よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

鴫立庵@神奈川県大磯町

鴫立庵@神奈川県大磯町

shi1_201804040729061eb.jpg

「鴫立庵」は京都の「落柿舎」、滋賀の「無名庵」と並び日本三大俳諧道場の一つとされる。

かねがね、訪ねたいと思っていたが実現しなかった。
伊勢神宮参拝の帰途、大磯駅で途中下車。
青春18切符の利点は、何度でも途中下車が可能なところだ。

大磯駅から徒歩で約10分、国道1号(旧、東海道)沿いの瀟洒な茅葺屋根の「鴫立庵」。

shi2_201804040729074b5.jpg


門前を流れる谷川を渡る石橋。
落差のある流れの沢音が響く。


元禄8年江戸の俳人、大淀三千風が俳諧道場として「鴫立庵」を再建1世とし、現在は22世の鍵和田柚子が庵主を務めている。
歴代の庵主はここに住んだようだが、現・庵主は東京にお住まいとのこと。

何も知らずに閉庵時刻の16時間近に訪ねたが、管理の係員さんが親切に案内して下さった。
民間所有ではあるが、管理面においては大磯町が援助されているように感じた。

一旦、仕舞われたにも関わらず「水戸から訪ねた」と伝えたところ開扉されて説明下さり、写真も撮って下さった。
ご親切な対応に心から感謝いたします。

管理員さんの説明と頂いたパンフレットを元にした訪問記。

江戸時代初期(寛文4年)小田原の崇雪が敷地内に建てた「鴫立沢」碑。
石碑の銘文「著盡湘南清絶地」により「湘南発祥の地」とされることもあるとか。

西行の「こころなき身にもあはれは知られけり鴫立沢の秋の夕暮」(『新古今和歌集』)の比定地とされている。

shi9_201804040729199b5.jpg


「鴫立庵室」歴代庵主の住まいとして使われた。
21世の草間時彦は在庵15年で平成15年に没するまで住まわれたようだ。

shi3_201804040729085a8.jpg

shi3-2.jpg


「法虎堂」

shi3-1.jpg

堂内には有髪僧体の虎御前19歳の木像。

shi4_20180404072914265.jpg

「円位堂」
庭園の奥、海を背に北面して建つ。
大淀三千風が創建した当時の遺物と伝えられる。

shi4-2.jpg

文覚上人作の西行木像。

shi5_2018040407291604e.jpg


庭内には多くの石碑などが建っている。

shi6_2018040407291727d.jpg

「俳諧道場」は句会などにも貸し出し可能。
使用料も安く、句会開催の場所として最適だが大磯では遠すぎ。
地元の人にとっては絶好の場だろう。

  1. 2018/04/04(水) 07:38:29|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「古仏修復所と修復されたお像に会いに」【Tabi-ぶらin真壁&石岡】・其の1

「古仏修復所と修復されたお像に会いに」【Tabi-ぶらin真壁&石岡】・其の1

but9.jpg


●シーン1【古仏修復所見学】@桜川市真壁町真壁351-1

【Tabi-ぶら】を主宰する山本哲士さんの選定する訪問の場所や人はかなりユニークだ。

but7.jpg

10月28日(土)は桜川市真壁町の古仏修復士・飯泉太子宗(としたか)さん。

文化財の保存には修復の仕事が欠かせない。
骨董の世界でも、真贋と同様に「直し」の手がどの程度入っているか?
を重要視する。
まして、文化財であればなおさらで、その辺りの兼ね合いは気になっていたので、今回の訪問は楽しみだった。

but6.jpg


飯泉さんの「NPO古仏修復工房」は明治時代に建てられた小学校校舎を改造した、
工房そのものが文化財の再利用。


飯泉太子宗さんは東北芸術工科大学文化財保存修復学科で文化財修理を学び、1997年に京都の財団法人美術院国宝修理所に入所。
岡倉天心が開いた同修理所は、日本の国宝や重要文化財の仏像を唯一修理できる施設だ。

6年間修復に励み、さらに別の修理所でも1年間腕を磨き自信を付けた。
しかし、文化の異なる多くの人と出会い、様々な経験がしたい―。
そんな思いから、約1年半にわたって世界の文化遺産などを見学しながら26カ国を巡り、各国の文化に触れた。

