よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

鶏足山のミツマタ@東茨城郡城里町上赤沢地内

鶏足山のミツマタ@東茨城郡城里町上赤沢地内

DSCN4172.jpg

「花がそろそろ咲くようなので、三椏(ミツマタ)の群生地に行ってみませんか」とお誘いを受けた。
ミツマタは楮(コウゾ)と並んで和紙の原料だが、庭木としても植えられている、ことくらいは知っていた。内原カタクリの群生地はいったが、ミツマタは聞いたことが無かった。

山登りが趣味のSさんの話、山歩きは自信がないから幾らか不安だ
朝8時半に水戸市岩根のご自宅に伺い、其処からSさんの車に。

DSCN4175.jpg

DSCN4174.jpg

走ること約30~40分、城里町上赤沢の「鶏足山」登山口の駐車場に到着。
既に何台か駐車していた。
弘法大師に所縁のある山とある
今は、中高年の登山が人気らしく、何組か先着がいた。


鶏足山の三椏が知られるようになったのは最近のこと。
戦時中、紙の不足を危惧して三椏を植えたが忘れ去られ、平成16年に杉の間伐をした際に、再発見されたことからだ。

DSCN4183.jpg

幾つかの登山ルートが有ったが、一番やさしいコースを選択してもらったのだが、それでもかなりの山道。

DSCN4184.jpg

「藤井川の源流」と表記に在る湧水も。

DSCN4190.jpg

40分位で、ありました、三椏の群生地。
鶏足山の裏側、茂木町との境界に近い場所。
上から見ると白っぽが、下から見上げた花は黄色い。
幾らか赤みもある。
三椏はジンチョウゲ科のミツマタ属。
従って、沈丁花のような甘い香りがする。

DSCN4192.jpg

更に、谷1つ全部に広がっていた。
これは、名所として植え広がらせた感じがした。

DSCN4198.jpg

マンガン鉱採掘跡。
明治11年(1878)に採掘された、との説明が。
マンガンは乾電池などに使用される金属。

DSCN4205.jpg

群生地から沢沿いの登山道を抜けて、鶏足山の山頂を目指す。
DSCN4222.jpg

鶏足山山頂、標高430m。
弘法大師が祀られていた。

DSCN4214.jpg

周囲に高い山が無いので、筑波や水戸辺りまで見通せる。
まさに絶景かな。
気象条件によっては富士山まで見えるとか。

DSCN4216.jpg

尾根伝いの奥に護摩焚石。弘法大師が護摩焚きををした石とか。

DSCN4221.jpg

鶏石。

なだらかなルートを通って無事下山。
400mの山頂を極めたこと、ミツマタの群生と花を見られたことに大満足。

  1. 2016/03/12(土) 23:25:50|
  2. 山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菜の花・蕗の薹

菜の花・蕗の薹

DSCN4004.jpg


工業社会の豊かさに疑問をもち、筑波山麓で自給自足の百姓暮らしを1983年に始めた筧次郎さんは哲学・言語学を学び花園大学講師であった。1947年に水戸市に生まれた筧さん、友人の兄上であった縁で知り合い、大きな影響を受けた。

食べるもの幾らかで作りたいと、友人の畑を借りて日曜菜園を始めたのは1985年頃だ。
水戸市那珂川の河川敷内の畑で筧さんとは異なる、無肥料・無農薬で有名な福岡正信さんの農法に従った。
畑が新堤防建設の敷地となるまでの7~8年間、那珂川の河川敷で暫しの農業体験をした。

畑より、那珂川の河川敷の季節の移ろいを愉しんだ。

DSCN4002.jpg

3月は菜の花の時期。
花を咲かせるまでに育たなくとも菜の花は育つ。

農業と云うより採取と云える。

そろそろ時期かと、久し振り出かけた。


一面お菜の花ではないが、モノによっては花を咲かせている。

スーパーのビニール袋1袋を摘んだ。

DSCN4006.jpg

ところによっては、フキノトウが出ていたので摘んできた。

刻んでみそ汁の香りに、或いは蕗味噌に。

自分で作るわけではないが夕食が楽しみだ。
  1. 2016/03/03(木) 21:17:17|
  2. 山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天神平 @谷川岳

天神平 @谷川岳

天1

芳野満彦さんとの出会いはかれこれ25年前、泉町のタキタ画廊で開催された『芳野満彦山岳画展』だった。

17歳の時に八ヶ岳で遭難し、両足指を失うが、回復とともに歩行訓練を始める。
積雪期前穂高四峰正面壁を始め多くの初登攀やアイガー北壁行は、日本人のアルプスの岩壁の先鞭をつけた伝説の登山家。

