よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

大佛茶廊の桜「大佛次郎を歩く・其の4」

大佛茶廊の桜「大佛次郎を歩く・其の4」

o4_20170418230851d08.jpg


ストレイシープの世田さんの紹介で鎌倉の「大佛茶廊」を訪ねたのが3月5日で、「鞍馬天狗」「天皇の世紀」「赤穂浪士」「大仏炎上」などの作品で知られる作家、大佛次郎(おさらぎじろう)の別邸跡を茶廊として週末の土曜日・日曜日に限って営業している。

若宮大路の路地裏に隠れ家的に佇む、大正8年に建てられた茅葺き屋根の邸宅と程よく手入れされた庭園で抹茶や珈琲・紅茶なども戴ける。
鎌倉ビールもメニューにあるのは嬉しい。

茶廊主の野尻 芳英さんは鎌倉の地をこよなく愛した作家で、鎌倉の景観保護に尽力した大佛次郎(本名:野尻 清彦)のお孫さんにあたる。

営業は土日祝日の正午前より日没まで、というユニークな営業日時。
11時半頃に到着したので、一番乗りで入店出来た。
お蔭で、幾らか話を伺うことが出来て「桜の頃も良いですよ」とのこと。

3月末には開花と思ったが、その後の冷えで開花が遅れ4月8・9日辺りが見頃と聞いて9日に出掛けた。
生憎の小雨ではあったが、週末のみ営業だから致し方ない。

o1_20170418230854086.jpg

若宮大路は「鎌倉まつり」とやらで大賑わいだが、通りを僅かに入っただけで清閑な別世界だ。

o2_20170418230853980.jpg

枝垂桜・ソメイヨシノ・山桜など。

o3_2017041823085223f.jpg

シャクナゲ。

o5_20170418230850624.jpg

ツツジでしょうけれど、名前は?

o9_20170418230846d90.jpg

白磁の徳利に「黒椿」
真紅の濃い色なので「黒椿」と呼んで良いのではと思いますが、珍種と思います。

o7_20170418230849e56.jpg


ガラスケースの中に鎌倉の景観保護に尽力した大佛次郎の資料などが展示されてある。
図書約36,000冊・雑誌約58,000冊特別資料(自筆原稿・自筆資料・書簡等)美術、台本や地図等の関連資料、遺品等 約17,000点は横浜市に寄贈され「港の見える丘公園」の「大佛次郎記念館」に収蔵されている。

o13_2017041823083848a.jpg


総数7万点を超す所蔵品は季節ごと・テーマごとに公開されている。

o12_20170418230839f85.jpg

抹茶には、鎌倉・美鈴の生菓子がつく。
コーヒーや紅茶には、東京、永福・CQLの焼き菓子が。

o8_20170418230847c2c.jpg


お値段は、高そうに感じますが、文化財の庭と建物。
ゆったりと流れる時間を考えれば、お安いかも。
日常の街のコーヒー屋さんとは比較になりません。
文化財を守り維持する努力に感謝です。

o10_201704182308456e5.jpg


トイレの中の「手水鉢」さすが、文化財の建物。
手入れも大変でしょう。

o11_201704182308433b9.jpg

玄関から門を眺める。
石畳を含め、味わい深い。

o11-1.jpg


路地を挟んで反対側に旧大佛邸本宅。
この2階に書斎が在ったようです。

o11-2.jpg

往時の書斎の写真。
この状況は「港の見える丘公園」の「大佛次郎記念館」に再現・展示されている。


「大佛茶廊」HP
  1. 2017/04/18(火) 23:21:16|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

向ヶ岡と忍ケ丘 @史跡見学会

向ヶ岡と忍ケ丘 @史跡見学会

DSCN9513.jpg


「第24回芸工展参加企画・修復のお仕事展16ワークショップ」10月15日の「加賀藩・富山藩コース史跡見学会」の後半は。
不忍池を挟んで二つの岡が対峙した景観を「向ヶ丘」から辿ってゆく。

