よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

「日本秘湯を守る会」喜楽苑 @福島県いわき市

「日本秘湯を守る会」喜楽苑 @福島県いわき市 

h1_201605181635469c6.jpg

「日本秘湯を守る会」という温泉宿の会がある。
昭和50年4月、㈱朝日旅行の前進である㈱朝日旅行会の創業者であった故岩木一二三氏の提唱により、バスも通わぬ交通の不便な小さな山の温泉宿33軒が集まり創立され、「秘湯」という造語を生み出した。
現在は、全国に200軒以上の温泉宿が加盟しているらしい。

先輩のお誘いで、福島県いわき市の湯本温泉郷・白鳥山温泉の「喜楽苑」を訪ねる機会を得た。
いわき湯本温泉郷の温泉神社は延長五年(917)に列せられた延喜式内の古社で長い歴史を誇る温泉だ。
常磐自動車道いわき湯本ICを下車して10分足らずで到着した。

h2_20160518163625cb6.jpg

すぐ隣に、日本中央競馬会が運営する馬のリハビリ・温泉施設があった。
競走馬の健康保持のための保養機関で、常時20頭くらいが療養しているとのことだ。申し込めば見学も可能であったが外から見ただけ。

高速道路を下り10分足らずで「ひなびた湯治場」であるはずがない。
隣(とはいっても少し離れてた所)に農家が1軒あり、道路沿いの畑の作物(白・レタス・ネギなど)を自分で刈り取りお金を箱に入れる直売所がある。

h3_20160518163625d24.jpg

見晴らしの良い高台に在るが、以前はもっと下にあり増築を重ねながら現在地に移動したようで、昔の建屋が望める。
早春ゆえに、梅の花が咲いているくらいだが、新緑や紅葉の時期の眺めは素晴らしいことだろう。

館内には3つの泉質と5つの風呂があったが、全てを試した。

露店風呂が2か所、大浴場、鉱泉、そしてヒノキの内湯。
泉質は硫黄泉とのことだが、硫黄の匂いはさほどなく、透明でヌルッと肌にやさしい感じで湯温は41度くらいで長湯に向いている。

山間の宿だが、山海の味が卓上に並ぶ。
簡単な山菜料理程度でよいのでは。と思うが、そうもいかないのが、今の時代なのだろう。

食事が終わっても8時くらい。
食後の散歩、をするようなところでは無い。

ホーリーホックと柏レイソルの結果が気になり、エビネンコさんに電話する。
「1-0で勝ったようですよ」とのこと。3月5日京都との開幕戦に弾みがついた。今年の水戸のスローガンは「かけろ」。
本命対抗押しのけて駆けてもらいたい。

早めに寝たから、翌朝は早起きして洞窟露天風呂に。
小雨降る朝もやの中、温泉浸かるのは心地よい。

朝食を済ませるころに、小雨がみぞれに、そして雪になった。

h4_201605181636241eb.jpg


車で20分位のところに『白水阿弥陀堂』がある。
1160(永歴元)年建立の阿弥陀堂は国宝に指定されている。
しばらく前に参拝し、今回もと思ったが雪が激しくなってきた。
残念ながら、次回ということにした。


  1. 2011/03/01(火) 15:20:02|
  2. 温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水戸ラドン温泉 水戸市栗崎町1416

水戸ラドン温泉 @水戸市栗崎町1416 

近場の公営温泉や健康施設を巡るのも楽しみの一つ。
お気に入りは、鉾田市の「ほっとパーク鉾田」と旧大洋村の「とっぷさんて大洋」.
どちらも温泉と25メートルの温水プールがある。
さらに、運動器具の設置されたジムももある。
残念な事に水戸市には無い。大洗や城里町の同様施設はどちらも、内容がイマイチだ。
このような施設の計画はについては、かなり研究するのだろうが、利用者の目線で考えられていない。

その点で鉾田市の二つの健康施設は合格点だ。
水戸市で同様施設を建設する際は充分に研究して欲しい。
いづれ、ごみ焼却場に付随したプールなどの改築も計画に入るだろうから。

IMG_1790.jpg

民間の施設であるが、水戸市郊外栗崎町の「水戸ラドン温泉」に行った。
かねがね、Uさんからラドンなどの「放射線ホルミシス」効果の話を聞いていたので、試しに、と考えた。
この放射線ホルミシスという考えは1982年、アメリカのトーマス・D・ラッキー博士(ミズーリ大学名誉教授)が「多量だと生物に害を及ぼす放射線が、ごく微量なら逆に生物に有益性をもたらす」と研究成果を発表した。
既成の概念を覆す考え方だ。
放射線が身体を活性化する働きがある。というのである。

外観は、相当昔に出来たので、建物はかなり年季が入っているように見える。
内部の舞台付き大劇場では大衆演劇が毎日行なわれている。
レストランシアターに近い。

浴場は3ヶ所に分かれていて、それぞれ「ラドン浴場」、「サウナ」、そして「露天風呂」となっている。
各浴場間の移動時はいちいち服を着なければならないので、それが煩わしい。しかし、1日滞在してもお一人様525円は安い。

地下2000メートルから汲み上げる50度の温泉は、肌がツルツル・スベスベになるのが実感できる。
さらに、身体が芯から温まる。
分析結果はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、の他いろいろ書いてあるが素人には分からないが、間違いなく温泉だ。

特に、最近出来たらしい露天風呂は広くてきれいだ。
これならば、時間をかけて温泉に行く必要がなくなる。

肝心のラドン温泉、放射線の量はどの程度なのか?量の表示はない。
しかし、浴室に5分もいると汗がふきだす。
身体が活性化した。と感じた。

昔の「ヘルスセンター」の感じがするを、嫌と思う人もいるかもしれない。
しかし、泉質のよさ・広々とした露天風呂・お値段の安さなど、日帰り温泉として充分だ。

追記
残念だが、東日本大震災で被害を受けて、休業となってしまった。
  1. 2009/09/29(火) 21:01:07|
  2. 温泉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する