よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

今日(8月20日)の横浜FC 戦に


水戸ホーリーホックはニッパツ三ツ沢球技場で18:00キックオフの横浜FC戦に臨む。

y1_20170820042350f3c.jpg

前節、アベックゴールを記録した前田大然と齋藤恵太の2トップに期待は大きい。抜群のスピードを生かしたゲーム展開は魅力だ。

途中交代の監督采配もズバリ的中、も今シーズンの見所だ。
現在7位だが勝ち点を積み上げ、さらに上位を目指したい。

J2リーグにおける3位~6位のクラブは、J1昇格プレーオフに出場の出場資格があるが、J1ライセンスが付与されていなければならない。
水戸は球場の収容人員の件が達成されていないので、J1ライセンスを得ていないが6位内であることの存在感は大切だ。
水戸市が早期にスタジアムの改修に向けて動き出すことを願う。

Jリーグの魅力はホーム&アウェイ。
お互いのホームで戦うから、必ず相手チームの街を訪問する。
応援の名の下、見知らぬ街の名所を訪ね、街を散策し、地元の名物を食べる。
日帰りが不可能なら、宿泊して飲みに出る楽しみもある。
J2の年間42試合、半分は地元だから21試合は相手チームが訪れてくれる。
相手によるが、千人単位での来客もある。
それが毎年行われるのだから、街起しの効果もある。
自分が楽しみ、街も潤う。
市長はじめ市の関係者の早期の決断を願う。

y2_201708200423492b3.jpg


今日の試合前は横浜美術館/横浜赤レンガ倉庫1号館/横浜市開港記念会館、 他を開場として開催されている【ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」】を見学する。会場も分散しているので半日では観きれない。
2017年8月4日(金)~11月5 日(日)迄、88日間の長丁場だから、再訪の可能性はあるが、先ずは第一弾、とも言える。

これもサッカー観戦の副産物でもある。
文武両道、運動部・文化部の2本立てもサッカーの魅力だ。
  1. 2017/08/20(日) 04:25:34|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水戸2-0で京都に勝利@ケーズデンキスタジアム水戸


水戸2-0で京都に勝利@ケーズデンキスタジアム水戸

8-16-6.jpg


8-16-1.jpg


8月に入って天候不順、京都を迎えてのホームゲームも雨が心配されたが、キックオフの頃には雨も上がった。
気温も23度で選手にも観客にとっても絶好のコンデション。


8-16-2.jpg

今シーズンは開催日が土曜日で、前田大然の活躍など見せ場たっぷりの試合が多いにも拘らず観客が少ないのは残念。
対戦相手にもよるが、この日の京都のサポーターは100人足らずだったから、観客数5540人は良し、とすべきか。

水戸は前半20分に前田大然からのパスを齋藤恵太が豪快なドリブルから先制点。
後半も攻撃の手を緩めず、前田が追加点を奪って完勝した。

齋藤恵が加入後初先発、前田との俊足2トップの活躍は見応えが充分。
3試合ぶりの白星で7位に浮上。

守備では、何度か危ない場面に遭遇するも、クロスバーにも救われて無失点でしのいだ。

8-16-5.jpg

ハーフタイムに打ち揚げられた水戸商工会議所南部ブロック提供の「必勝花火」

8-16-3.jpg

8-16-4.jpg



試合前とハーフタイムに、広場で「スペースラッピングpresented by going46」が投影された。スペースラッピングとは、地面や壁面等に鮮明な映像を映し出すパフォーマンス。音楽に合わせ子供達が踊っていた。

7位に浮上はしたが、観客動員数が順位に比例する様でなければ、チームの力とはならない。

「水戸はホームもアウェイもスタジアムで」を合言葉に応援しよう。
次節は8/20(日)ニッパツ三ツ沢球技場で横浜FC戦。18:00キックオフ。
必勝を期し、応援に行く、このゲームに勝利しさらに上位を目指したい。
  1. 2017/08/18(金) 15:45:15|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水戸ホーリーホックは京都サンガF.C戦.。

水戸ホーリーホックは京都サンガF.C戦.。


mito.jpg

今日(8月15日)は72回目の終戦記念日。
戦争を体験した方々も少なくなった。
現在の平和も多くの犠牲の上に成り立ていることを忘れてはならない。
戦争の記憶を語り継ぐことが大切だ。

