よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

JAZZじゃ!JAZZじゃ! JAZZじゃ!

JAZZじゃ!JAZZじゃ! JAZZじゃ!
『クリネタ』No.23 /2013年冬号



P1300003.jpg


P1300001.jpg


ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)の「勝井三雄展 兆しのデザイン」展は、ギャラリー展示と言うより美術館並みの展覧会と感心した。
帰りに出口で、同じ大日本印刷の系列の「MMM」と言うミュージアムショップが隣に在るのを知り、覗いて見た。
小さいビルだが「世界のアートとデザインを暮らしに」をコンセプトにライブラリー、ブティック、アートスペース があり、日本に居ながら世界のアートとデザインに触れられる趣向となっている。

特集:JAZZじゃ!JAZZじゃ! JAZZじゃ!と題された雑誌が目に入り、思わず買ってしまった。

P1300004.jpg


1960年前後に青春時代を送った者にとって、JAZZは特別な意味を持つ。
その頃、新宿の学校に通っていたが、京王線が路面を走り、西口前にはスバルビルが1つ。遠くにガスタンクが見える程度、今とは景色がまるで異なっていた。
級友にバンドボーイと歌手の見習いをしているMがいた。
当時はダンスホールが沢山あり、そこには踊り子がいる。チケットを買って1曲ずつ踊ってもらう、ダンス教習所のような感じだが、音楽は全て生バンド。
友人の仕事の日に、渋谷や新宿のホールに行った。
その内バンドの符丁、数字はCDE(ツェー・デー・イー)、言葉はひっくり返していう、お金はネカ・飯はシーメなどを日常の生活でも使うようになった。

アートブレーキ―とジャズメッセンジャーの来日した頃で、イーストコーストの黒人ジャズが主流になる時代「ファンキー」が大流行した。
彼らの服装に憧れ、サングラスやファンキーハット呼ばれるハンチング、スリムなノータックのズボンにTシャツ。
学校の帰り道は必ずジャズ喫茶、輸入盤のレコードは高いし、アンプやスピーカーも高価だから自宅にある人は稀で喫茶店で聴くのが当たり前の時代だった。主には新宿西口の「ヨット」、時には角筈の都電駅前の「汀」だったか「木馬」だったか、花園神社方面の「キーヨ」にも行ったが、この店は通が多い感じで敷居が高かった。
日によっては八重洲や有楽町の「ママ」、上野の「イトー」、渋谷の「スイング」巣鴨やお茶の水、浅草、などにも遠征した。
聞いているだけで話もしないのだから、今になっておもえば、飽きずに良く行ったものだと思う。
流れる曲のレコードジャッケットがカウンターの所に立てかけてあるだけだから、演奏者も曲名も良く分からずジャケットの絵柄で見当をつけ聞いているのだから、適当なものだった。
専門誌『スイングジャーナル』などを読んだこともあるが、理屈よりただ聞いているだけで満足だった。

そんな時代を過ごした人たちの話がこの特集のテーマ。
人それぞれだから、思いは異なるが、共感するところは多い。
僕の中で、音楽は1960年代のジャズで終わり、その後は無い。

P1310001.jpg


昨年12月初旬に行った神戸の街の紹介も有り、行く前に記事を読んでいれば、行ったであろう、素晴らしい店も有った。

P1300005.jpg

更に、四谷の荒木町の紹介。
水戸の黒羽根町は雰囲気が近く、荒木町風になればと、いつも思っているので
興味深く読んだ。

P1310002.jpg

一度も行ったことがないが「ブルーノート東京』の紹介も。


『クリネタ』とは奇妙な名前とおもった。「おもろい人生、たのしい創造。クリエイトのネタ満載、だからクリネタ!」と云うこと、らしい。デザイン、写真、コピー、ファッション、あらゆる分野のクリエイティブ情報をオモシロ楽しく編集が方針で内容豊富とある。

発売日:3,6,9,12月の27日・サイズ:A5 120頁・編集長・長友啓典。

  1. 2014/01/31(金) 20:55:05|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

室オーディオラボ@水戸市泉町3丁目7-30

室オーディオラボ@水戸市泉町3丁目7-30

P7300531.jpg

P7300532.jpg

随分前の話だが、銀座生まれで常磐大学の教授がいらっしゃった。
友人Nさんのお知り合いで、喫茶店で何度か席を隣にした程度だから詳しいことは分からない。
ぶしつけながら、水戸の印象がどうか訊ねたら「文化度の高い街と思います」とのお答えなので、「どのようなところが」と重ねて質問したら「泉町に金物屋さんが在るでしょう、あそこの店には並でないものが沢山あります」と言われた。確かに、間口は狭く見栄えはしないが、品ぞろえは確かで、蕎麦庖丁をはじめ、各種の道具類が揃っているので納得した。
時が移り、今でもその店が通用するかい否かは分からない。

