よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

シュンラン(春蘭)

シュンラン(春蘭)

s1_20170404023420848.jpg


ギャラリーしえる(水戸市見川町2434-1)では絵画や彫刻などのアート作品の展覧会の他に、服・雑貨・アアクセサリーの展示販売会などが開かれることもある。
地方のギャラリーは展示の幅が広いのが良さとも言える。

s3_201704040234188cf.jpg


3月30日~4月1日は「草木染・うさとの服」

s4_201704040234176d8.jpg

タイ・チェンマイ在住の日本人ファッションデザイナー(さとう・うさぶろう)の草木染・手織り布の衣類の展示即売会。

展示場の隅に春蘭4鉢が置かれてあった。
お好きでしたら、どうぞお持ちください、とのこと。
「ギャラリーしえる」のお客様で春蘭好きの方がおられ、一度お会いした方が居る。その方が持参したようだ。

「春蘭」は日本各地でよく見られる野生蘭の一種で、山歩きをすれば見かけることが出来る。
山草や東洋ランとして観賞用に栽培されることも多い。
名称の由来は春に咲くことから。

広く文人墨客にも愛された植物で、墨絵や塗り物の茶器、椀などのモチーフとして描かれることがある。

s2_20170404023419633.jpg

水遣りなど管理が難しそうだが、地植えしても大丈夫らしいので戴いて来た。
清楚で品の良い花だ。さすが花の王者「蘭」の1品種だ。

鉢はプラスチックだが「蘭鉢」と云うのも有って、骨董品では結構な値段がすると聞いたこともある。
「蘭鉢」「万年青鉢」など、江戸時代には人気だったらしい。

  1. 2017/04/04(火) 02:36:36|
  2. 山野草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土器に生ける

土器に生ける

d1_2017040220432964e.jpg


縄文土器にユキヤナギと沈丁花。

水戸市泉町1丁目の「フタエ屋呉服店」の店頭ウインドに“可憐な山草が土器に挿されて生けられてあったのを見た”のは1975年頃のことだ。

「きもの」が日常着であった最後の頃で、特に「フタエ屋」「大高呉服店」などは、晴れ着より普通の反物などを扱っていた。

フタエや店主の大和田さんの友人には趣味人が多く、その人たちの骨董コレクションを飾り、茨城山草会の墳本さんや長谷川さんの珍しい山野草が展示されたりした。
今では当たり前のように売られている山野草だが当時は珍しく、文化センターの展示室で春と秋に開催される「山草展」を見るのも楽しみだった。

その様な想い出と、
1月に國學院大學博物館の「火焔型土器のデザインと機能」展で信濃川の流域で出土する縄文時代中期を代表する「火焔土器」の大小の優品を見る機会を得たこと。
2月の「Tabi-ぶら in 美浦村」で念願の「陸平貝塚」を訪ねたこと。
「陸平貝塚」は1879年(明治12年)、日本人が初めて発掘調査が行なった遺跡で「日本考古学の原点」と称され、考古学史の観点からも重要な遺跡である。
往時のままの原風景を観、縄文人が口にした貝殻を数千年を経て掌に握った感触は時空を超えた繋がりを感じだった。

1月と2月の体験が重なって土器(縄文~弥生~土師器)などに花を挿すこと。
をもう少し広めたいと思うようになった。

d2_20170402204328e69.jpg


数千年から千年前頃に至る「土器」に「花」は、今では特別なことではないが、さらに、多くの人に良さを感じてほしい。

  1. 2017/04/02(日) 20:45:38|
  2. 山野草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つるばらガーデン@水戸市青柳町 ギャラリー「カーサ・ブランカ」

つるばらガーデン@水戸市青柳町 ギャラリー「カーサ・ブランカ」
5月15日(日)~24日(火)


DSCN5517.jpg

DSCN5527.jpg

牡丹と並んで花の女王だと云える薔薇の季節が到来した。
水戸市青柳町4268-2のギャラリー「カーサ・ブランカ」で5月24日(火)までオープンガーデンが開催されている。

