よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

あおぞらクラフトいちSpring in 水戸@水戸芸術館広場

あおぞらクラフトいちSpring in 水戸@水戸芸術館広場
2018年4月28日(土)・29日(日)


ao1.jpg

ao4.jpg

ao5.jpg

水戸芸術館の広場で年4月28日(土)・29日(日)開催された「あおぞらクラフトいち」。
北は青森、南は熊本まで、全国各地から総勢120組のクラフト作家が参加。飲食を含めた総勢161組が出店した。

ao13.jpg

ao12.jpg



クラフトはもちろん、ワークショップ、バラエティ豊かな飲食コーナー。


水戸芸術館の広場を最大限に活用したイベント。
天候にも恵まれ、ものづくりを通して様々な出会いが生まれる2日間となった。

ao6.jpg


主催者「あおぞらクラフトいち実行委員会」代表の甲高美徳さん。
街づくりや音楽などに実行力を発揮されている。
さらなる活躍を期待。

ao11.jpg

ao10.jpg


ao9.jpg

ao7.jpg

個性豊かなミュージシャンたちによる音楽ライブ。
映画上映と様々な催しが目白押し!でした。

●「あおぞらクラフトいち」のルーツを辿ると。
五軒小学校跡地が芸術館としての使用目的が決まった1984の頃、建設前に「リサイクルショップ・にんじん」によるマーケットが開催された。
「水戸芸術館」として開館し、中央の芝生広場は都市公園として位置づけられた。
ヨーロッパの広場を手本とすれば、マーケットは不可欠。
引き続き「にんじん」のグループ、次いで地区の新たなグループに継承された。
単なるマーケットでなく、芸術館の特性を生かした「アート市」を模索したが適当な方が見つからなかった。
デザイン事務所代表の甲高美徳さんが関わった2013年から現在の形になった、
年々参加が増え来場者も多く、水戸を代表するイベントになった。
東日本大震災以後、単発的な飲食イベントが多くなったが「あおぞらクラフトいち」のように趣旨が明確で継続性のあるイベントを育て、発展させることがとても大切なことで、

●秋の開催は2018年9月15日(土)・16日(日)。
既に、出店のエントリーが始まっている。
希望者がおおく、参加のハードルは高いようだ。
  1. 2018/05/19(土) 08:58:42|
  2. 水戸芸術館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「つるばらガーデン」@カーサ・ブランカ:水戸市青柳町4268-2

「つるばらガーデン」@カーサ・ブランカ:水戸市青柳町4268-2
5月18日(金)~2㏦(日)


ro1-1_20180518190343092.jpg

水戸市青柳町4268-2のギャラリー・カーサブランカで恒例の「つるばらガーデン」が5月27日(月)まで開催されている。

今年は桜の開花が早かったが、薔薇も同様で開会初日なのに、既に満開の状態だった。
今月末までは持たない感じ、早めに行かれることをお勧めする。

ro3_20180518190346d98.jpg


手前のトレーラハウス内では絵画展。
佐々木怜子・笹嶋成子・鈴木美智子・林 成枝・山本啓子。

ro2_2018051819034406a.jpg

4人の女流画家の展示販売。

ro4_2018051819034794c.jpg


ro4-1.jpg

ro5_20180518190351e41.jpg


ウッドデッキ周りに多様なバラが咲き誇っている。

ro7_20180518191651f5f.jpg


気まぐれ工房の婦人服・アクセサリーなどの展示販売も。

ro10.jpg

海外小物・人形。服飾の展示コーナーも有る。

ro9.jpg


バラ以外の花も美しい。

ro8_20180518190352078.jpg


庭の先に広がる田植え前・後の水田の風景も素晴らしい。

5月27日(日)午後1時から、
バンド演奏やフラメンコダンスも開催される(雨天中止)

  1. 2018/05/18(金) 19:18:49|
  2. 庭園・公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稽古場「風」でのジャズライブ@水戸市新荘3丁目

稽古場「風」でのジャズライブ@水戸市新荘3丁目

u3_201805171532464ca.jpg


u7.jpg


5月12日(土)午後6時から稽古場「風」で「Solo,Duo,Trio night vol2」と題するコンサートが開催された。


u1_201805171532423df.jpg

メンバーはテナーサックス:伊王野信行、

u2_201805171532456f2.jpg


ドラム:上野真裕、


u1-1.jpg

ピアノ:宇佐美博司というベースが入らない変則的なトリオ。

2016年12月に水戸市けやき台3丁目の「Jazz Room Cortez」でのライブの第2弾ということだ。

司会・進行はピアノの宇佐美さんが務めたがリーダーと云う事でもなく,曲によって、ソロ、デュ、トリオでの演奏と変化する。

1st ステージはサックスとドラムの「Hush a bye」から始まり、2曲目はトリオで「80年代のマイルスのスケッチ」、マイルス・デイヴィスの80年代楽曲をカヴァー。
3曲目が宇佐美さんのオリジナル「三宅島」と題したピアノソロ。

