よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

旧東海道品川宿・其の2@東京都品川区

旧東海道品川宿・其の2@東京都品川区

si1_20180625060029ffa.jpg


「品川寺(ほんせんじ)」の地蔵菩薩。 
江戸の出入口6箇所に旅の安全を祈願して造立・設置された地蔵菩薩。
宝永5年(1708)に建立され、江戸六地蔵で1番古い。

si2-1.jpg

si2_2018062506003018f.jpg

si5.jpg

si3_2018062506003349c.jpg

鮫洲の辺りの古建築。
戦災に遭わなかった地区もあり、大正~昭和初期の建築物が遺されている。

si6.jpg

si7.jpg

坂本龍馬像
「京急・立会川駅」の品川区立北浜川児童遊園に設置された龍馬像。
この辺りに土佐藩の下屋敷が在り、二十歳頃の龍馬が警護のために土佐と往来していたことに由来する。

鈴ヶ森刑場跡。

si8.jpg

江戸時代には、江戸の北の入口(日光街道)沿いに設置されていた小塚原刑場とともに、南の入口(東海道)沿いに設置されていた刑場であった鈴ヶ森刑場。

si9.jpg

由比正雪の乱に加担した、丸橋忠弥や八百屋お七が処刑された。
220年の間に10万人から20万人もの罪人が処刑されたと言われているが、はっきりした記録は残されていない。

si10.jpg

si11.jpg

今見れば単なる遺跡であるが、当時は磔・さらし首など、見せしめのため残酷な処刑で、かなり凄惨であったはず。
更には、えん罪なども多かったであろう。

si11-1.jpg

それを思えば。観光気分での見学はかなり複雑。

si12.jpg


この日の「東海道・品川宿」散策は「鈴ヶ森刑場跡」で終了。

第一京浜国道を横断して「大森貝塚」に向かう。
  1. 2018/06/25(月) 06:10:56|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧東海道品川宿・其のⅠ@東京都品川区

旧東海道品川宿・其のⅠ@東京都品川区

to1_201806240651399e7.jpg

to1^2

旧水戸街道を含め、旧街道の街を途切れ途切れでもいいから散策したいと思っている。

東海道五十三次の宿場の第一宿の「品川宿」は京急本線の北品川駅から南は青物横丁駅周辺までの旧東海道沿い一帯に広がっていた。
目黒川を境に、それより北が北品川宿、南が南品川宿と呼ばれた。

to3_20180624065143c1a.jpg


JR品川駅周辺、当時は海が埋め立てられ、高層ビルが林立。

to4_20180624065145640.jpg

to9_20180624065154898.jpg

to2_20180624065142fd2.jpg


徒歩10分の「八山橋」辺りが品川宿の入り口。


品川宿は中山道の板橋宿、甲州街道の内藤新宿、日光街道・奥州街道の千住宿と並んで江戸四宿と呼ばれた。

to4-1.jpg

「品川 日乃出」
歌川広重 『東海道五十三次』 より
御殿山の麓を通過する大名行列の最後尾を描いている。

北は京急本線の北品川駅から南は青物横丁駅周辺までの旧東海道沿い一帯に広がっていた。

to6_2018062406514959c.jpg

to5_20180624065148281.jpg


「鯨塚」当時の海岸線、時にはクジラの姿も見られたのだろう。

to7-2.jpg

to7-1.jpg


沿道には大小のお寺さんも多い。

品川宿は五街道の中でも重要視された東海道の初宿。
西国へ通じる陸海両路の江戸の玄関口として賑わい、旅籠屋数や参勤交代の大名通過数において他の江戸四宿と比べ数多かった。

古典落語の廓噺(居残り佐平次、品川心中等)の舞台。
他の宿場がそうであったように岡場所(色町、遊廓、飯盛旅籠)としても賑わい「北の吉原、南の品川」と称されるほど一大遊興地として繁栄した。
昭和30年代までその痕跡があったようだが、今や全く感じられない。

