よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

こまつ座「円生と志ん生」@紀伊國屋サザンシアター

こまつ座「円生と志ん生」@紀伊國屋サザンシアター

en5.jpg


娯楽が多様化している時代だが、僕の小学生の頃はラジオ放送、少し遅れてテレビの時代となったにしても柳家金語楼・エノケン・ロッパの喜劇、広沢虎造の浪曲、幾らか長じて志ん生の落語などにも魅了された。

en3.jpg


この芝居は「円生と志ん生」共に「昭和の名人」といわれた噺家の物語。
2人が満州慰問の途中で終戦を迎え、大連に六百日も押し留められたときの話で、詳しい資料が残っているわけではなさそうなのだが「井上ひさし」の脚本によって上演されることになった。
2005年の初演、07年の再演に引き続き、鵜山仁が演出 を手がけ、今回は大森博史(三遊亭円生)とラサール石井(古今亭志ん生)虚実交えながら描いた音楽喜劇。

en1.jpg

主演の二人が正に「円生」と「志ん生」を彷彿させる。
今回の芝居で知っていたのは、ラサール石井だけと云う芝居音痴だったので
大森博史の「円生」は、このような役者を当てたと納得してしまった。
勿論、ラサール石井の「志ん生」も良く、2人のコンビぶりが楽しめた。

志ん生は円生よりも十歳年上で、酒飲みで若い頃から出来不出来にムラがあるという評判。
円生は普段、酒も煙草もやらず高座でも姿勢はきちんとしている真面目な人。
話しは分かりやすかったが、四角四面で面白みに欠けていた。
芸風がまるで違えば性格も対称的な二人。
努力家タイプと天才肌という、よくあるコンビである。
だが、円生は常に志ん生を「兄さん」として立てて、助けていた。

en2.jpg


大空ゆうひ、前田亜季、太田緑ロランス、池谷のぶえ、の4人の女優陣は、1人で何役もこなす大活躍だったが、歌って踊って、さすが舞台女優だ。

劇は「朴勝哲」の生のピアノ演奏で進行するが、こまつ座の芝居に何度も出演しているらしく息はピッタリ。

更に、ブロードウェイのミュージカルの曲も使われ、ダンスも唄も様になって楽しかった。

「町はずれの廃屋」、喫茶店の「コロンバン」、最後の「修道院のもの干場」
等、後半部分が特に良かった。

幕間を挟んで約3時間、楽しい時間を過ごさせてもらった。
勿論、戦中戦後の話で、重く考えさせられる部分もありました。

この機会を与えてくれたこ「まつ座」制作の長山 泰久さん有難うございました。

  1. 2017/09/19(火) 21:43:25|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

清音禅寺@城里町大字下古内

清音禅寺@城里町大字下古内

DSCN4229.jpg


鶏足山を下山し徳蔵寺を経由して清音禅寺に。
禅臨済宗南禅寺派の寺院でいかにも禅寺と云う趣がある。

(案内看板)
弘法大師草庵を構え等の伝承が在るにしても、文和元年(1352)に佐竹義篤が復庵禅師(ふくあんぜんじ)を招請し、父・貞義の菩提寺として太古山獅子院清音禅寺を開山した。

DSCN4232.jpg

DSCN4231.jpg

DSCN4230.jpg

宝篋印塔(石造)墳墓三基
 菩提 常陸守佐竹貞義公 開山 復庵大光禅師

佐竹氏秋田へ移封後に衰えたが、徳川光圀も来遊し名吟其の他などを残す。

DSCN4233.jpg

この辺りは茶畑が多く茶の名産地として知られるが、起源は清音禅寺といわれ、境内には茶畑もあり、「古内茶発祥の地」の碑もある。

明治維新の際に衰え、名宝四散し、昭和十五年に第二次大戦で罹災。
昭和二十六年再興、 同三十二年一応整備成る、と記されている。

往時の隆盛を偲ぶべきものはないが、山門の礎石の上に立ち、周囲の山を見渡せば、往時は大寺であった状況が良く判る。

  1. 2016/03/16(水) 15:23:33|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブックインとっとり「地方出版文化功労賞」

ブックインとっとり「地方出版文化功労賞」

箕川さん




地方文化のバロメーターのひとつと言われる出版活動の重要性に着目し、鳥取県を除く地方出版社を対象に、毎年その優秀な作品を県内で展示・顕彰することを目的として創設され、2003年度の特別賞を受賞したのが「みえない恐怖をこえて―村上達也東海村長の証言」 (シリーズ臨界事故のムラから)  箕川 恒男 (著)  2002年 那珂書房刊。であったと知ったのは最近のことで、誠に嬉しいことだ。


納棺夫日記


1997年の受賞は「納棺夫日記」青木新門著であった。
僕は文春文庫で読んだが、えらく感銘した。

並みの宗教書より“生と死を”考えさせてくれた。
  1. 2012/04/14(土) 22:39:42|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蝸牛文庫 @常陸大宮市舟生865番地 旧舟生分校