帰国してすぐの2006年8月「NPO古仏修復工房」を開設した。

but3.jpg

but2.jpg

but1.jpg


作業の概要を見せていただいた。

先ずは解体して部材を確認。
他の仏像の部材が混入していないか。
似通ったものグループに分け組み合わせる。

後からの着色は落として元の色に。

金箔などが剥離しそうなものは接着剤で留める。

but5.jpg

but4.jpg



but10.jpg


幾つかの作業を同時に並行しながら進める、

部材を組み立て、不足分のパーツは彫刻刀で作成。
補修の材料はどの木材にも対応し、耐久力があり、成形しやすいヒノキを使用する。

足りない点を最小限に補充し、原型に近いながら、時代の雰囲気を損なわないように完成させる。

解体された部材、金箔や漆を留める前の状態など,作業の各段階を見ることが出来た。

如何に労力と神経使をう仕事であるか、がよく分かった。

完成に至るまでは数か月から数年がかかるとのこと。
忍耐を要するお仕事だ、

but8.jpg


工房前で記念撮影、


(写真の一部は「旅ブラ」会員の皆様のfb掲載から引用させて頂きました。)


  1. 2017/10/29(日) 23:30:20|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牧野藩下屋敷の一部を使用の民家@笠間市大郷戸

牧野藩下屋敷の一部を使用の民家@笠間市大郷戸
「笠間ぶらぶら」その3



ma1_20171002224431c7c.jpg


廃藩置県で民間に払い下げられた牧野藩下屋敷の一部を使って建てた富田家。
木造平屋建て124坪、欅と檜木を使用した豪壮な建築。


ma2_2017100222442951a.jpg

沢山部屋が在る中、下屋敷だった部分は床の間、中の間、次の間の3部屋。

案内してくれた大和田さんは、子供の頃に何度も訪れた。とのことだが、生憎、所有者が不在であった。
残念ながら、内部は拝見できなかった。

ma3_20171002224428770.jpg


斜面から流れ出る湧水による池のある庭。
往時の華やかさが偲べる。

ma4_20171002224427156.jpg

奇妙な形の燈籠があった。

この家の山側、500m位の所に、高野公男の生家が現存。
所縁の方がお住まいらしい。写真は撮りませんでしたが。

ma5_2017100222442544d.jpg

驚いたのはこの屋敷の直ぐ近くの「竹江家」住宅。
あたかも「豪族の御殿」と云う感じに見える。

この様な屋敷が現存しているのか、と驚いた。
塀や門、屋敷内まで見事に美しく管理されていた。


●笠間は笠間氏が鎌倉時代初期からの領地。
その後、幾多の大名の所領となるが、江戸時代中期より明治まで《延享4年(1747)-明治4年(1871)》牧野家が領有した。

佐白山の麓にある山麓公園は江戸時代「下屋敷」と呼ばれていた。
笠間城の下方にあたるのでそう名付けられ、笠間藩の役所と藩主の居宅を兼ねて御殿があった。
  1. 2017/10/02(月) 22:46:57|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夤賓閣跡(いひんかくあと)@ひたちなか市湊中央

夤賓閣跡(いひんかくあと)@ひたちなか市湊中央

hi2-4.jpg


毎月の第2日曜日を見当に、公民館などを借りて「日めくり俳句会」が開催される
。会主は輪番制で、年に1度くらい担当する。

hi1_20170910214132780.jpg

今月の担当のNさんが選んだ会場は、ひたちなか市湊中央の「湊公園ふれあい館」。

hi2_20170910214131dbc.jpg

hi2-1.jpg

ここは1698(元禄11)年に徳川光圀により建てられた水戸藩別邸「夤賓閣」の跡地に在る。
歴代の藩主も訪れ、宴席や詩歌の会が催されたが、地理的にも防衛の要、城塞としての機能もあった。

