FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

三十三間堂(蓮華王院本堂)@京都市東山区

三十三間堂(蓮華王院本堂)@京都市東山区
san2_20180920180840570.jpg

san2-1.jpg


京博の「平成知新館」の拝観がやっと実現した。
道路を挟んだ三十三間堂の諸仏『風神と雷神は左右が入れ替わり二十八部衆像も13体が改名され、配置順も変わる「平成の大再編」となった』が7月に報じられたばかりだ。

san3_2018092018084220a.jpg


三十三間堂(蓮華王院本堂)は後白河上皇のため平安末期に創建された寺院の本堂。

桃山時代には、豊臣秀吉の東山大仏(方広寺)造営により、三十三間堂もその境内に含まれ、周囲の土塀や門などが整備されたという。
洛中の建物の中では大報恩寺本堂に次いで古く、鎌倉時代にまで遡る建物はこの2棟のみという歴史的な建造物なのだが暫くご無沙汰している。
台風の影響を心配したが、この時点では風雨は収まっているので拝観することに。

三十三間堂には1001体の千手観音立像が安置されているが、笠間時朝が建長5年(1253年)と文永元年(1264年)に寄進した千手観音(120号像・169号像)が鎌倉時代のもので寄進者が確実に判明しているのはこの2体だけ。という因縁もある、今回、何処に安置されているのか探したが確認は出来なかったのは残念。

san4_20180920180844fad.jpg

san6_20180920180845e67.jpg

築地塀(太閤塀)(重要文化財)- 桃山時代。
豊臣秀吉(太閤)によって寄進された築地塀、現境内の南端を区切る。
方広寺大仏殿が創建された時、蓮華王院も方広寺の境内に含まれたため、その工事に伴って築造された。当時の寺域の広大さがうかがえる。

san7_20180920180847c1e.jpg


南大門
豊臣秀吉が建立した方広寺の南門を、その子豊臣秀頼が現在の位置に移築した。

san8.jpg

  1. 2018/09/20(木) 18:14:14|
  2. 文化財
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都国立博物館「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の9

京都国立博物館「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の9

kyo1.jpg


宮内省内匠寮技師片山東熊設計の旧・帝国京都博物館本館の明治古都館(旧称・本館)。

念願であった「MIHO MUSEUM」の見学を終えて、今回の3人旅の解散地点、京都に向かう。
台風の影響を考慮し、予定を前倒ししたので京都には4時前に着きそうだ。
そこで、京都国立博物館の前まで送ってもらって、そこで散会することに。

大阪を出て2泊3日、約700㎞の伊勢半島周遊の旅も無事完結。
Tさんは大阪に、Fさんは新幹線で新横浜に、僕は「京博」を観てのち宿泊地の神戸に向かう。
お二方が交代で運転してくれたので、僕は坐ったまま。
お陰様で、楽しい旅でした。

kyo2.jpg

kyo3.jpg

2013年に竣工した「平成知新館」は初めての入館。
5年以上訪れていない、ということだ。

明治古都館は特別展示館として利用され、平成知新館は平常展示、として利用される。

kyo3-1.jpg

kyo3-2.jpg



今回は特別展は開催されていないので、平成知新館の平常展示。

3階 陶磁 考古
2階 絵巻 仏画 中世絵画 近世絵画 中国絵画
1階 彫刻 特別展示室 書跡 染織 金工 漆工

3階建て、展示空間も広くなったので部門ごとに分けられて見易い展示ではあるが、何故か物足りなさもあった。

kyo4.jpg

kyo5.jpg

旧・常設展示の入り口に在った、山上鎭夫さん旧蔵「農夫埴輪」
が考古部門の埴輪として唯1点展示されていたのは懐かしく、嬉しかった。

1時間足らずで、館内を概観しただけではあったが「平成知新館」を観ることが出来たのは幸いだった。
  1. 2018/09/19(水) 09:07:16|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MIHO MUSEUM「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の8

