よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

立春大吉・格安スマホに乗り換えた。

立春大吉・格安スマホに乗り換えた。

節分


今日2月4日は立春。
立春の前日が春の節分、と云う事で各地の神社では豆撒きが大々的に行われた。
我が家の氏神様は「八幡宮」で子どもが小さい頃は、女房や母親が子供を連れてお詣りをした。
とにかく決め事はなくて、「但馬屋」の福豆を買って型通りの豆撒きをし、福豆を食べて、福茶を飲むくらいだ。
関西辺りの習慣の「恵方巻き」が最近はやりらしいが、食べる気にもならない。

立春の早朝、禅寺では「立春大吉」と書いた紙を門に貼る習慣がある。
とのことで、ここ数年書いてはいるが、門が無いので書いた後は張ったつもり。

春を迎え、心新たに何かをしよう!と理解している。

携帯の必要性は友人との待ち合わせ程度で、ガラ系で充分なのだが「シムカード」を使用した格安スマホは料金も変わらず安いくらいとの話を聞き、変更を思い立って1年を経過、いよいよスマホに乗り換えた。

パソコンなどに詳しいUさんに相談し、「フリーテル」と言う会社が人気あるらしいので、ネットで申し込みの手続きを進めたら、最終段階で「75歳以上は不可」と来た。
何ゆえに75歳以上はダメなのか?疑問に思ったが、何故なのでしょう。とにかく、「Yモバイル」にして、機種は「HuaweiP7」を選択した。

Huaweiは中国系の企業らしいが、価格と性能の良さで世界に伸びているようだ。
電気・電子製品が日本の独壇場であった時代は遠い昔になった。

シムカードも機械も注文後2~3日で届き、即、変更終了。
買い物は全てネット、と言う友人も多い。確かに便利で早い。
販売・流通業も急激に変化している、

遅きに失したのか、マダマダなのかは分からないが、「立春」を機に「立夏」までに試行錯誤を楽しみながら頑張りたい。
  1. 2017/02/04(土) 05:54:52|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

橙・柚・獅子柚子・檸檬

橙・柚・獅子柚子・檸檬

DSCN9626.jpg


橙(ダイダイ)・柚(ユズ)獅子柚子(シシユズ)・鬼柚(オニユズ)・檸檬(レモン)を戴いた。

出来得るなら葉が付いている方が絵になるがそう贅沢も言えない。

橙は正月飾りに不可欠だが絞り汁は重宝する。

獅子柚子(シシユズ)又は鬼柚(オニユズ)。
最近見かけるようになった。
鑑賞用の感じだが。味の方はどうなのか?

柚はこの季節万能の食材で、まことに有難い。

檸檬も栽培している方が多くなった。
庭に植えておけば誠に便利だろう。

11日(日)「日めくり俳句会」の当番をした。
師走句会は参加者が少なかったが、「柚子」の秀句を1句ずつ掲載。

人住んだ証しか山に柚子黄なる    吉治
青空や一つ残りし柚子の照り     美智子
古戦場に至る坂道柚子たわわ     寛一
柚子を描く葉の付くものと無きものを 靖
黙想の湯ぶねに柚の香りして     直幹
合併後なお過疎の町柚子たわわ    克人
柚子貰う先ずは明の赤絵鉢      阿然

  1. 2016/12/16(金) 23:37:33|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏野菜のハヤシライス@レストラン・よこかわ

夏野菜のハヤシライス@レストラン・よこかわ

DSCN6035.jpg


毎月16日、水戸市大町のレストラン「よこかわ」に昭和16年生まれの仲間が集う会が始まって35年以上を経過した。
8月・12月と日曜は開催しないので、年に約8回位、35年で約280回、よくも続いてきたものだ。
その間、他界する方もあり、若干メンバーは少なくなったが、ささやかに続いている。
12時に集合し、ランチを食べながら近況報告などしながら雑談する、
規約も無く、ただそれだけなのが、長続きしている秘訣かもしれない。

ビーフシチューが有名な老舗レストランだが、メニューはお店にお任せ、当日のランチ、等が供されるが、何が出るかがお楽しみ。

この日は「夏野菜のハヤシライス」ヅッキーニ・赤と黄色のパプリカが入ったラタトゥイユの様なものだ。
デザートの小玉スイカも美味しかった。名前を聞いたが忘れた。
最近の小玉のスイカは美味しいものが多い。