hi2-1-2.jpg

太平洋や那珂川の河口を見渡す景勝の地。
1864(元治元)年に騒乱で焼失、現在は湊公園として親しまれている。

hi2-3.jpg

hi4_20170910214124cbb.jpg


往時を偲ぶものは、須磨明石から取り寄せた黒松が12本。

hi6_201709102141200d0.jpg


樹齢300年を越えた幹や枝ぶりは見事なものだ。

hi7_20170910214119f16.jpg

公園内を散策しながら、俳句を作る。

hi9_2017091021411739e.jpg

hi10.jpg


「イワレンゲ」は本州(関東以西),北九州の海岸の岩地などに野生し,観葉植物として古くから栽培される,ベンケイソウ科の多肉植物。

月例会は午後1時からの開催なのだが、本日は午前10時から開催。
12時までの2時間が吟行。
その後、出来た句を互選し鑑賞する。

俳句の会ではあるが、飲み食いしながらの雑談が楽しい。
当日だけ句作をする小生にとって、花より団子。

hi11.jpg

Nさんの手作り「栗ご飯」のお弁当。
美味しくいただきました。
  1. 2017/09/10(日) 21:50:23|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

独鈷の湯(とっこのゆ)@伊豆市

独鈷の湯(とっこのゆ)@伊豆市
♫天城超え♫ 「伊豆の踊子」を辿る 其の3


to2.jpg





朝風呂を浴びて、朝食のバイキング食べて出発。
旅が始まる前、Tさんが“空海(弘法大師)が噴出させた修善寺の「独鈷の湯」に立ち寄ろう。と提案した。
確かに、修善寺温泉の原点だ。
やり取りは今風にネットだが、検索すると、今は入れないとか、良く分からない。ネット情報は確実性に欠ける。

在りました「独鈷の湯」

to1.jpg

密教法具に由来するので「どっこ」とおもっていたら「とっこ」と読むらしい。

to3.jpg

Tさんがそくさくと、

修善寺川(通称:桂川)の川中にあり、土台の岩や大きな石を組んで浴槽をかさ上げし、足湯を楽しめるようになっている。

to4.jpg

僕だけ足湯を愉しんだ。
裸足になったので、出てから軽く滑ったが、ことなきで幸い。

to5.jpg


『戦前までは岩の隙間などから自然に湯が湧き出ていたと伝わるが、川中に突き出た形状で、豪雨の際に流れが阻害され、氾濫を引き起こす原因となりかねないとして、県の計画で2009年4月に19m下流の川幅の広い位置に移動させられた。』と云うことで、岩を組あげた上に温泉を引き込んである。

to7.jpg

to8.jpg


「修善寺」
807年創建のこの寺院は、弘法大師空海によって開かれた。
修善寺温泉の歴史は、この寺の歴史とともにあるが、現在は真言宗ではなく曹洞宗の寺院で禅寺だ、正式名称は「福地山修禅萬安禅寺」
御手洗(みたらし)の水が温泉で、飲めますと書いてある。
さすが湯の街だ。

修善寺温泉は漱石が転地療養した「菊屋旅館」など老舗旅館が多い。

to6.jpg

木造3階建や、唐風の社寺建築の料理旅館。
1泊2食で御幾らか?縁のない世界だが、覗いてみたい気はした。


●空海(弘法大師)が大同2年(807年)に修善寺を訪れたとき、桂川で病んだ父親の体を洗う少年を見つけ、その孝行に感心した大師は、「川の水では冷たかろう」と、手に持った独鈷杵で川中の岩を打ち砕き、霊泉を噴出させた。
これよりこの地方に湯治療養が広まり、修善寺温泉が始まったとされる。


●独鈷(とっこ)
密教法具「とこ」「どくこ」とも読む。「独鈷杵」の略で、「一股杵」ともいう。
鈷は、「股」とも記す。

金剛峰寺法具。


重文 金銅仏具金剛峯寺 平安時代
右端が「独鈷杵」

●夏目漱石の「修善寺の大患」、
明治43年(1910)8月24日、43歳の漱石は伊豆・修善寺の菊屋旅館にいた。持病の胃潰瘍による入院加療のあと、転地療養のためこの地に足を運んで、19日目を迎えていた。しかし、胃疾になり800gにも及ぶ大吐血を起こし、生死の間をさまよった。
この時の一時的な「死」の体験は、その後の作品に影響を与えることとなった。漱石自身も『思い出すことなど』で、この時のことに触れている。
晩年の漱石は「則天去私」を理想としたが、この時の心境を表したと言われる。
*吾々が8月22日に修善寺を訪れたのは何かの縁か。
漱石43歳、僕は馬齢を重ね76歳「則天去私」に至らず蠢いている。


  1. 2017/08/30(水) 14:21:25|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する