と云う感じのご主人。
戦後間もなくの生まれらしい、当時の神戸の闇市時代の話など聞きながらの話は面白かった。
店名は確認しなかったので分からないが、入って正解だった。

旅は筋書きのないところが面白い。
  1. 2015/07/09(木) 13:40:32|
  2. 居酒屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する