クラシカルなレストランでの月に1度の会食は、生きていられる幸せを感じる。
  1. 2016/06/18(土) 02:06:27|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20日(土)から「水戸の梅祭り」が始まる。

ひらひーら梅花こぼれて独り飯  破髯

DSCN3827.jpg

20日(土)から「水戸の梅祭り」が始まる。
暖冬と云われたこともあり、開花の状況は早まっている。
早くも、散り始めた樹もある。

今週の日本列島は寒暖差が大きくなった。
2月は季節の変わり目で、5月並みの温かさだった翌日に真冬の寒さになるなど、
たった一日で、何か月分もの変化した。
これから雪が降ることもあろうし、春の嵐もあるだろう。

梅は桜と違って満開の花を楽しむより、一輪の花を愛でるのが本来のあり方。
その辺を理解した上で偕楽園や弘道館公園の梅を楽しんで欲しいと願っている。

DSCN3823.jpg

16日(火)の昼「レストラン・よこかわ」で独り飯。
オムライスとカキフライ。

DSCN3825.jpg

DSCN3824.jpg

窓を通して梅の古木の花びらが舞う。


旧県庁前の壕から県立図書館へ。

DSCN3826.jpg

弘道館公園の裏庭から正門へ向かう道。
築地塀に映る木々の枝ぶり。

DSCN3828.jpg

正門を含めた正庁舎は水戸を代表する。

街中に戻って「西の谷」を散策。

DSCN3829.jpg

薬草園の造成も完了した。
新たなタネやこぼれ種の発芽を待つのみ。

DSCN3831.jpg

枝垂れ梅が満開。


  1. 2016/02/17(水) 22:28:33|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

立春の「たねや最中 · ふくみ天平」とチョ・ソンジン

立春の「たねや最中 · ふくみ天平」とチョ・ソンジン

DSCN3741.jpg


昨日2月4日は「立春」。
この日に必ず何かを食べると云う物はないが、日本酒の初搾りを一献傾ける、などは嬉しいことだ。
「さくら餅」や「うぐいす餅」など生菓子で、朝茶を飲むもよし。

たまたま、Uさんのお宅で昼食をご馳走なった。
クラッシック音楽をこよなく愛するUさん、博識なので月に3度くらいは訪れる。
奥さま手作りの野菜いっぱいの食事を堪能した。

食後に出されたお茶菓子が「たねや最中 · ふくみ天平」
近江八幡が本店の「たねや」の銘菓。
昨年、近江を旅した際に偶然立ち寄った「たねや」の彦根店で「たねや」の存在を知った。
「たねや」を代表する銘菓が最中らしい。


DSCN3742.jpg

最中種と餡を別々に包装してあり、食べる時に合わせていただく。
このスタイル、手づくり最中は「 たねや」が日本で初めて作り上げたとのこと。

Uさんは「日本一の最中でしょう」と。
確かに、北海道産小豆の風味や、近江の糯米を使った 最中種の芳ばしい香り。

抹茶と共に.「ふくみ天平」を戴いた。
立春に日の午後、雑談と共にすごした格別な時間だった。


Uさんは、夕方「佐川文庫サロンコンサート」に行くのが楽しみ、とも話された。

2015年のショパン国際ピアノコンクール優勝したチョ・ソンジンさんのコンサート。
いまや世界的なピアニストで水戸での演奏など夢のようだが、チョ・ソンジン14歳の時(2010年3月)に佐川文庫で開かれたリサイタルのお礼の意味もあるようだ。

佐川文庫館長:佐川千鶴子さんが私財を投じた佐川文庫(2000年11月に開館)に併設するコンサートホールが20015年に竣工。
2001年以来、50回を超えるコンサートがロビーで開催された実績が本格的なホールの開設につながった。

ホール開館・こけら落としが2015年10.月25日の「小菅 優 ピアノコンサート」。
今回が第2回目となる。

私財を投じの活動を続ける佐川千鶴子さんに盛大な拍手を。

  1. 2016/02/05(金) 20:56:35|
  2. 歳時記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する