MIHO MUSEUM「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の8

mi1_201809181755243b5.jpg


MIHO MUSEUMは信楽の山中に「桃源郷」をイメージして造られた美術館。
ルーヴル美術館のガラスピラミッドを設計した建築家とて知られるイオ・ミン・ペイ(Ieoh Ming Pei 1917年- )が設計し1997年(平成9年)11月に開館した。
訪ねたいと思っていたが、交通の便が良くなくて叶わなかった。
今回の紀伊半島1周の旅の括りとして、訪ねたいと願った。

台風に追いかけられるような状態になったので、鳥羽を発って伊勢市~松坂市を経由、松坂では「松坂牛」と云う予定を変更し一路、信楽に。

途中かなりの豪雨で運転のFさんも戸惑ったが無事、信楽ICに到達。
ところが山中のゴルフ場の中を走るとか迷走。

なんとか、美術館のレセプション棟に着いた。

自然景観保全に配慮し、建築容積の8割が地下に埋没しているという展示本館までは電気自動車が往復している。
この日は雨でもあったので、トンネルを通って受付の真下まで。

mi2_201809181755254de.jpg

一山全部というより、山3~5個がすべて敷地という感じ。

世界救世教から分立した宗教法人神慈秀明会の会主・小山美秀子の創設による美術館、はるかかなたに神殿が望める。

mi3_20180918175526331.jpg

入り口の近くにギリシャのモザイク。

mi3-1_201809181755283e1.jpg

mi4_201809181755290c7.jpg

mi5_20180918175531d69.jpg

南館の常設はエジプト・西アジア・中国・ペルシャ・西アジア・ギリシャ・ローマ。テーマごとの陳列室にゆったりと配されている。

mi6_20180918175532aea.jpg

北館の企画展は夏季夏休み「赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー」「古代の人々が使っていた「色」をテーマにした展覧会。
赤で彩られた古代の道具や、コバルトやラピスラズリで青を表現したガラス器など約120点が展示されていた。

mi8_20180918175534c81.jpg


遅めの昼食は松坂牛、の予定が博物館・喫茶室のランチになってしまった。

mi9_2018091817553573a.jpg


入り口正面の階段前で。

mi10_20180918175537f2a.jpg


つり橋を渡り、徒歩でレセプション棟に戻る。

慌ただしい訪問ではあったが、念願であっただけに嬉しい。
台風のお陰で予定を前倒ししたので、訪問が叶ったと言える。

●主な収蔵品
隼頭神(ホルス)像-エジプト、第19王朝、紀元前13世紀
アルシノエ2世像-エジプト、プトレマイオス朝、紀元前3世紀
鶏を銜える山猫形リュトン-イラン/中央アジア、紀元前2-1世紀
精霊と従者のレリーフ-アッシリア、紀元前9世紀
仏立像-ガンダーラ、2世紀
絹本著色閻魔天像(重要文化財)-平安時代(原三渓旧蔵)
木造地蔵菩薩立像(重要文化財)-鎌倉時代(1972年重文指定)。
2014年から保存修理が行われたところ、胎内から菩薩の印を押した紙や札が詰まった状態で見つかり、重源や快慶の仏号を記した紙や「新薬師寺」の文字のある供養札などが発見され、2016年に像内納入品について重要文化財の追加指定を受けることとなった。
木造持国天立像(重要文化財)-鎌倉時代(興福寺伝来)
曜変天目茶碗(重要文化財)-南宋時代(前田家伝来)
紫檀螺鈿宝相華鳳凰文平胡籙(最後の漢字は竹冠に「録」)(重要文化財)
紫紙金字金光明最勝王経 巻第二(重要文化財)
象と鯨図屏風-伊藤若冲作
  1. 2018/09/18(火) 18:01:53|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊勢神宮内宮参拝「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の8