現状からは往時の賑わいを想像しようもないほどに静かな町並みだ。

to10_20180624065155c45.jpg

目黒川に架かる「品川橋」

宿場の中央に位置し橋の左右が北品川宿、南品川宿と呼ばれた。

to11_20180624065157609.jpg

川の上流が目黒方面。

to12_2018062406515841d.jpg

夜は小料理、昼は定食の店で「穴子膳」.
古い塗碗や器を使用した趣味の良い、こじんまりした店だった。
  1. 2018/06/24(日) 07:05:37|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「第46回MITO彫刻展」@アートセンタータキタ2階(水戸市泉町3-1-29)

「第46回MITO彫刻展」@アートセンタータキタ2階(水戸市泉町3-1-29)

mito1_20180623144629653.jpg


mito2_20180623144630053.jpg

mto5.jpg

水戸近辺に在住している彫刻家による「MITO彫刻展」の第46回展が水戸市泉町のアートセンタータキタ2階で7月1日(日)まで開催されている。


mito3_201806231446324aa.jpg

mito6_20180623144635d0e.jpg


mito4_20180623144633e79.jpg

メンバーは小張隆男・小宅俶子・北沢努・鈴木しのぶ・六崎敏光・村山悦子・森山元國の7氏。
創立時は小鹿尚久・後藤修・吉田暁禾・山崎猛などが名を連ねていたが、今では何れも故人。
当初から会員で現存は六崎敏光氏のみ。
ということで歴史を感じさせるグループ展だ。

日本の日常生活で置物などは身近だが、彫刻となるとなじみが薄い。
従って、彫刻家としての生業は難しいのが現実だ。

それらの条件の下で、制作に励む作家の皆さんの話は興味深い。

mto7.jpg


この日の会場当番は小張隆男さん(右)と森山元國さん(左)
  1. 2018/06/23(土) 14:52:36|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瀬戸・常滑の山茶碗

瀬戸・常滑の山茶碗

ya9.jpg

ya10.jpg


今日(6月18日)は月に一度の「日めくり俳句会」

句会の度に、何らかの古物を持参し仲間内に披露している。
今回はかなり以前に買い求めた「山茶碗」。

ya7.jpg

ya8.jpg


「山茶碗」は鎌倉時代に瀬戸や常滑の山々で焼かれた無釉の焼き締め陶器。
穴窯ではあるが、重ね焼きして大量に焼成した。

ya1_20180617223749200.jpg

ya2.jpg


積み重ねた最上部は、薪の灰が大量に積もって自然に釉薬が掛かる。
緑色や、たまには青みを帯びた乳白色(ナマコユと呼ばれる)が掛かったものもあるなど、自然が作った素晴らしい造型だ。
正に、炎の芸術と言える。

ya3_20180617223751dd3.jpg

ya4_2018061722375304a.jpg

底は平らなものと、高台が付いたものもある。

時には裏側が美しいものもある。

ya5_20180617223754145.jpg

ya8.jpg

表の底の部分が平なら、夏の茶碗として、抹茶を飲むのにも使える。

素朴だが使いこむほどに味が良くなる。
先ずは、酒器として使ってみよう。

嘱目吟で詠んだのが、
「父の日や独り酒酌む山茶碗」 
  1. 2018/06/17(日) 22:54:07|
  2. 骨董
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あおぞらクラフトいちSpring in 水戸@水戸芸術館広場

あおぞらクラフトいちSpring in 水戸@水戸芸術館広場
2018年4月28日(土)・29日(日)


ao1.jpg

ao4.jpg

ao5.jpg

水戸芸術館の広場で年4月28日(土)・29日(日)開催された「あおぞらクラフトいち」。
北は青森、南は熊本まで、全国各地から総勢120組のクラフト作家が参加。飲食を含めた総勢161組が出店した。