ヒマラヤやアルプスの山々のスケッチ。
スケッチブックに記された絵と文章。
切符やレシートなどが張り付けられた絵日記。

油絵も含め約180点の作品にえらく感動した。
以来、度々お邪魔しては酒を酌み交わした。

10年前頃に体調を崩し酒をプッツリと断たれ、お会いする機会は少なくなったが、たまにはご機嫌を伺いに参上する。

今月の中旬、開通した北関東道を走り1泊2日の旅をする話を芳野さんに相談に上がると「水上温泉に泊まり、谷川岳に行くと残雪も見られるだろう」とのこと。

北関東自動車道路で榛名山を経由し水上温泉に。

天2

天3


翌日、ケーブルカーで天神平さらにリフトに乗って天神峠に登る。

天5

天9

労なく1502m地点に。

天6

天7


残雪の谷川岳に遊び山草野草も楽しむことが出来た。

天8


天4


関東平野に暮らしていると、雪山に出会った感激はただ素晴らしい。
  1. 2011/05/31(火) 00:30:58|
  2. 山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋まじかの、磐梯高原に。

秋まじかの、磐梯高原に。

連日猛暑が続いているが、朝晩の風には秋の匂いがする。
7日は暦の上では立秋だ。暑い々といいながら、季節は移り行く。
高原の爽やかさをもとめ、今から磐梯高原にゆく。
美術館や仏閣を訪ねながらの高原の旅。
温泉に1泊してのんびりとすごすつもり。


諸橋近代美術館


先ず、裏磐梯の五色沼近くの諸橋近代美術館をめざす。
福島県郡山市に本社を置くゼビオの創立者・諸橋廷蔵のコレクションを基に開館した。
サルバドール・ダリのコレクションでは世界で有数らしい。


恵日寺(えにちじ)

次に、かつては慧日寺(えにちじ)と称し、明治の廃仏毀釈で一旦廃寺になったが、明治37年(1904年)に復興され、現在の寺号となった。
平安時代初期からの寺院の遺構は、慧日寺跡(えにちじあと)として国の史跡に指定されている。
慧日寺は北東に磐梯山、北に厩岳山、さらに磐梯山の北に吾妻山という山岳信仰の盛んな山を抱えており、その立地的な面から山岳信仰に大きな役割を果たしてきた。


勝常寺  @福島県河沼郡湯川村


今回のメインとも言える寺院。
平安時代初期の弘仁年間(810年 - 824年)に法相宗の学僧・徳一(760?年 - 835?年)によって開かれたといわれている。
徳一は中央(畿内)の出身で、藤原仲麻呂の子とも言われる。
20歳台で関東に下り、会津地方を拠点に宗教活動を行った。
日本天台宗の宗祖である最澄と三一権実(さんいちごんじつ)論争と呼ばれる、天台宗と奈良の旧仏教の優劣に関わる論争を行ったことでも知られる。

徳一の開創が確実視される寺院としては慧日寺(恵日寺、福島県磐梯町)と筑波山の中禅寺(茨城県つくば市)があり、その他にも多くの寺院を建立したと伝えられる。
当寺には本尊薬師三尊像をはじめ、9世紀にさかのぼる仏像が多く残り、これらは徳一が関係した造仏であると考えられる。

そもそも慧日寺の開基は大同元年(806年)に磐梯山が噴火した翌年のことであり、噴火と慧日寺開基との間に山岳信仰上の関連があるのではないかとする見方もある。

この両寺院は山の寺・里の寺として、対で観るのが良いらしい。
由緒あるお寺をさんを、訪れるのは楽しみ。
  1. 2010/08/04(水) 09:30:20|
  2. 山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

茨城県北部の紅葉刈り

茨城県北部の紅葉刈り


k1_20160628050409b30.jpg


10月17日・18日の2日間に渡って開かれた常陸太田市指定文化財の集中曝涼(ばくりょう・曝涼とは虫干しのこと)。
幹線道路を離れて点在する寺の文化財を巡り歩いた。

k2_2016062805040919b.jpg

k3_201606280504086bf.jpg


通常は公開されない文化財を観ることが出来たのは大きな楽しみであった。
寺の在る場所の景観の美しさを知った、のも嬉しいことであった。

ありていに言えば、何処も小高い丘と言うか山の中腹で眺めが良い場所。


k4_20160628050408bdb.jpg


さりとて、同じような風景でなくそれぞれに異なる。歴史がある場所だけに、古木も茂っている。
遠くに出かけなくとも、近場で素晴しい所が沢山あるものだ、と思った。

11月になると奥久慈や高萩の花園渓谷の紅葉が見ごろになる。
茨城の里山は高くはないから、真っ赤に紅葉した景色とはならない。
むしろ、雑木の黄葉、或いは茶色がかった色合いだ。
それが故郷・茨城の秋の特色と僕は思っている。
県北は蕎麦の本場。

k5_201606280504071f2.jpg


常陸秋蕎麦を味わう、楽しみもある。

紅葉狩りもしたいし、ケーズデンキ・スタディアムでの水戸ホーリーホックの応援も行きたい。
さらに、東京の美術館や博物館も回りたい。

来月は、忙しい月になりそうだ。

  1. 2009/10/28(水) 00:40:37|
  2. 山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する