伊勢神宮内宮参拝「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の8

ise1_20180917192239d58.jpg

宇治橋の大鳥居の前で。

台風20号(関西地方に大きな被害をもたらした21号の約1週間前に上陸)の北上に追われるように、串本から那智の滝を拝観し伊勢神宮の内宮に向かった。

ise2_20180917192240957.jpg


手水舎・御手洗場。
伊勢神宮の手水舎は別格ですね。

ise3_20180917192241108.jpg


あらゆる柱に榊が供えられているのは、伊勢神宮ならでは、なのでしょう。

ise4_20180917192243fee.jpg

ise5_20180917192244c84.jpg

皇大神宮・内宮、

ise6_20180917192246f05.jpg

ise7_201809171922479c2.jpg

「おはらい町」。

宇治橋から五十鈴川に沿って続くおよそ800m の美しい石畳の門前町。
伊勢特有の切妻・入母屋・妻入り様式の町並みが軒を連ねる。


ise8_2018091719224934f.jpg

「おかげ横丁」

「おはらい町」の中間地点に、伊勢名物・赤福餅が1993年(平成5年)に大正時代頃の建物などを移築し作り上げた人工的な町だが、昔から存在していたかのようだ。
伊勢特有の町並みである妻入の建物や伊勢河崎の蔵、桑名の洋館などを忠実に再現、あるいは移築した28の建造物群が並ぶ。

台風の影響が出ないうちにと、残念ながら外宮参拝をショートカット。
今年の3月、念願かなって訪れた外宮前のフランス料理店「ボンヴィヴァン」にも立ち寄りたいと考えていたのだが。

本日の宿、鳥羽に。

ise9_20180917192250d4f.jpg

伊勢湾の中だから、穏やかに見えた。

ise10_201809171922527da.jpg

車中やホテル着後、風雨が強いところもあったが、さほどの影響がなかったのは幸いだった。
  1. 2018/09/17(月) 19:43:34|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑貨と珈琲の店「たけうち」開店@泉町4丁目

雑貨と珈琲の店「たけうち」開店@泉町4丁目

ta1_20180917154913125.jpg


友人の息子さんが喫茶店を始めた。
雑貨と珈琲の店「たけうち」
喫茶店だが、雑貨も販売している。

ta2_20180917154914451.jpg


昭和を感じさせる引き戸。

ta3_20180917154915836.jpg


ソファーの上には、囲炉裏につるす自在鉤。

ta5_20180917154918bcd.jpg

ta4_201809171549171e2.jpg

雑貨は販売品と展示品、に分かれている。

ta8.jpg


書棚もあって、ブックカフェでもある。

ta9.jpg

開店早々で、当座は飲み物だけ。
軽食があると嬉しいが。

水出しの珈琲がお勧め。

ta10.jpg


昔のハイファイセット。

ta11.jpg

懐かしの「朝日ソノラマ」は「夢で逢いましょう」
レコードを持ち込んで聞くことも可能です。

爺・婆には懐かしく、若者には新鮮。
世代を超えた交流の場になるように願っています。
  1. 2018/09/17(月) 15:53:56|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「大佛茶廊」野尻 芳英さん@鎌倉市雪ノ下1-11-22