ao13.jpg

ao12.jpg



クラフトはもちろん、ワークショップ、バラエティ豊かな飲食コーナー。


水戸芸術館の広場を最大限に活用したイベント。
天候にも恵まれ、ものづくりを通して様々な出会いが生まれる2日間となった。

ao6.jpg


主催者「あおぞらクラフトいち実行委員会」代表の甲高美徳さん。
街づくりや音楽などに実行力を発揮されている。
さらなる活躍を期待。

ao11.jpg

ao10.jpg


ao9.jpg

ao7.jpg

個性豊かなミュージシャンたちによる音楽ライブ。
映画上映と様々な催しが目白押し!でした。

●「あおぞらクラフトいち」のルーツを辿ると。
五軒小学校跡地が芸術館としての使用目的が決まった1984の頃、建設前に「リサイクルショップ・にんじん」によるマーケットが開催された。
「水戸芸術館」として開館し、中央の芝生広場は都市公園として位置づけられた。
ヨーロッパの広場を手本とすれば、マーケットは不可欠。
引き続き「にんじん」のグループ、次いで地区の新たなグループに継承された。
単なるマーケットでなく、芸術館の特性を生かした「アート市」を模索したが適当な方が見つからなかった。
デザイン事務所代表の甲高美徳さんが関わった2013年から現在の形になった、
年々参加が増え来場者も多く、水戸を代表するイベントになった。
東日本大震災以後、単発的な飲食イベントが多くなったが「あおぞらクラフトいち」のように趣旨が明確で継続性のあるイベントを育て、発展させることがとても大切なことで、

●秋の開催は2018年9月15日(土)・16日(日)。
既に、出店のエントリーが始まっている。
希望者がおおく、参加のハードルは高いようだ。
  1. 2018/05/19(土) 08:58:42|
  2. 水戸芸術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「つるばらガーデン」@カーサ・ブランカ:水戸市青柳町4268-2

「つるばらガーデン」@カーサ・ブランカ:水戸市青柳町4268-2
5月18日(金)~2㏦(日)


ro1-1_20180518190343092.jpg

水戸市青柳町4268-2のギャラリー・カーサブランカで恒例の「つるばらガーデン」が5月27日(月)まで開催されている。

今年は桜の開花が早かったが、薔薇も同様で開会初日なのに、既に満開の状態だった。
今月末までは持たない感じ、早めに行かれることをお勧めする。

ro3_20180518190346d98.jpg


手前のトレーラハウス内では絵画展。
佐々木怜子・笹嶋成子・鈴木美智子・林 成枝・山本啓子。

ro2_2018051819034406a.jpg

4人の女流画家の展示販売。

ro4_2018051819034794c.jpg


ro4-1.jpg

ro5_20180518190351e41.jpg


ウッドデッキ周りに多様なバラが咲き誇っている。

ro7_20180518191651f5f.jpg


気まぐれ工房の婦人服・アクセサリーなどの展示販売も。

ro10.jpg

海外小物・人形。服飾の展示コーナーも有る。

ro9.jpg


バラ以外の花も美しい。

ro8_20180518190352078.jpg


庭の先に広がる田植え前・後の水田の風景も素晴らしい。

5月27日(日)午後1時から、
バンド演奏やフラメンコダンスも開催される(雨天中止)

  1. 2018/05/18(金) 19:18:49|
  2. 庭園・公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稽古場「風」でのジャズライブ@水戸市新荘3丁目

稽古場「風」でのジャズライブ@水戸市新荘3丁目

u3_201805171532464ca.jpg


u7.jpg


5月12日(土)午後6時から稽古場「風」で「Solo,Duo,Trio night vol2」と題するコンサートが開催された。


u1_201805171532423df.jpg

メンバーはテナーサックス:伊王野信行、

u2_201805171532456f2.jpg


ドラム:上野真裕、


u1-1.jpg

ピアノ:宇佐美博司というベースが入らない変則的なトリオ。

2016年12月に水戸市けやき台3丁目の「Jazz Room Cortez」でのライブの第2弾ということだ。

司会・進行はピアノの宇佐美さんが務めたがリーダーと云う事でもなく,曲によって、ソロ、デュ、トリオでの演奏と変化する。

1st ステージはサックスとドラムの「Hush a bye」から始まり、2曲目はトリオで「80年代のマイルスのスケッチ」、マイルス・デイヴィスの80年代楽曲をカヴァー。
3曲目が宇佐美さんのオリジナル「三宅島」と題したピアノソロ。