蝸牛文庫 @常陸大宮市舟生865番地 旧舟生分校

k1_20160427230510836.png

高等学校の教師をしていた仲間3人が、40数年間にわたって集めた本やレコードやCDを1箇所に収め、多くの人達と楽しみたい。
との願いが実現したのは平成20年6月、満3年を迎えた。

k2_20160427230509253.png

場所はJR水郡線の中舟生駅から徒歩10分、旧舟生分校の校舎の2階。

k3_20160427230508a92.png

校庭には二宮金次郎のコンクリート製の像が設置されている。

k4_20160427230507841.png

辺りは、典型的な奥久慈の山村風景で刈入れ目前の麦畑は黄金の様だった。

「蝸牛文庫」は営利目的ではなく、食べ物や飲み物の持ち込みは自由。

k5_20160427230506bde.png

k6.png

k7.png

自分の好きな本やレコードなどを聞きながら一日を過ごすことも出来るフリースペース。

k8.png

定年退職後に誰しも望む新たな暮らし。
この様な理想的な空間を実現できたことは素晴らしいことだ。
年に数回は講演会やライブコンサートも開かれている。

開設3周年を記念したイベントが2つ企画された。

*6月11日(土)2時~4時
 宮大工棟梁。小川三夫氏の講演「木のいのち 木のこころ」
この講演を聞くために、初めて訪れました。
隣接した体育館を会場として開催されました300人ほどの聴衆が集まり大盛況でした。内容については、近々掲載します。

k9.png

開演に先立ち挨拶する蝸牛文庫の設立運営者の方々。

*7月31日(日)11時~
「ビッグバンドコンサート 舟生」
水戸工業高校ビッグバンド「ブルービギナーズ」
東海高校ビッグバンド「イースト オーシャン ジャズ オーケストラ」
どちらも、高校生のレベルを超えた演奏で定評がある。
次回も是非訪れようと思う。
  1. 2011/06/14(火) 16:43:11|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクアメディエクス @水戸市東原

アクアメディエクス @水戸市東原

a1_201605181635495f3.jpg

5年ほど前まで、近所のスポーツジムに通っていた。
ストレッチ、ヨガ、プールでの水中ウォークなど軽めの運動が主だった。
何よりの楽しみは、屋外のテラスに設置されたジャグジーバス。
街の夜景や月を見ながらの入浴は運動以上に気持ちの良いものであった。
残念ながら、会員の減少により撤退してしまった。
殆どの会員は他のクラブに移動したが、僕はどこにも属さず、運動もしなくなってしまった。

あれから5年、体重は5㎏も増えてしまった。
これはいかんと、2月から水戸市東原に出来た「アクアメディエクス」に入会し、1ヶ月経つが楽しく通っている。

クラブの内容にふれる前に、この場所の歴史について記しておく。

a2_20160518163548591.jpg


旧制水戸高等学校の跡地に


2004年国立水戸病院が茨城町に移転して空き地であったところを「北水会医療グループ」が買い取った。
2010年『水高スクエア』名付けられ医療・福祉・健康の複合施設として計画され、病院や保育園、福祉施設、医療専門学校などが建設された。
昨年の1月にスポーツクラブ『アクアメディエクス』がオープンし、全ての施設が完成したことになる。

a3_20160518163548ef4.jpg

ここは、1920年(大正9年)4月に茨城県東茨城郡常磐村に設立された旧制「水戸高等学校」略称「水高」(すいこう)の跡地。
旧制高校中最も「蛮カラ」の雰囲気の強い学校として知られ、一高に次ぐ大型の寄宿舎「暁鐘寮」(ぎょうしょうりょう)が設置されていた。
全国13番目の官立高等学校として政界・官界・財界・学術、文化の幅広い分野に人材を送り出した。
水戸空襲による校舎焼失後、水高は1948年陸軍東部第37部隊跡地に移転した。
これが、新制茨城大学水戸キャンパスとして継承され現在に至っている。

a4_20160518163547bc3.jpg


水高跡地の南半分は水戸市立第一中学校の校地となり、北半分には1965年、国立水戸病院(現在の国立病院機構水戸医療センター)が設置されたが、2004年同病院は茨城町に移転し、現在『水高スクエア』となった。

水高スクエア内にオープンした、フィットネスクラブ アクアメディエクスはジム・スタジオ・プールが楽しめ、浴室・シャワー・サウナを完備している。

入会して1ヶ月、プールでウォーキングとジャグジーバス・サウナ、入浴を楽しんでいる程度で、もったいない限り。
今月からは、スタジオヨガ・ピラティス・ストレッチなどやプールでのクロール、平泳ぎ、背泳などのレッスンにも参加して意義あるクラブ生活を目指すつもり。
  1. 2011/03/01(火) 20:34:02|
  2. 文化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する