よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

2017年、今年は何年。

2017年、今年は何年。

DSCN9965.jpg


昭和生まれの自分にとって、昭和〇年と呼ぶのが分かりやすかったのだが、平成となって、ややこしくなった。
従って、西暦が世界的な基準で、比較も簡単なので使うようになった。

しかし、明治・大正・昭和・平成とつながる年号が良いという人達もいるのでカレンダーには、
2017年・平成29年・昭和92年・大正102年と併記されている。

DSCN9962.jpg

年号に加え干支(えと)も使われる。
1 子 ね (ねずみ) 2 丑 うし( うし) 3 寅 とら (とら) 4 卯 う (うさぎ) 5 辰 たつ (たつ) 6 巳 み (へび) 7 午 うま (うま) 8 未 ひつじ (ひつじ) 9 申 さる (さる) 10 酉 とり (にわとり) 11 戌 いぬ (いぬ)
12 亥 い (いのしし)
何れも通常使用している漢字とは異なるが、この様な表記もある。

DSCN9963.jpg

今年は「酉年」(とりどし)だ。
鳥全般と言うより鶏(ニワトリ)を指す。

更に「十二支」と「十干」を組み合わせると、60種の組み合わせ ができる。
これを「十干十二支」という 。
「十干」の日本語の読みと音読みは
甲:きのえ(こう)
乙:きのと(おつ)
丙:ひのえ(へい)
丁:ひのと(てい)
戊:つちのえ(ぼ)
己:つちのと(き)
庚:かのえ(こう)
辛:かのと(しん)
壬:みずのえ(じん)
癸:みずのと(き)

因みに今年は、丁酉(ひのととり・ていゆう)。
過去には年号が頻繁に変更されたので、古文書などでは「十干十二支」が使われることが多い。
しかし、同じ組み合わせが60年に1度巡るから読み違えると60年動いてしまうことになるのがややこしい。

DSCN9975.jpg


中国・漢時代の鶏の俑


  1. 2017/01/01(日) 20:45:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2016年の大晦日の宵。

2016年の大晦日の宵。

大晦日の過ごし方に決まりがあるわけでなく、毎年異なる。
今日は友人宅で千波湖越しに筑波を眺めた。

DSCN9955.jpg


DSCN9958.jpg


三日月が昇り金星が輝く。

今年も、無事に過ぎそうだ。

良いことも悪いことも、それぞれが良き想いで。

日が変るまで数時間。

皆さま、良いお年を。
  1. 2016/12/31(土) 20:15:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬茜

冬茜

夕景 014

夕景 030


小・中・高と同級だったO氏は棲み処も同じ町内だが、それぞれの道を歩んでいる間は顏を合わせる機会も少なかった。

仕事を離れ、気ままな生活を送るようになったせいか、ここ一年、会う機会が増えた。

彼の住まいは千波湖を見渡し、筑波の峰も遠望できる絶景のロケーション。

朝焼けから日の入りまで、四季折々折、刻々と変化する景色は飽きることが無いだろう。

多才な方で写真撮影も年期が入っている。
夕景だけでも日に50カット位を写すこともあるとか。

ジャズから演歌目でまで音楽に対する造詣も深く数千枚のCDやレコードを集めていて、1日何枚も聴くことが有るらしい。

夕景 037

夕景 052

夕暮れ時に彼の家を訪ね、お酒を戴きながらジャズを聴くのは愉しい。
刻々と変わる空や雲や夕陽を見ながらの1杯は最高の贅沢だ。

何時もご迷惑をかけて申し訳ありません、この場を借りて感謝の気持ちを。

(写真は彼のFBから)

  1. 2016/12/04(日) 17:16:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はやくも忘年会 @レストランよこかわ 水戸市南町

はやくも忘年会 @レストランよこかわ 水戸市南町

PB260080.jpg

PB260078.jpg


今月も残り僅かで12月。
クリスマス会や忘年会の知らせが届く時期となった。

仕事を離れてしばらく経つから、案内も少ないがそれでもいくつかはあるもの。
40歳で卒業の団体の同期会が毎月16日「レストラン・よこかわ」で開かれる。
8月と12月はお休みで、日曜と重なれば休会で32年間、延べ200回くらいにはなる。
毎年、11月に早めの忘年会を開く。

PB260083.jpg


PB260082.jpg

飲んで食べての雑談だが、気心知れた仲間ゆえに楽しい時間だ。
あと一か月あるが、今年もつつがない日々であったことを感謝したい。

  1. 2013/11/29(金) 18:12:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高瀬観光やな @栃木県那須郡小川町

高瀬観光やな @栃木県那須郡小川町

P9180035.jpg

P9180024.jpg

高瀬の簗。
川を堰き止めるような蛇籠、水かさが増した流れは迫力がある。

昨日に引き続いて爽やか朝を迎えた、
Uさんから「天気も良く、台風の後で水量も多そうなので、高瀬の簗に行きませんか?」とお誘いを受けた。

那珂川上流の栃木県小川町の「高瀬観光やな」は川幅も広く景色が良い。
雨の後は水量が増えて、簗に上がる鮎が多くなる。

P9180041.jpg

P9180038.jpg

次々と鮎が打ちあがる。

P9180026.jpg

シーズンオフの平日だから、ゆったりとした時間を過ごせた。

P9180025.jpg
炭火でこんがりと焼きあげる。

P9180028.jpg
鮎の炊き込みごはん。
ほぐした鮎の身を炊き込み、焼き鮎が2匹乗っている。

P9180030.jpg
塩焼き。

P9180029.jpg
フライ。

オゾン溢れる簗場で、話をしながら食べるアユ料理は気分が良い。
この日は、Uさんの奥様の運転なのでビールを飲む。

爽やかな秋の一日の御清遊、Uさんご夫妻、有り難う御座いました。
  1. 2013/09/18(水) 19:51:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する