「大佛茶廊」野尻 芳英さん@鎌倉市雪ノ下1-11-22

osa1-1.jpg

osa1_2018091416394532b.jpg

ストレイシープの世田さんの紹介で、昨年3月に鎌倉の「大佛茶廊」を訪ねた。


osa2_201809141639480a0.jpg

osa3_20180914163949372.jpg


茅葺屋根の数寄屋建築と四季の草花の植えられた庭園。
室内の調度をはじめ隅々まで行き届いたサービス。
古都・鎌倉にふさわしい茶店として魅せられた。

「大佛茶廊」の営業時間は、土日祝日の 正午前より日没まで。
従って、鎌倉訪問は茶廊の営業日時が主で、茶廊の前後に鎌倉を観光する
様になった。

今回は、開店前に長谷寺を拝観した後の11時半に訪問した。

築100年の古民家風な数寄屋建築の佇まいに身を置く優雅なひととき。

各所に生けられた野の花を拝見できるのも嬉しい。

庭で或いは室内で、抹茶や珈琲・紅茶などが提供される。

若干のアルコールもメニューに。

osa5_20180914163951fb3.jpg

地ビール「鎌倉ビール」の新ブランド。
「大仏(だいぶつ)」と読み「大佛(おさらぎ)」ではありません。

オーナーの野尻芳英さんのお話を伺うのも楽しみの一つ。
野尻さんは、大佛次郎(1897年 - 1973年・本名は野尻 清彦)のお孫さん。
本業はコピーライターなど広告業界だが、服飾業界にも幅広い人脈を持ち、メンズ・ウエアのご意見番として原稿執筆など幅広い活躍をされている。

osa7_2018091416395283d.jpg


世界中のダンディを撮り続けているアメリカの女性写真家の写真集に、昨年登場した。お洒落が身に着いているお方である。

osa10_2018091416395510b.jpg

メニューにはないが、試作品のコーヒーウオッカのカクテル。
珈琲豆から自家製作したリキュールを使用してある。

osa9_201809141639546ef.jpg

ガラスケースの中には作家として、時には、鎌倉の景観保護に尽力した大佛次郎の写真や資料などが展示されてある。

横浜の「港の見える丘公園」には「大佛次郎記念館」が在る。
横浜市に寄贈された、図書約36,000冊・雑誌約58,000冊特別資料(自筆原稿・自筆資料・書簡等)。
美術、台本や地図等の関連資料、遺品など約17,000点が常設、或いは企画として展示される。

osa11_20180914163957641.jpg

osa11-2.jpg

「I Love スポーツ。大佛次郎 ~スポーツマン作家 10のストーリー」展
2018年7月14日(土)~ 11月11日(日)。 

  1. 2018/09/14(金) 16:47:36|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鎌倉長谷寺@鎌倉市長谷 3-11-2。

鎌倉長谷寺@鎌倉市長谷 3-11-2。

hase1.jpg

大和の長谷寺とどのような関係なのか分からないが、十一面観音菩薩像(長谷観音)を祀る鎌倉・長谷寺を始めて訪ねた。

hase1-1.jpg

観音山の裾野に広がる下境内と、その中腹に切り開かれた上境内に分かれている。

hase2.jpg

高山樗牛住居碑 - 山門を入って左手に立つ。
明治期の思想家高山樗牛は病没する直前の1901年(明治34年)頃、長谷寺境内に住んだことがあり、1959年にこれを記念する碑が建てられた。

hase3.jpg

久米正雄胸像
1891年(明治24) - 1952年(昭和27)
鎌倉ペンクラブ初代会長、久米の3回忌にペンクラブによって設置された。

hase5.jpg

十一面観音菩薩像(長谷観音)が安置される観音堂。

hase6.jpg


「見晴台」からは鎌倉の海と街並みが一望できる。


hase7.jpg

鐘楼。
梵鐘(重要文化財)は観音ミュージアム内。
鐘楼には複製品が下げられている。


hase8.jpg

弁天堂の近くに、弁天窟がある。

hase9.jpg


シュウメイギクが咲いていた。

hase11.jpg


木造十一面観音立像(本尊)
像高9.18メートルの巨像で、木造の仏像としては日本有数。
造立年代は定かでないが、室町時代頃の作と推定されている。
左手に水瓶、右手に数珠と地蔵菩薩の持つ錫杖を持ち、方形の磐石の上に立つ。いわゆる「長谷寺式十一面観音」様式。
  1. 2018/09/13(木) 18:14:38|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そば処 武山@大洗町磯浜町