平和な時代ゆえに、スポーツ観戦を楽しむことが出来るのだ。
水戸ホーリーホックは明日8月16日(水)19時からケーズデンキスタジアでのホームゲーム、対戦相手は京都サンガF.C.。

水戸は現在12位で京都は15位。
京都サンガF.C.には2003年シーズンを水戸でプレーした田中 マルクス闘莉王 選手が在籍、その闘莉王選手が対戦相手として水戸に帰ってくる。

今回はホームでの対戦。
この試合で今シーズンの決着を着け、闘莉王選手に今の水戸ホーリーホックの力を見せつける試合だ。勝ち点3を得て10位を狙いたい。

明日の天気予報は雨らしいが、雨に負けない大応援で、勝ち点3を得て10位を狙いたい。
  1. 2017/08/15(火) 11:33:39|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

種差海岸(たねさしかいがん)@八戸市

種差海岸(たねさしかいがん)@八戸市
夏の《みちのく》へ、其の八


tn1.jpg


tn3.jpg

八戸市埋蔵文化センターの「是川縄文館」で遺跡の発掘や保存に関わった泉山兄弟の業績を偲び、漆を高度に利用した縄文文化の素晴らしさを認識した。

見学後、バスにて「中心市街バスターミナル」に戻った。
このターミナルから、ほぼあらゆる方面に乗り換えが可能だ。

街の八戸観光の名所は?と問えば、国の名勝指定で司馬遼太郎「陸奥のみち」にも登場する「種差海岸」という。

JR八戸線「本八戸」駅から「ひたちなか海浜鉄道」と同様なジーゼルカーで約30分「鮫島」駅に到着。

tn1-2.jpg

鮫島駅前から「種差海岸遊覧バス」に乗車。
種差海岸駅まで約30分の行程。

tn2.jpg

蕪島(かぶしま)
ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている。

tn9.jpg


中須賀・大須賀海岸は岩場・岩山と海岸線が絶景。

tn10.jpg

tn11.jpg

東山魁夷が障壁画のためのデッサンした、とも言われるが、正に絵のようだ。

tn9-2.jpg

tn4.jpg


樹齢100年の松が立ち並ぶ「淀の松原」、
見事な松林が何か所も。

tn12-2.jpg


終点の「種差海岸駅」前に天然芝が一面に広がる「種差天然芝生地」。
金髪の美女が犬と散歩していた。
この辺りの住人なのだろうか?映画のワンシーンのようでした。

「種差海岸駅」から折り返してきたバスに乗って「鮫島駅」に。
ほぼ車窓からの眺めだったが、往復で約1時間、海岸線の風景を堪能できた。

  1. 2017/08/11(金) 20:09:48|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水戸が東京ヴェルディに劇的勝利@ケーズスタ

水戸が東京ヴェルディに劇的勝利@ケーズスタ

v6.jpg


7月8日(土)の熊本を迎えてのホーム戦は、先制されるも同点に追いつき、さらに逆転。
このまま勝利と思いきや、アデショナルタイムに同点にされ、残念ながら引き分けた。
次のアウェー2試合は、町田に0-2、大分とは0-0で勝利なし。

今日は勝つぞ!勇んでケーズスタに。

前半43分にセットプレーから得点を許すが、その3分後に前田が同点弾を決めて試合を折り返した。

v5.jpg

今や、前田大然は水戸の顏だ。


後半33分、オウンゴールで2-1とリード。
勝利と思いきや後半45分、PKを与え2-2.。

v3_20170730161815173.jpg

またかよ、と思ったが後半50分アディショナルタイム。
43分に投入されたDF35齊藤隆成選手がゴールを決め、劇的勝利。
暫定順位は7位。

v2_20170730161816722.jpg

v8.jpg


ラインダンスとサポーターの熱気。
最後の最後まで結果は分からないハラハラ・ドキドキだが、地力がついてきた今期の水戸は、逆転勝利の楽しみもある。

今シーズンは西ヶ谷監督の采配がズバリ的中する試合が印象に残る。


来週からは四国2連戦。
連勝して、水戸に戻ることを期待する。
16日(水)の京都を迎えてのホームゲームが楽しみだ。

v7.jpg

観衆が4515人で5000人に届かなかったのは、試合内が良かったのに残念。
京都戦は1万とは望まないが、6000人以上で応援したい。

  1. 2017/07/30(日) 16:26:37|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する