マニアックな店は観る人は観ていると云うことだ。

最近と言っても何時かは、これまたはっきりしないが、アンプやスピーカーなどオーディオの専門店と思える店が泉町3丁目に出来た。
興味はあるが、音さえ聞こえればと云う貧乏性だから覗いても見なかったが、前述のこともあり、興味半分で入ってみた。

P7300529.jpg

たまたま、知り合いのKさんがいた。
この方はソウルバーの店主でやたら音楽に詳しい。

P7300530.jpg

「僕の友達ですよ、と店主の室さんを紹介してくれた」
それをいいことに、いくつかの機種を試聴させてもらった。

P7300533.jpg

確かに、それぞれの音が違う。
単純に云えば「素晴らしい」素人としてはそれしか言いようがない。

こんな店が存在するのは“水戸の誇り”と思った。
この店の奥並びにはフォーマルウェア ・ブライダル衣裳の「ラ・コラソン」や
ミニカーの「リトルレガード」ミシンと手芸の「モチズキ」など、小さいながら個性的な店が軒を連ねている。
  1. 2013/09/24(火) 23:35:29|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒蘭の鉢 @中西陶房

寒蘭の鉢 @中西陶房・笠間市笠間2192-15 

CA3G0169_20130305231850.jpg


中学・高校時代の同級生T君は大阪に転居したが、50年以上の交友が続いている。
先週末に来水し、笠間に行きたいとのこと。
彼の趣味は「寒蘭」の栽培と鑑賞で、自宅に温室を設け数百鉢を育てている。

水墨画に描かれる草木の代表を四君子と呼ぶが、蘭・竹・菊・梅のことで、蘭は、ほのかな香りと気品を愛でるが、特にスーㇳした葉の姿がポイントらしい。
「春蘭」は水戸周辺の野山にも自生しているので知っていたが、「寒蘭」は四国や九州など温暖な地に育つとのことで、全く知らなかった。

CA3G0168_20130305231852.jpg


栽培するには植木鉢が必要だが、笠間は「蘭鉢」の産地として有名と知らされた。
春蘭の鉢は丈が短く、寒蘭の鉢は丈が長いと云う事も知った。

以前は、笠間の陶房の多くが制作していたらしいが、現在は少なくなったようだ。彼は来る前に「中西陶房」に発注済で、今回は出来上がりを確認し、受け取りに来たのに同行した次第。

CA3G0167_20130305231853.jpg


中西陶房のご主人は三代目で73歳とのことだから、笠間では古窯であろう。
屈託ない職人の明るさを持ち合わせている方だった。

笠間焼には「蘭鉢」と言う特産品が有ることを知って、嬉しくなった。
  1. 2013/03/05(火) 23:20:58|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

句会の当番 @カフェ・好文

句会の当番 @カフェ・好文

日めくり俳句会の当番をしました。御題を決めて会員の皆様の俳句集め、会場の設定をします。お好きな俳句はありましたか。

安居(あんご)
① 藁ぞうり揃へてひそかな夏安居
② しかたなく安居に胡坐(あぐら)おお羅漢
③ 結(けつ)夏(げ)僧釘の緩みし板を踏む
④ 雨安居や震災くぐり白地読む
⑤ 夏籠や僧でなき身を典座とす
⑥ 夏安居の人は愚直を宗として
⑦ 僧ならび義援募るも安居かな
⑧ 夏籠や闇に深さの尺度あり
⑨ 深爪をする夜半かな夏安居
⑩ 気だるさにしばし在家(ざいけ)の安居(あんご)かな
⑪ 夏(げ)籠(ごもり)や人はたしかに生かされている
⑫ 雨安居本とオーディオ蝸牛庵
⑬ ディバックの一番底に居る安吾
⑭ 細き腕髪かき上げて安吾読む
⑮ 夏籠は知らずひたすら家に居る
⑯ 夏安居や滋養に満ちた雨の降る
⑰ 尼の声跡絶えて一刻雨安居
⑱ 夏花にと手折る一枝朝露も
⑲ 夏書御終ゆ破戒僧とや夜の街

