よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

寒い中お疲れ様でした@ケーズデンキスタジアム水戸

寒い中お疲れ様でした@ケーズデンキスタジアム水戸

k1_201704020355143e1.jpg


レノファ山口をホームに迎えての水戸ホーリーホック第6節、連勝を期待してケーズデンキスタジアム水戸に。

前節の3月25日の愛媛FC戦は前半に5分に林 陵平のゴール。
大量得点を期待するも1-0で辛くも勝利。

春休みに入った事にもよるのか、観客は4011人で寂しかった。
ホームを水戸に移してからのにわかファンで、《笠松》の時代を知る喫茶・花留談の木村さんによれば「3000人は良い方ですよ、1000人ぐらいは当たり前でしたから」を思えばましなのかも、久し振りにラインダンスを見られて良かった。

今日は、と期待したが前節以上に観客は少ない。
遠路はるばる山口のサポーターの皆様方、有り難う御座いました。

k2_20170402035513acd.jpg

k4_20170402035511146.jpg


サッカーに疎い僕の気持ちを表現していたのが《大塚 巌さんのFBで》無許可で転載。
『4/1エイプリルフールな試合でした。前半からハッキリしないモヤモヤっとしたゲーム。1-0リードで、湯沢、白井どちらかを入れ替える策はあったし、中盤の底もアイデアのある船谷投入で相手はもっと苦しんだのでは?マエダダイゼンは90点の出来かと。ベンチワークで勝点2を失った試合。残念‼️失点に繋がった細川のファールは4枚で囲んでいたので完全に不要。笠原のヨミは当たるも届かず残念でした。次節こそ、快勝を楽しみにしたい。』

k3_201704020355123ae.jpg

観客数は3072人。
先制して後同点に追いつかれ、引き分けは残念。
  1. 2017/04/02(日) 03:57:40|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛媛FC戦@ケーズデンキスタジアム水戸

愛媛FC戦@ケーズデンキスタジアム水戸
3月25日(土)14:00キックオフ


h1_201703242130598cb.jpg


先週の名古屋戦から早くも1週間、明日25日はホームに愛媛FCを迎える。
愛媛戦では勝ち点3を得て、連敗を脱出し波に乗りたい。

2月26日の湘南ベルマーレを迎えての開幕戦は湘南のサポーターが多かったことによるが8636人を集めた。
3月4日のツエーゲン金沢を迎えてのホーム2連戦4ー0と完勝したにもかかわらず4040人。
25日は久し振りのホーム戦、勝利のラインダンスを大勢の仲間と踊ろう!

  1. 2017/03/24(金) 21:32:31|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『尾張名古屋は城でもつ』@名古屋市

『尾張名古屋は城でもつ』@名古屋市

n10_20170322214709149.jpg


徳川家康が清須にあった町を慶長15年(1610)にこの地へ移転した城下町。
幕府の御三家の筆頭尾張徳川家の居城として発展した。
同じ御三家でも水戸とは大違いだ。

ホテル発9:00、駅前の薬局で貸自転車を借りる。
1日500円。

n1_20170322214722d89.jpg

名古屋の駅前は高層ビルが林立している。

n2_20170322214721b70.jpg


モード学園のスパイラルタワーズ。

n3_2017032221472041e.jpg

「四間道」(しけみち)。
名古屋城の城下町へお米、味噌、酒などを供給する商家が軒を連ねていた雰囲気を残す町並み。


n5_20170322214717fe7.jpg

円頓寺(えんとんじ)