ピアノと対話するような詩情豊かな演奏。

サックスとドラムのヂュオで「イパネマの娘」とチャップリンの作曲の「Smile」。
Nat King Coleの歌で知られるスタンダードの名曲。


再びピアノソロで「ノー・モア・ティアーズ」と「You Don't Know What Love Is」の2曲。

以上で前半が終了して休憩。
コーヒーやビール等の飲み物とパンが提供された。


2nd セットの冒頭に宇佐美さんからメンバーの紹介。
各自がいかに曲と向き合って演奏するかを大切にしているとのことだ、
さらに、宇佐美さんが20代にインドを放浪したこと.三宅島の噴火、東関東大震災の後に訪れた福島の印象など。

キース・ジャレットを思わせる曲を含めソロを3曲。
4曲目の「福島」は宇佐美さんの自作で、体験に裏付けられたオリジナルは心を打つ。

更にトリオでの演奏があって、ラストは「鳥の歌」。
カタルーニャ民謡 をカザルスが編曲した名曲。

アンコールはピアノソロでボサノヴァの「黒いオルフェ」。
スローテンポで演奏しているので別の曲のようだ。

u4_2018051715324864b.jpg


6時にスタートし、休憩を挟んで8時半まで全15曲を聴くことが出来た。

何れも、しみじみと語りかけてくるような演奏で、アドリブも一様でなく、久しぶりに聞き入ってしまった。
3人とも仕事を持っているアマチアだからこそ、プロのエンターテイメントと異なった魂のこもった演奏が心を打つのだろう。

u6_20180517153249cb8.jpg


「稽古場・風」のアットホームな雰囲気も素晴らしかった。
主宰者の堀籠貴子(風野行衣)さんの感性で運営される空間で、展覧会やコンサートなど様々なイベントが開かれたが、親の介護などの事情で最近は少ない。

以前の様な多彩な催事が開かれることを願っている。

  1. 2018/05/17(木) 15:47:24|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ぐぁらんどう」が40周年 @水戸市泉町1丁目3-14 田村ビル2F

「ぐぁらんどう」が40周年 @水戸市泉町1丁目3-14 田村ビル2F

g9.jpg

g0-1.jpg

水戸京成百貨店の東側の道路を挟んで3階建ての田村ビルが在る。
1階がフランス料理「ビストロ・ババ」、2階が小野和子さんのライブが楽しめるカフェバ-「ぐぁらんどう」どちらも、僕のお気に入りの気さくな店だ。

小野和子さんは70年代のフォークソング・ブームに渋谷のライブハウス「ジャン・ジャン」を始め全国に演奏旅行をし、綺麗な歌声は"日本のジョーン・バエズ”と云われたほどで、シングル版を5枚出し、カップリング版も多い。

プロの歌手として活躍した小野さんが1978年に開いた「ぐぁらんどう」が開店40周年を迎え、祝いの集いが5月12日に開かれた。


g3_20180515141314f24.jpg

g2_20180515141313857.jpg

40周年を祝って届けられた花束の数々。

g6_20180515141317550.jpg


常連さんをはじめ、久しぶりの方を含め大勢のお客様が、

g4_20180515141316159.jpg


中央の小野和子さんと2人の息子さん。

右側の次男は店を手伝っているが、ブルースギターの「カーティス福田」というミュージシャンで時折、演奏することもある。

g8.jpg

この夜もお客様の飛び入り演奏もあって、

g11.jpg

オリジナルCD「歌詞1999」。

詩も曲もお店に来るお客さんたちを観察し、それぞれの人生を歌い上げた、味わい深い曲ばかり。
開店当時の思い出が詰まっている。
僕は全曲、空らで歌えるほどに聴いた。

g0.jpg

  1. 2018/05/15(火) 14:18:42|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハロー・ワールド展、明日(5月6日)まで。