卯の花 

① 花卯木だらだらさんの念仏堂
② 卯の花の向かう久慈川母の家
③ 卯の花を写せば遠く人の声
④ 人恋し卯の花垣の志野茶碗
⑤ 卯の花や分校跡の尊徳像
⑥ 石切りの奥の部落や山卯木
⑦ サルトルの匂ひは薄れ空木の花
⑧ 卯の花や帰りそびれの挨拶す
⑨ 花卯木日暮るる刻の濃く淡く
⑩ 卯の花や塩分残る耕作地
⑪ 三方は宅地となりて卯木咲く
⑫ 古時計卯の花腐す喫茶店
⑬ 木の匠舟生の里の花卯木
⑭ 卯の花やブラウス姿の少女達
⑮ 卯の花や地下に潜りし用水路
⑯ 卯の花や少し野卑なる道租神
⑰ ぼうと見ゆ卯の花越しのランニング
⑱ 花うつぎ毎日来る人声高に
⑲ 耳掻いて極楽浄土花うつぎ



テーマ・フランス


① アル中のユトリロの塗る夏の巴里
② 夏が来てまた諦めるフランス語
③ 罌粟坊主スーチンの赤みたくなる
④ 夏の闇ヴェールのキキの影を追ふ
⑤ 麦秋や渡仏の夢のひろがりぬ
⑥ 蝸牛浄土となりぬ腹鼓
⑦ 睡蓮やメビウスの輪日と仏
⑧ かの地にも更衣あり裾短か
⑨ 初夏やいつの頃より壜の水
⑩ 青梅を落とす剣豪ダルタニアン
⑪ シャンソンの語尾は花へと夏の蝶
⑫ 夏空やトリコロールの旗の色
⑬ シャンソンの声おぼろげに夏の空
⑭ 梅雨寒し悪魔の力頼る国
⑮ マロニエや鄙には鄙のごとく咲く
⑯ カタツムリこれが美味かと覗きけり
⑰ 遠き日のルルーシュめきて黴の宿
⑱ 紫陽花と白いピアノのシャンソニエ
⑲ 名画座の記憶の標ライラック
⑳ 若かりし向日葵の花果てしなし



  1. 2011/06/19(日) 23:28:21|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「新宿末広亭」二月下席

IMG_0066.jpg

「新宿末広亭」

子供の頃はテレビは無かったから、もっぱらラジオだった。
そのラジオでさえ、どの程度聞いていたか?はっきりとした記憶は薄い。
大相撲の中継や落語や講談を聞いたような気がする。或いは、テレビ放送の初期の頃の記憶なのか、柳家金語楼・花菱アチャコ・柳家三亀松・古今亭しん生・徳川夢声の朗読などの名前を思い出す。

とにかく、寄席・演芸場に行き、一日を過すのが一つの夢だった。
出来れば、和服できめて。

その程度の事、とお笑いの方も多いでしょう。
きものを着ては叶わなかったにしても、やっと実現した。

霧雨の降る2月26日、新宿の末広亭に。
昼の部は12時開演で4時30分まで、昼夜入れ替えなしで夜の部が5時より9時まで。
僕にとって、このような機会はザラにある訳でもないので、気合充分で出かけた。

昨年NHKの朝のテレビ『ちりとてちん』が人気を博した影響か、落語ブームらしい。
前座で出番の名札を返したり、座布団を返す役目《なんと呼ぶのかは分からないが》は昼・夜とも若い女性だった。客席も昼はほぼ満員、夜が4割くらいであったろうか。

昼夜合わせれば40名程の芸人さんの公演を身近に観て¥2500(シニア料金だが)とは誠に嬉しいお値段だ。
名前も知らない、顔も知らない芸人さんが次々と登場する。
勿論、真打だし芸歴何十年と言う玄人ばかり、僕が顔や名前を知らないだけだが。

プログラムの全員を書き連ねる訳にもゆかず、聞いた事のある話しも多かったが、演題ははっきりしないで、印象に残った方の名前だけでも記しておきたい。

柳家権太楼の軽快なしゃべり。
柳家小菊(名前の如く女性)の三味線を弾きながらの俗曲は三亀松を思い出し、なかなか粋なものである。
アコーデオン漫談の近藤志げる。野口雨情の『船頭小唄』『赤い靴』などをしみじみとした語りを交えながら、アコーデオンを弾きながら唄った。
今回一番感動したのがこの出し物だった。
入船亭扇橋、五街道雲助。紙切りの林家正楽なども名人芸だ。

とり(主任)を務めた柳家小満ん、柳家さん喬も熱演だった。
それぞれの力量は大差ないのかもしれないが、とりは時間も少し長く出来そう出し、力も入るのだろう。

機会をみて『上野鈴本演芸場』『浅草演芸ホール』『池袋演芸場』等にも行きたいと思う。

  1. 2009/02/28(土) 02:31:11|
  2. 趣味
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する