《向ヶ岡》水戸藩・駒込邸、加賀藩上屋敷、加賀藩の支藩である富山藩辺り。
《不忍池》(洞庭湖・琵琶湖などに見立てる。)
《忍ケ丘》寛永寺(現在の上野のお山一帯)


旧加賀藩前田邸の懐徳園・育徳園から下り、旧富山藩邸・現在の東大病院に。

DSCN8465.jpg


ベルツの庭石。
ドイツ人の医師・エルヴィン・ベルツ博士(1849-1913)の住居に在った伝えられる庭石。
戊辰戦争の時は、この辺りに官軍が大砲を据え、上野の彰義隊と対峙した。

DSCN8468.jpg

DSCN9514.jpg


更に下って「池之端門」を出ると直ぐに「境神社」
正に「向岡」と「忍岡」の境界。

DSCN8470.jpg


その直ぐ脇が「横山大観記念館」
何時も上野駅方面から訪ねるので分からなかったが、東大病院の真下。
今では大観記念館から不忍池の湖面に映る月を望むべくはないが、建設時は良く見えたことであろう。

DSCN8479.jpg

水月ホテル鷗外荘。
敷地内に明治の文豪・森鷗外の旧居が保存されている。

DSCN8488.jpg


彫刻家・平櫛田中(ひらくしでんちゅう1872〜1979)の旧居兼アトリエ(台東区上野桜木2-20-3)。
「修復のお仕事展‘16」「しまう」の会場。


「しまう」を統一テーマに油絵修復・建造物保存活用・染織品修復・陶磁器修復・東洋書画修復・文化財保存支援など14の団体・個人の展示。

分野ごとに「なるほど」と感じる展示が沢山あった。

今回の「史跡見学会」を主宰して戴いた原祐一さんも「埋蔵文化財公開・活用」 を展示されていたのを拝見。

今回の見学会はここで解散。

見学会


原さんのFBによるこの日のルートマップ。

DSCN8495.jpg

散会後、忍ケ岡からの眺めを確認。
清水観音堂の下から「弁天堂」更には「向ヶ丘」を望む。
大きなクレーンなどは建設中の東大病院。

東京国立博物館は金曜日なので夜間も開館。
本館前の庭では「野外上映会」が開催されていた。

DSCN8527.jpg

清水観音堂の上に秋の月が。
「向ヶ丘」から不忍池に映る月影を愛でたことだろう。

今回は説明を聞きながら歩いたので理解がより深まったが、建築物がやたら増殖し、想像にたよる部分がかなり必要であった。

原先生、有り難う御座いました。

  1. 2016/12/06(火) 16:51:59|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見川塚畑遺跡・現地説明会@水戸市見川1丁目

見川塚畑遺跡・現地説明会@水戸市見川1丁目

DSCN6461.jpg

DSCN6459.jpg

水戸徳川博物館の道路を挟んだ反対側で、桜山に隣接する紅葉谷を拡張する工事が進行中だが、その敷地に弥生時代の集落跡の遺跡があるとして発掘調査が行われている。

7月3日(日)午前10時から「見川塚畑遺跡」の発掘調査説明会が現地で開催された。暑い中、200人以上の人が集まったのは驚き。

70人位を1グループとし、3組に分かれて説明を聞いた。

DSCN6483.jpg


見川塚畑遺跡は,弥生時代後期(約1,800年前頃)の集落跡で,当時の竪穴建物跡を20棟以上確認している。
土器や紡錘車などが出土しており,人々の暮らしぶりがうかがえる。


DSCN6466_2016070314570245a.jpg

竪穴建物跡。

DSCN6473.jpg

直径30センチ足らずの穴の深さが、約80㎝、
まともな道具が無い時代、どの様にして掘ったのか?