そば処 武山@大洗町磯浜町


bu2.jpg

bu1.jpg

大洗町役場の直ぐ近く「そば処 武山」

bu3.jpg

掲げられた写真は笠間出身の日本画家・木村武山(1876年 ―1942年)
店主の木村さんの祖父、ということで店名を「武山」とし、開業して23年。

bu6.jpg

bu5.jpg

bu4.jpg


太い梁が巡り古民家風の作りだが、大工さんと共に手作業で古材の様に仕上げたとのこと。


bu7.jpg

炭を熾せる炉が付いたテーブル。
これまた、手作りとのこと。
冬場に、鍋焼きうどんなど、似合いそう。

bu8.jpg


奥様と二人三脚、朝3時頃から仕込みを始めるとのこと。
「好きだからやってこれたのでしょう」は至言だ。


bu10.jpg

とろろそば。
常陸秋そば使用、盛りもたっぷり。


bu11.jpg

野菜の天婦羅も。
これまた、季節の野菜が沢山。

久し振りの訪問だが一応旧知の間柄で、武山の印を特別に拝見した。

bu12.jpg

bu13.jpg

「甲斐 天海刀」在銘。
幾つかの印が仕込まれ、これで10位の異なった印が押せる。


bu15.jpg


bu14.jpg

その他、沢山の印など。
それぞれに箱も付いているようだが。


久し振りにお二方にお会いでき、元気な姿を拝見した。
東日本大震災の時は津波で1メートルくらい冠水したとか。

関西空港の高潮被害、北海道の大地震などの昨日今日。
日々を大切に、一期一会。
感謝の気持ちを忘れずに、ご馳走様、そしてありがとう。

  1. 2018/09/06(木) 17:57:43|
  2. 蕎麦屋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森永博志さんの藍染@代官山・蔦屋書店

森永博志さんの藍染@代官山・蔦屋書店

mori1-1.jpg


代官山の蔦屋書店で森永博志さんの藍染のワークショップが開かれると知り訪ねた。

mori1_201809051936351ff.jpg


代官山の蔦屋書店は水戸の徳川邸屋敷跡地に在る、とはこの記事を書こうとしてHP を検索して知った。
基礎工事中に巨石がいくつも掘り出され、屋敷の庭にあったものではないかと言われているが、出自は謎だ。
土地の記憶としていくつかの石を、敷地内に置いてあるらしい。
次回の訪問時に確認する必要がある。

蔦屋書店の一角に、日光江戸村の中のミュージアム「江戸生活文化伝承館」の紹介コーナーが在る。

mori2_20180905193638708.jpg

mori3_20180905193639909.jpg

mori4_201809051936411e2.jpg




江戸切子のグラス・花火・日本刀の匠が作った「爪切り」・櫛・刷毛・帚・団扇など、日本の伝統的な優れものが展示販売されているのだ。

mori7.jpg

其の一つに「大和藍の染色キット」
浅草の藍・染料の専門店・藍熊染料の染料と解説書。

mori7-1.jpg

『ハウ ダイド オブ藍染』:製作「江戸生活文化伝承館」

染料に付属した読み物と染の技法書。
藍玉から作るややこしい藍染を、粉末状の染料を水で溶くだけ。
という、いとも簡単な方法で染める技。

カレーを作るのに、複雑なスパイスを組み合わせて、臼ですりつぶす。
手間を省いた「カレー粉」の発明がカレーが普及した。
この例えを引いて、粉末の藍染染料で本藍と同じように染められる方法を伝授してある。

mori7-2.jpg

mori7-3.jpg

mori7-4.jpg

●この小冊子は見ても読んでも楽しい。
編集・製作には森永博志さんが大幅に関わっているのは一目瞭然だ。

mori8.jpg

mori9.jpg

mori11.jpg


蔦屋の中庭に張られたテントでのワークショップに大勢の人達が。

誰でも参加出来る、とのことで僕もやってみた。

mori14.jpg

いとも簡単に染め上がったが、これにプラスしてオリジナルと言えるモノにしたい。

mori15.jpg

その点で森永さんの創造力は抜群。
今まで沢山の作品を拝見してきたが、コラージュ作品としてアートだ。
参考までに一つの作品を紹介。

  1. 2018/09/05(水) 19:50:56|
  2. イヴェント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栗の家@笠間市土師1285

