よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

あの震災から4年。

あの震災から4年。

P6210015.jpg

P6210022.jpg


未曽有の被害をもたらした東日本大震災から、11日で4年を迎える。
夢であったならば、と思うが現実におきたこと。
多くの問題を解決できないまま、時間が過ぎている。

3月1日に常磐道が全線開通し、東北道とのダブルネットワークが完成した。
東北道の事故・災害・異常気象発生時には、磐越道とともに代替ルートとして確保できる。などの前進もあるが、原発事故の終息には長い期間を要するし、解決策も無い。

何一つとして自分が出来ることはないが、時の経過とともに記憶は薄れる。
記憶にとどめ、自らを律するためにも、その場所は見ておきたいと思っている。

昨年(2014年6月)仙台市若林区の荒浜地区に行った。
荒浜は東日本大震災では、平野部としては世界最大級とされる高さ10mもの巨大津波に飲み込まれ、壊滅的な被害を受けた地区。

P6210026.jpg

瓦礫は撤去され、延々と続く住宅地の痕跡。
ダンプカーや重機が動き、作業している様子は分かるが、何をしているのか。
復興への動きと云うより、何かの整理作業に見える、

P6210017.jpg

P6210012.jpg

荒浜小学校の校舎以外、建物らしき物は現存していない。

P6210016.jpg

地区を見守るように建てられた、慰霊の観音像。
土台も含め約9メートルは津波の高さと同じと云われる。

P6210020.jpg

戻ってこいよ!の願いを込めた、黄色いハンカチ。

P6210025.jpg

P6210023.jpg

P6210024.jpg

震災前の地区の様子の写真や、震災直後の写真などがコンパネに展示されていた。無人なだけに、なおさら心が痛んだ。

写真は2014年6月の撮影だが、おそらく、現状もあまり変わりはないだろう。

  1. 2015/03/10(火) 18:09:37|
  2. 大震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「原子力発電と安全神話」―原発PR映画を見る茨城上映会―

「原子力発電と安全神話」―原発PR映画を見る茨城上映会―

12月17日(土) 13:00~16:30
@茨城大学教育学部D棟 D201教室(水戸キャンパス内)


東海村に原子力研究所が開設され、商業用原子力発電所が運転を開始されて半世紀。放射性廃棄物の処理はどうなるのか?
幾らかの疑問を感じながらも、安全神話を信じてきた。

東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故以来、原発の安全神話は大きく揺らいだ。

多くの人が、政府や東電や原子力関係者の発言・説明などに疑問を感じるようになった。
世界的にも脱原発の動きは加速している。

今回の催しは、原発推進派が制作したPR映画を上映し、戦後史の中で原発はどのように記録されてきたのか、成長神話や安全神話はどのように作られてきたのか。
推進派が何を考え、何を表現してきたかを知る事はとても重要なこと。
こういう映像のアーカイブは非常に重要な意味を持つ。


{上映・講演のスケジュール]

gen1.jpg

gen2.jpg



13:10~13:56「東海発電所の建設記録」(1966年 46分)
13:56~14:16「原子力発電所と地震」(1975年 20分)
14:16~14:53「海岸線に立つ日本の原子力発電所-鳥の見た島国のエネルギー」(1987年 27分)
15:05~15:29「いま原子力発電所は…」(1976年 24分)

講演1 15:29~15:45 「記録映画と原子力」
    村山英世氏(記録映画保存センター事務局長/元桜映画社社長)
講演2 15:45~16:00 「私たちのことばと原子力」
    橋浦洋志氏(茨城大学教育学部教授/日本近代文学)
講演3 16:00~16:15 「過去のために見る、今のために見る、未来のために見る」木村競氏(茨城大学教育学部教授/哲学・倫理学)
  質疑等 16:15~16:30
  1. 2011/12/15(木) 21:20:26|
  2. 大震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大地震の爪痕 @水戸市備前町の先

大地震の爪痕 @水戸市備前町の先

j1.jpg

東北地方に比べ、茨城の被害は少なかったのであまり報道されていない。
しかし、かなりの影響を受けた。
塀の倒壊・屋根瓦の損傷・地盤の陥没など数え切れず、復旧までかなりの時間が必要だ。

j2.jpg

近所のがけが崩落した。
この下の岩は、水戸藩時代に水道の樋に使用された。
その後にの水溜りに、ヒカリモが生息し天然記念物に指定されている。
  1. 2011/05/07(土) 21:33:20|
  2. 大震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電気代の計算方法



電気代の計算方法

疑問に思っていることを検索した結果をうつすしておきます。
各自で、勉強しましょう。


基本料金+電力使用量料金+燃料費調整額+消費税=電気代


電気代の計算方法がよく分かっていないと、電気の使用量を意識しなくなりがちでついつい無駄に電気を使用してしまいます。
電気代の計算がしっかり頭に入っていると電気の使用量を意識するようになり、無駄に電気を消費しないよう意識が変わってきます。

電源開発促進税 (でんげんかいはつそくしんぜい
) は、電源開発促進税法(昭和49年6月6日法律第79号)に基づいて、発電施設の設置促進、運転の円滑化、利用促進、安全確保、電気の供給の円滑化などを目的に、一般電気事業者の販売電気に課す日本の税金である(電源開発促進税法1条)。

国税、目的税の一つである。
創設時(1974年)の目的は、当時のオイルショックにより石油に代わる代替エネルギーを模索し、原子力発電所などの設置を促進するためであった

  1. 2011/05/05(木) 21:18:30|
  2. 大震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

後になってみれば。

後になってみれば。

絶対安全、と云い続けていた東京電力の福島原子力発電所。
あとから、あとから信じられないようなことが起きている。

『原発がどんなものか知ってほしい』平井憲夫、を読んだ時“まさかこんなことは有り得ないだろう”と思ったが納得できる面もあったので、このページからリンクして読めるようにした。
リンクされたのを面倒がる人もいると思い,1章ずつ2回転載した。
この時期に不安になるようなことは、控えた方がと考え、転載は止めた。

ところが、最近のニュースは裏付けるようなことが多いので驚いた。
例えば、事故に遭ってない5号炉・6号炉の高濃度の汚染された海水の排水。
グループに数人しか、放射線センサーを携帯しない作業員。
「他所から取り寄せ各自に持たせなることが出来なければ、作業はしません」と云う話は、安全を第一とする作業所として信じられない。

ことほど、上記のような話が、沢山ある。
興味のある方は、リンクしているから参考までに一読をお勧めするが、判断はご自分でして下さい。

信じられない。の話は、大震災でたくさんあった。


1跡


水戸市南町の旧ダイエー水戸店の跡。現在、1階は「カスミ」の食品スパーとして使用されている。
西側の角だけ、外壁がはがれ本体に亀裂が入っていた。
簡単にカヴァーしてあるだけなので、中が覗ける。

2後

コンクリートの中に木材の長い破片が混入し、そこから亀裂が生じていた。
今から何十年か前の建築にしても、大手の建築会社の施工によるものだ。
設計などはしっかりしても、実際の施工はいくつもの下請業者。

同様なことが、原子炉工事においても、ありうる話。
後になってみると、合点がいく話は沢山あるものだ。

  1. 2011/04/01(金) 13:59:00|
  2. 大震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する