庭のバラの花の鑑賞が主だが、絵画展や雑貨・洋服の販売も。

DSCN5519.jpg

ギャラリーでの洋画展。

DSCN5520.jpg

ウッドデッキのブーゲンビリアの花。
一見、花に見える赤は葉で、黄色の小さいのが花。

DSCN5524.jpg

DSCN5518.jpg

インド雑貨「アブクラ」
洋服・アクセサリーなどインド製品がお手軽価格で。

DSCN5522.jpg

「きまぐれ工房」のレディースファッション。

DSCN5528.jpg

ヤマボウシの花も咲いています。

美味しいコーヒーが200円で戴けます。

5月22日(日)13:00~フラメンコダンスの公演が予定されている。

  1. 2016/05/17(火) 23:28:02|
  2. 山野草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牡丹の花を戴いた。

牡丹の花を戴いた。

DSCN5144.jpg

DSCN5148.jpg


牡丹は「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」「ぼうたん」「ぼうたんぐさ」など多数の呼び名がある。
原産地は中国西北部で薬用として利用されていたが、盛唐期以降、牡丹の花が「花の王」として他のどの花よりも愛好されるようになったという。

Yさんのお宅には牡丹が何株か植えられており、この時期になると咲き競う。
勿論、植えられたままで眺めるのが最高だが、庭のない我が家に切り花を届けて下さる。

牡丹散つてうちかさなりぬ二三片  蕪村 

俳句でも牡丹の名句が多く詠まれているが、画家でもあった蕪村にとりわ
け多い。

奈良の長谷寺、当麻寺が牡丹の寺として有名だ。
当麻寺を訪ねたことはあるが、ぼたんの時期ではなかった。
長谷寺は行きたいと思いつゝ実現していない。

DSCN5139.jpg

DSCN5140.jpg


モノ離れと年々器を処分し、まともなものがない。
花が素晴らしいから、関係なしだが。
  1. 2016/04/28(木) 13:24:07|
  2. 山野草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

芝桜まつり@東京ドイツ村

芝桜まつり@東京ドイツ村

PAP_0055.jpg


今回の東京湾を半周する旅、鎌倉・葉山~久里浜~金谷をフェリーで渡り、君津の「大江戸温泉物語」に泊まる。帰途はアクアラインを通過し「海ほたる」を見る。と云うのが概略で観光などは成行き次第。

「ドリプレ・ローズガーデン」が開園時間前で入場できなかったので、袖ケ浦市の「東京ドイツ村」に向かうことに、「芝桜まつり」が開催されているとのこと。君津から袖ヶ浦まで40~50分位を要する。
今回の旅で、千葉県の地形は複雑で、地域により地形、天候、産業、更には、イメージもかなり異なると知った。

P4242730.jpg

「東京ドイツ村」と言っても「東京」ではないし、いくらかの建物は「ドイツ」風だが特別に「ドイツ」ではない。

「自然と人が共に過ごせる」共生の追求が基本コンセプトで。
敷地面積は27万坪と東京ドームの約19倍、芝生の丘を中心にボート池や、アミューズメントエリア、子供動物園、フラワーガーデンのエリアがある。

P4242741.jpg

P4242748.jpg

駐車場も在るが、周遊路の端の好きな場所に駐車する形式。
広大な敷地を巡るには、誠に便利な方法だ。

この時期は「芝桜」がメイン、あちこちに広がっている。

「国営ひたち海浜公園」は初夏のネモフィラと秋のコキア(ほうきぐさ)が売りで、多くの人が訪れるが、袖ケ浦の「東京ドイツ村」もフラワーパークとして有名のようですよ。


地形や芝生の状況から、廃業したゴルフ場の再生事業と思ったら、ゴルフ場計画を変更し2001年3月に開園した、とのこと。

P4242733.jpg

「シイタケ」栽培の温室や、鉢植えの売り場などもあります。

特に、冬季のイルミネーションが有名で大賑わい、だそうです。
  1. 2015/04/30(木) 12:03:54|
  2. 山野草
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する