栗の家@笠間市土師1285

ku1_201809041750284f4.jpg


「栗の家」は広い屋敷に古民家や大谷石の倉庫を移築して展示室とし、庭には石塔や野仏を配置し山野草を植え込んだ径を散策する。

ku2_20180904175029331.jpg

ku3_201809041750308b8.jpg

ku3-1_201809041750324cc.jpg



収集家なら誰もが夢見る理想の世界を実現した空間だ。

蒐集品は私すべきでなく、多くの人と共有したいとの思いで庭の一部を骨董市の会場として開放した。

古民家で、骨董品の器を使用した食事やお茶を提供する。

器は使われることで生気を取り戻す。


ku6_201809041750360d4.jpg

趣味の延長で始めたことが次第に大掛かりになって、大谷石の石蔵を改造しギャラリーやカフェを増設した。

現代作家の彫刻も配されるようになって、美的空間はさらに拡張された。

岩間ICに近いこともあって、出入りを誘導する警備員を配した広い駐車場が3箇所以上も設置される活況。

洗練された審美眼を持ったご主人の収集品を拝見し、限定の昼定食を頂くのも楽しみだった。

骨董市が盛んになると同時に、岩間特産の栗を使用した栗渋皮煮、 栗甘露煮 。
栗蒸羊羹 、純栗モンブラン、抹茶などメ喫茶ニューも増え、古民家カフェとしても人気が出たらしい。

らしいと言うのは、古民家カフェとして人気を博する以前のことしか知らないからだが。

その後、東日本大震災で大きな被害を受けた。
開設者がお亡くなりになった。
など、諸々の事情で飲食の営業は数年前に中止となった。

骨董市は
毎月、第1・第3日曜日の 午前6時〜午後3時まで開催され賑わっている。


9月2日(日)にKさんのお誘いで、久しぶりの「栗の家・骨董市」に。
生憎の雨模様のため、出店業者とお客が少なかったのは残念だった。


ku4_201809041750331d4.jpg

ku5_20180904175035a75.jpg

しかしながら、雨に濡れた灯篭などの石像品を見、戸閉である母屋の内部などを想像し開設者の心を偲ぶことが出来た。

願わくは往時の食事や喫茶メニューが復活し、半日くらいを楽しめる場となることを願った。
  1. 2018/09/04(火) 17:55:46|
  2. 骨董
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