ハロー・ワールド展、明日(5月6日)まで。

hw1.jpg


水戸芸術館の現代美術ギャラリーで2月10日から開催されていた「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて」が明日・5月6日までとなった。

インターネットが社会に浸透し、人工知能などの新しい技術革新が進められている現代社会においてアートも大きな影響を受ける。

今回の展覧会の開会当時「ビットコインの流失事件」が発生し、大きな社会問題となった。
第6室、サイモン・デニー「ブロックチェーンとは何か?」は正に時代を反映した内容だ。

hw8.jpg

2月10日の初日に拝見し、11日の「サイモン・デニー×江渡浩一郎」のトークショウも参加したが、システムに関しては全く理解できなかった。

再度、と思いながら時間が経過し、最終間際の4月4日に再訪した。

hw2.jpg

hw3.jpg


hw4.jpg

開会当初、機械の不良で動かなかった第1室のセシル・B・エヴァンスのロボット(Pepper や aibo)と 20 数面の映像による完全自動 のパフォーマンス作品《溢れだした》も拝見することが出来た。

美術展は「分かる・分からないではなく、感じること」と承知しながらも現代美術は新たなテクロノジーを使用した作品も多いので、技術的に納得できないと面白味も半減する。

hw5.jpg


hw6.jpg


hw7.jpg

hw10.jpg


その点で今回の観覧者は若い世代が多かったように思えたし、彼らにとってはさほど難解ではないのだろう。

hw9.jpg


今日を含めあと2日となった「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて」は革新と混沌が交錯する現在、未来に対し、鋭い感性で応答する国内外のアーティスト8組の作品は、テクノロジーが作り出すこれからの社会について何らか示唆を与えてくれる展覧会だ。
  1. 2018/05/05(土) 11:05:12|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹林のタケノコを刈る。@西の谷緑地

竹林のタケノコを刈る。@西の谷緑地


nisi1_20180423221148eba.jpg

<nisi6_201804232211558d2.jpg

3月末からの暖かさで、桜が早い年だった。
既に、様々な新緑に溢れている。

従って、山菜類も早かった。
ワラビ・ゼンマイ・コシアブラなどの山菜などもいただいた。
コシアブラに似た、タカノツメというのも頂いた。
タカノツメと聞くと普通は唐辛子を思い浮かべるが、こちらが正真正銘の正式名称の樹木とのことだったが、確かにコシアブラより小さく香りも良かった。

筍子も例年より早く、あちこちから届いて筍三昧の日が続いた。
カミさんは筍茹での毎日、でもうケッコウという状況だ。

西の谷の竹林も連日、伸びる!伸びる!

木の階段周辺は伸びると歩行に支障があるので伐らなければならない。
水戸市の公園管理事務所の手入れは、伸びきって竹になってしまってから。
それでは間に合わないから、例年今ごろは竹切の毎日。

nisi7_20180423221157496.jpg

昨日は約50本、今日は100本以上。
それでも、竹林全体の十分の一までは届かない。
時間の余裕があれば、東の谷の「紀州堀」辺りまでやるが、体力が衰えているから今年はどの程度まで出来るか。

斜面の角度は結構急で、足を滑らせれば危険だ。
長靴を履いているが、滑落しそうになるのもしばしば。

以前、鉈を使って指先を切ってから鋸を使うようにしている。

nisi4_201804232211522bf.jpg


自生のウラシマソウ。
花穂の先端から長く伸びた付属体を、浦島太郎の釣り竿に見立てた名称。 
マムシグサに似ているがマムシグサには長く伸びる線状の付属がない。

nisi3_20180423221151bfa.jpg


この斜面にはフキが多くなったが、植生は数年ごとに変化する。

nisi9_20180423221200da7.jpg


斜面の湧水の出口。
以前はかなりの流量だったが、今は、ちょろちょろ。

nisi8_20180423221158edf.jpg


その上には砂礫の層がある。
地層を学ぶのは重要でいろいろなことが見えてきそう。
水戸の西原昇治さんが詳しく、機会が有れば教えを乞いたいと思っている。
  1. 2018/04/23(月) 22:18:35|
  2. 西の谷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する