n4_201703222147186da.jpg

門前の円頓寺商店街はアーケード街で、何かの祭りに使用するロープなどが天井から下がっている。

n6_2017032221471553d.jpg


能楽堂前に加藤清正像。

n7_20170322214714239.jpg

能楽堂
名古屋は能や狂言などの伝統芸能が盛んな地、
名古屋城正門前に能楽堂が在る。

名古屋城

n9_20170322214711deb.jpg

家康が加藤清正はじめ20人の西国大名に命じて築城させた。
大きな石垣は各藩の競争もあり4ヶ月で完成したと言う。

n8_20170322214712a3f.jpg


大小天守と櫓、門、御殿などの一部は昭和戦前期まで残存していたが名古屋大空襲(1945年)によって大部分を焼失した。
戦後に天守などが外観復元された。

n11_20170322215426459.jpg


天守閣からの眺め。
市内が一望できる。

n12_20170322215431ad5.jpg



2018年の完成を目指し、本丸御殿が再建中。

n13_20170322215430407.jpg


「名古屋テレビ塔」
地上100m、電波を発信する目的は終えたが名古屋のシンボル的な存在。

n14-1.jpg

n14_201703222154297bb.jpg


「熱田神宮」
三種の神器の1つである、草薙御剣(くさなぎのみつるぎ)を祀る神社として知られる。伊勢神宮に次いで権威ある神社として栄えることとなった。

参拝して必勝祈願したが、地元のグランパスに微笑んだ。


ここから「パロマ瑞穂スタジアム」までは約3キロの道のり。

  1. 2017/03/22(水) 21:58:03|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋グランパス戦1-2で惜敗@パロマ瑞穂スタジアム

名古屋グランパス戦1-2で惜敗@パロマ瑞穂スタジアム

n2_201703220658592e5.jpg


今季の初遠征は3月18日「パロマ瑞穂スタジアム」での名古屋グランパス戦。
前日17日「青春18切符」で水戸4:33発~名古屋着13:28で前乗り。
9時間の長旅でしたが。岐阜・京都・大阪・奈良までの経験を重ねているから楽勝だ。
駅前のビジネス「第2スターナゴヤ」に15:00チェックイン。

この日は駅の近辺を散策。
昨年、レトロな街並と思った「柳橋中央市場」に行ったが、午后3時過ぎの中途半端な時間でお店は開いてない。
名古屋と云えば「味噌カツ」か「名古屋コーチン」を思い浮かべる。
その他にも沢山あるのだろうが、今回は「名古屋コーチン」。

n3_20170322172128713.jpg

n4_20170322172126964.jpg

ホテル近くの居酒屋で「たたき」「串カツ」「釜飯」と菊正の樽酒を一合。
居酒屋メニューなれど、充分に満足。


18日は9時に駅前の薬店で貸自転車を借りて名古屋城などの観光をしながら熱田神宮に参拝し、必勝祈願をして「パロマ瑞穂スタジアム」に。

n2-2.jpg

水戸サポもソコソコの人数が揃い、熱心な応援で気合が入る。
前半、ディフェンダーのクリアミスがオウンゴールとなり、更に追加点を取られた。
しかし、後半に入って1点を返し追加点を狙う猛攻。
引き分けを期待するも1-2で惜敗。

しかし、充分に試合を楽しむことが出来た。
攻めるシーンがあっての負けは仕方がない。

n2-3.jpg


それにしても観客数 9320人はJ1復帰を願う名古屋にしては寂しい。
この状況で復帰は叶うのか?

Jリーグの良さは“ホーム&アウェイ”で相互の都市を訪問すること。
試合を機に相手の街を訪ね、食を楽しみ街で遊ぶことにある。
徳川御三家同士、水戸のホーム戦に多くの名古屋サポの来訪を望み、心からの歓迎をしたい。

n3_201703220658578e6.jpg

n2_201703221721296e5.jpg


n4_20170322065856ce1.jpg


スタジアムを去る時に話した水戸サポと名古屋駅前の「山ちゃん」で顏を会わせた。
3月25日(土)14:00からのホームの愛媛戦の必勝を期し気勢を上げた。
  1. 2017/03/22(水) 07:01:43|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋グランパス戦@パロマ瑞穂スタジアム

名古屋グランパス戦@パロマ瑞穂スタジアム
3月18日14:00キックオフ


n_201703161000501b2.jpg


青春18切符春の陣の第2弾は水戸ホーリーホック応援に名古屋に。
明日17日、水戸発4:33の1番電車で13:12に名古屋着。
貸自転車を借りて名古屋市内を観光、駅前のレトロな飲食街で晩飯。
“味噌カツ”を食べて気合を入れる。
Jリーグの良さはお互いの街を訪問し親善を深めることに在る。

J2リーグが開幕して間もないから、試合ごとに一喜一憂するところではないが、ホームで迎えた開幕戦は湘南を相手に0-1で惜敗。
第2節は金沢を迎え4-0で完勝。
勢いがついたかと思えば、第3節のアウェイ戦は東京ヴェルディに0-4と完敗。
第4節はパロマ瑞穂スタジアムで名古屋グランパス戦だ。

J1から降格した名古屋は復帰に必死だが、これまで1勝1敗1引き分けで好調とは言えない。

徳川御三家同士の対戦と云う話題もある。
ジャイアントキラーの水戸「勝つのは俺たちだ!」
  1. 2017/03/16(木) 10:01:40|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する