那智の滝「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の7

那智の滝「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の7

na6.jpg


串本の橋杭岩を後に、那智の滝を目指す。

na1_20180904064819b04.jpg

「那智の滝」は熊野那智大社の別宮、飛瀧(ひろう)神社のご神体として古くから人々の畏敬を集めてきた。


落差133m・銚子口の幅13m・滝壺の深さは10mの落差日本一の名瀑。

na2_20180904064820719.jpg

滝壺の淵から見ると、その大きさと勢いに圧倒されるだけでなく、心まで洗い流されるような清々しさを感じる。

na3_20180904064822967.jpg

駐車場から飛瀧神社までの石段もかなりある。
自然石だから、雨が降ればかなり注意が必要。

na5_2018090406482512b.jpg


na4_201809040648232ba.jpg

この先の那智山青岸渡、を詣でるのが本来だが、足に自信がなく、何度も参拝しているTさんが、登るのを見合わせということもあり、滝のみの参拝。

2015年の参拝の折、大門坂・那智大社・青岸渡寺、などを参拝しておいたのは結果として良かった。

na7.jpg



本物に適うものはないが、根津美術館が所蔵する・国宝『那智瀧図』一幅 
絹本着色 160.3×58.5㎝ 鎌倉時代(13~14世紀)が思い浮かぶ。

仏さまが神さまの姿を借りて人々の前に姿を現すという、本地垂迹説(ほんちすいじゃくせつ)に基づいて描かれた垂迹画。
だれがなぜ描いたのかは不明だが、この地を詣でた亀山上皇が御幸から戻り、京の御所にいながらにして那智瀧を拝するために描かせたのではないかと推測されている。
日本に古くから伝わるやまと絵の手法を用いながら、中国・宋時代の水墨画の影響も見られる。

na8.jpg

一遍上人絵伝・那智の滝(1299年)
  1. 2018/09/04(火) 06:58:45|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トルコ記念館@串本町「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の6

トルコ記念館@串本町「爺3人・紀伊半島1周の旅」其の6

ku1_201809031754499d1.jpg


ku1-2.jpg

南紀白浜の「千畳敷」
太平洋に向けて突きだしたスロープ状の広い岩畳。
白く柔らかい岩は第3紀層の砂岩。
台風の影響で打ち寄せる荒波で全ては見えなかった。

海岸線に沿って、この日のお宿の串本を目指す。

港を隔てて、紀伊大島が目の前の宿。
大島を眺めて温泉に入り、飲んで食べて。
お互いに年を重ね、食事も酒も適量に。

ku3-1.jpg

宿からの朝焼け。
《ここは串本 向かいは大島 中をとりもつ 巡航船》の民謡「串本節」の故里。
今は紀伊大島とは巡航船ではなく、橋でつながっている。

台風が迫っているが、大島が防波堤になって、誠に穏やか。
左端が、樫野埼。

ku3-2_2018090317545446d.jpg

朝食を終えて、本州最南端の潮岬に。

ku4_20180903175456c28.jpg

台風情報で潮岬の・・・

ku5_20180903175457775.jpg

潮岬観光タワーの屋上からの眺めは抜群。

「くしもと大橋」を渡って紀伊大島に。

ku6-1.jpg


トルコ記念館(大島の東端、樫野埼)。

ku6-2.jpg


1890年(明治23年)9月16日に紀伊大島沖で遭難したオスマン帝国(現在のトルコ)エルトゥールル号が遭難。
乗組員650余名のうち地元住人の献身的な救助活動で69名が救出された。
艦の模型や乗員の遺品のほか、トルコ政府から寄贈された品々を展示してある。

この救助のエピソードがトルコの教科書に記述があるらしい。

2008年にトルコに旅した際、小学生の団体から「コンイチハ」と声を掛けられたことがしばしば.

親日的な雰囲気はこの救助に基づくようだ。

ku7_20180903175502a5d.jpg

トルコ軍艦遭難慰霊碑
記念館よりさらに先端寄りに建立。
訪日のトルコ人の団体さんが参拝に訪れていた。

ku8_20180903175503c36.jpg

アタテュルク像・トルコ共和国初代大統領。
トルコのどこでも、多様なアタテュルク像が在る。

ku11_20180903175508887.jpg

樫野埼灯台
大島の東端、樫野の断崖に日本最古の石造り灯台。

ku9_201809031755053e3.jpg


樫野埼灯台旧官舎 ▽国登録有形文化財

ku10_20180903175506f66.jpg

灯台と旧官舎は、イギリス人技師リチャード・ヘンリー・ブラントンの設計により、明治3年(1870年)に建設された。

ku12.jpg
 
橋杭岩
串本から大島に向かい約850m、列を成して大小40余りの岩柱がそそり立っ。
規則的な並び方が橋の杭に似ていることからこの名が付いた。
海の浸食により岩の硬い部分だけが残り、あたかも橋の杭。
40余りの岩柱がそそり立つ「橋杭岩」。
  1. 2018/09/03(月) 18:06:52|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する