ピアノと対話するような詩情豊かな演奏。

サックスとドラムのヂュオで「イパネマの娘」とチャップリンの作曲の「Smile」。
Nat King Coleの歌で知られるスタンダードの名曲。


再びピアノソロで「ノー・モア・ティアーズ」と「You Don't Know What Love Is」の2曲。

以上で前半が終了して休憩。
コーヒーやビール等の飲み物とパンが提供された。


2nd セットの冒頭に宇佐美さんからメンバーの紹介。
各自がいかに曲と向き合って演奏するかを大切にしているとのことだ、
さらに、宇佐美さんが20代にインドを放浪したこと.三宅島の噴火、東関東大震災の後に訪れた福島の印象など。

キース・ジャレットを思わせる曲を含めソロを3曲。
4曲目の「福島」は宇佐美さんの自作で、体験に裏付けられたオリジナルは心を打つ。

更にトリオでの演奏があって、ラストは「鳥の歌」。
カタルーニャ民謡 をカザルスが編曲した名曲。

アンコールはピアノソロでボサノヴァの「黒いオルフェ」。
スローテンポで演奏しているので別の曲のようだ。

u4_2018051715324864b.jpg


6時にスタートし、休憩を挟んで8時半まで全15曲を聴くことが出来た。

何れも、しみじみと語りかけてくるような演奏で、アドリブも一様でなく、久しぶりに聞き入ってしまった。
3人とも仕事を持っているアマチアだからこそ、プロのエンターテイメントと異なった魂のこもった演奏が心を打つのだろう。

u6_20180517153249cb8.jpg


「稽古場・風」のアットホームな雰囲気も素晴らしかった。
主宰者の堀籠貴子(風野行衣)さんの感性で運営される空間で、展覧会やコンサートなど様々なイベントが開かれたが、親の介護などの事情で最近は少ない。

以前の様な多彩な催事が開かれることを願っている。

  1. 2018/05/17(木) 15:47:24|
  2. コンサート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ぐぁらんどう」が40周年 @水戸市泉町1丁目3-14 田村ビル2F

「ぐぁらんどう」が40周年 @水戸市泉町1丁目3-14 田村ビル2F

g9.jpg

g0-1.jpg

水戸京成百貨店の東側の道路を挟んで3階建ての田村ビルが在る。
1階がフランス料理「ビストロ・ババ」、2階が小野和子さんのライブが楽しめるカフェバ-「ぐぁらんどう」どちらも、僕のお気に入りの気さくな店だ。

小野和子さんは70年代のフォークソング・ブームに渋谷のライブハウス「ジャン・ジャン」を始め全国に演奏旅行をし、綺麗な歌声は"日本のジョーン・バエズ”と云われたほどで、シングル版を5枚出し、カップリング版も多い。

プロの歌手として活躍した小野さんが1978年に開いた「ぐぁらんどう」が開店40周年を迎え、祝いの集いが5月12日に開かれた。


g3_20180515141314f24.jpg

g2_20180515141313857.jpg

40周年を祝って届けられた花束の数々。

g6_20180515141317550.jpg


常連さんをはじめ、久しぶりの方を含め大勢のお客様が、

g4_20180515141316159.jpg


中央の小野和子さんと2人の息子さん。

右側の次男は店を手伝っているが、ブルースギターの「カーティス福田」というミュージシャンで時折、演奏することもある。

g8.jpg

この夜もお客様の飛び入り演奏もあって、

g11.jpg

オリジナルCD「歌詞1999」。

詩も曲もお店に来るお客さんたちを観察し、それぞれの人生を歌い上げた、味わい深い曲ばかり。
開店当時の思い出が詰まっている。
僕は全曲、空らで歌えるほどに聴いた。

g0.jpg

  1. 2018/05/15(火) 14:18:42|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハロー・ワールド展、明日(5月6日)まで。

ハロー・ワールド展、明日(5月6日)まで。

hw1.jpg


水戸芸術館の現代美術ギャラリーで2月10日から開催されていた「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて」が明日・5月6日までとなった。