DSCN6471.jpg

住居の想像図、柱を立てて茅などをふいたらしい。
縄文時代の竪穴住居とあまり変わらない感じだ。

炉跡、奈良時代に半島から竈が導入されるまで、煮炊きや暖房は全て炉の焚火。

DSCN6452_201607031507573e4.jpg

炉の近辺から出土した弥生土器「十王台式」
十王台式は弥生時代の後期、主に茨城県の北部に多い。
住居跡あたりの土器の個数が多いのが、この遺跡の特色。

DSCN6447.jpg

手掘りによる作業の実演。

DSCN6458.jpg


DSCN6479.jpg

発掘された十王台式の土器は、完成度が高い優品が多い。

なかには水戸より北部常陸太田辺りで作られた品もあるとか。
土質等により分かるらしい。

「十王台式の土器」は北関東の弥生時代の遺物としては優品で、工人の美的感覚は素晴らしい。

以前は発掘現場に良く足を運んだ、久し振りの発掘現場の見学。
地形や出土品から、1800年前の暮らしに思いをはせた。

  1. 2016/07/03(日) 15:10:17|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お茶の心得が無いのにお茶会に出席することになった。

お茶の心得が無いのにお茶会に
大橋茶寮@東京都港区虎ノ門5-6-6


DSCN5651.jpg

お茶の心得が無いのにお茶会に出席することになった。
「大橋茶寮」はお茶事の場として、知られているようだ。
お茶事で大切な〔料理〕に定評があり、職種としては料亭に分類される。

東京メトロ日比谷線「神谷町」から徒歩5分のところだが、1980年代後半から1990年代前半にかけて周辺にオフィスビルが多くなった。
近くには「テレビ東京」や森ビル関連の高層ビルも在る。

周辺が高層化するのに抗うように、大橋茶寮の周辺だけは、戸建ちの平屋か2階建てがあり、旧町名「仙石山」がまだ生きている。

DSCN5650.jpg

大橋茶寮の表門。
昭和21(1946)年建設の木造平屋建て。
土壁が多用されている。

DSCN5832.jpg

DSCN5835.jpg

中庭を囲むように幾つかの茶室が点在している。


点心は懐石よりは略式の食事だが、

DSCN5849.jpg

先付は折敷の中の高坏に盛られて。
特に稚鮎の塩焼きが美味しかった。

DSCN5853.jpg

向付「鯛のコブ締め」
DSCN5854.jpg

ご飯・汁物。

食事を楽しみに出席したが、良い素材を少しづつ戴くのは嬉しい。

DSCN5837.jpg

薄茶席の待合。

DSCN5846.jpg

薄茶のお菓子。

DSCN5845.jpg

薄茶席の道具類。
何れもガラスはこの季節ならでは。

DSCN5872.jpg

特に、ガラスの釜・水指、は見事。

DSCN5873.jpg

風呂先屏風は「水衣」(法衣の薄くなった布を使用している)

不慣れなので濃茶席はパス。
何れにしてもお茶や懐石は未知なる世界で、間違は御許しを。

水戸の市内でも、茶会はある。
お茶を楽しむ機会を多くしたいと思った。
  1. 2016/06/06(月) 23:22:53|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下市毛八坂神社のしだれ桜@笠間市下市毛

下市毛八坂神社のしだれ桜@笠間市下市毛

DSCN4850.jpg

DSCN4851.jpg


笠間の有名な焼鳥店「鳥文」は予約なしでかうのは難しい。

鳥文の反対側の路地を入った所の八坂神社。
明治初期の廃仏毀のときに廃寺になり、境内社の八坂神社が祀られるようになった。

DSCN4852.jpg

DSCN4853.jpg

樹齢約200~250年、目通り幹囲3.2m、樹高約13m。
枝張り東8.5m、西9m、南9m、北8m。
樹幹からの枝のしだれは、長いところで約8mから10m。
天然記念物に指定されている。

DSCN4854.jpg


しばらくは桜行脚の日々となる 阿然
  1. 2016/04/09(土) 22:15:06|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する