よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

西の谷公園を美しく 11

0520


西の谷公園を美しく 11

叔父が肺炎で入院した。
当初10日以上かかるとの診断だった。経過は順調で1週間で退院することが出来たので安心したが、再度別の検査する必要があるようだ。僕も天候不順で風邪を引いたようで咳と鼻水が出る。草取り仲間のSさんの奥様も体調を崩して入院したのでSさんも草取りに集中する気持ちも時間もない。というようなわけで草の伸びるのに負けそうな状況だ。

とはいっても西の谷に行くのは毎日の日課になっているから、やらないと忘れ物をしたような気がする。
この2週間ほど、草取りに平行して近所の人に頂いた草花を西の谷に植えている。
雨の降る日が多いので直に根付く。
時間の経過と共に多くの草花が四季折々咲いてくれたら嬉しいことだ、と思っている。

この数日は朝顔の種や苗を植えた。
一昨年の『日比野克彦の朝顔プロジェクト』のこぼれ種が我が家の狭い庭に飛来し、たくさんの青く美しい花をつけ、秋には多くの実をつけた。そのこぼれ種から今年も新芽を出した。
今が丁度植え頃。双葉の芽と一晩水に浸した種を西の谷に植えたが見事に咲いてくれることを期待している。

このブログを書き出して10回を過ぎた。覗いてくれる方はいる様だが、新たに草取りの賛同者が出てきたようには思えない。
もっとも、会則や草取りする日時を決めて皆でやりましょう!という事でなく、各自が好きな時にやれる事をすればいいので誰か動いているのかもしれない。犬の散歩に公園に来る人も草抜きしましょう。という人は現れない。
西の谷公園の駐車場に車を停めて仕事に向かう人も多いが、その通路に当たるところなのにタバコやコーヒー缶を捨てる人はいてもゴミ拾いする人はまずいない。

草取り、ゴミ拾いはともかく、我が家の庭の増えすぎた草花を西の谷公園の片隅に植えてみる人はいませんか?西の谷公園を自分の庭と同じように作り上げるのは楽しいことだと思います。西の谷に自分の秘密の花園を作るなんて、何と素晴らしいことでしょう。手を掛ければそれなりにきちんと応えてくれます。もし100人の人が1週間の間の都合のつく日に、一人が30分間の草刈と植え込みをしたら、素晴らしい公園が瞬時に出来ることは間違いありません。

5月22日から31日まで、ドイツ、チェコスロバキア、オーストリア、ハンガリーなど東ヨーロッパを巡る団体旅行に出かけます。
旅行者の予定表を見ると参加者は25人。典型的なパック旅行で、何処で何を見たかもわからないような忙しい旅のようです。とはいえ、未だに中世の面影を残す東欧の景色や建築物を観ることができる。
ビデオや雑誌ではなく、現実に自分の目で。これはとても嬉しいことです。
西の谷公園の草が伸びてしまっていることが心配ですが、Sさんや新たな賛同者が公園整備に係わってくださることを念じて、初夏の東ヨーロッパの旅を楽しんで来たいと思います。 
  1. 2007/05/20(日) 23:13:22|
  2. ボランティア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する