インターネットが社会に浸透し、人工知能などの新しい技術革新が進められている現代社会においてアートも大きな影響を受ける。

今回の展覧会の開会当時「ビットコインの流失事件」が発生し、大きな社会問題となった。
第6室、サイモン・デニー「ブロックチェーンとは何か?」は正に時代を反映した内容だ。

hw8.jpg

2月10日の初日に拝見し、11日の「サイモン・デニー×江渡浩一郎」のトークショウも参加したが、システムに関しては全く理解できなかった。

再度、と思いながら時間が経過し、最終間際の4月4日に再訪した。

hw2.jpg

hw3.jpg


hw4.jpg

開会当初、機械の不良で動かなかった第1室のセシル・B・エヴァンスのロボット(Pepper や aibo)と 20 数面の映像による完全自動 のパフォーマンス作品《溢れだした》も拝見することが出来た。

美術展は「分かる・分からないではなく、感じること」と承知しながらも現代美術は新たなテクロノジーを使用した作品も多いので、技術的に納得できないと面白味も半減する。

hw5.jpg


hw6.jpg


hw7.jpg

hw10.jpg


その点で今回の観覧者は若い世代が多かったように思えたし、彼らにとってはさほど難解ではないのだろう。

hw9.jpg


今日を含めあと2日となった「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて」は革新と混沌が交錯する現在、未来に対し、鋭い感性で応答する国内外のアーティスト8組の作品は、テクノロジーが作り出すこれからの社会について何らか示唆を与えてくれる展覧会だ。
  1. 2018/05/05(土) 11:05:12|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹林のタケノコを刈る。@西の谷緑地

竹林のタケノコを刈る。@西の谷緑地


nisi1_20180423221148eba.jpg

<nisi6_201804232211558d2.jpg

3月末からの暖かさで、桜が早い年だった。
既に、様々な新緑に溢れている。

従って、山菜類も早かった。
ワラビ・ゼンマイ・コシアブラなどの山菜などもいただいた。
コシアブラに似た、タカノツメというのも頂いた。
タカノツメと聞くと普通は唐辛子を思い浮かべるが、こちらが正真正銘の正式名称の樹木とのことだったが、確かにコシアブラより小さく香りも良かった。

筍子も例年より早く、あちこちから届いて筍三昧の日が続いた。
カミさんは筍茹での毎日、でもうケッコウという状況だ。

西の谷の竹林も連日、伸びる!伸びる!

木の階段周辺は伸びると歩行に支障があるので伐らなければならない。
水戸市の公園管理事務所の手入れは、伸びきって竹になってしまってから。
それでは間に合わないから、例年今ごろは竹切の毎日。

nisi7_20180423221157496.jpg

昨日は約50本、今日は100本以上。
それでも、竹林全体の十分の一までは届かない。
時間の余裕があれば、東の谷の「紀州堀」辺りまでやるが、体力が衰えているから今年はどの程度まで出来るか。

斜面の角度は結構急で、足を滑らせれば危険だ。
長靴を履いているが、滑落しそうになるのもしばしば。

以前、鉈を使って指先を切ってから鋸を使うようにしている。

nisi4_201804232211522bf.jpg


自生のウラシマソウ。
花穂の先端から長く伸びた付属体を、浦島太郎の釣り竿に見立てた名称。 
マムシグサに似ているがマムシグサには長く伸びる線状の付属がない。

nisi3_20180423221151bfa.jpg


この斜面にはフキが多くなったが、植生は数年ごとに変化する。

nisi9_20180423221200da7.jpg


斜面の湧水の出口。
以前はかなりの流量だったが、今は、ちょろちょろ。

nisi8_20180423221158edf.jpg


その上には砂礫の層がある。
地層を学ぶのは重要でいろいろなことが見えてきそう。
水戸の西原昇治さんが詳しく、機会が有れば教えを乞いたいと思っている。
  1. 2018/04/23(月) 22:18:35|
  2. 西の谷
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファッションギャラリー「Makes」開店25周年@水戸市泉町

ファッションギャラリー「Makes」開店25周年@水戸市泉町


ma1_20180419000133366.jpg


ma2_20180419000134165.jpg

水戸市泉町の「ファッションギャラリー Makes」が開店25周年

ma3_2018041900013550a.jpg


イタリアンテイストを中心に洋服から雑貨まで、お洒落なアイテムが揃うセレクトショップとして信頼を得ている人気店だ。

30年前に、水戸市大町のサンライズビル2階に「ファッションがラリー・高松」として高松貞子さんが創業し5年後に現在地に移転した。

移転時に長男・長女・長男のお嫁さん・自分を含め4人で運営することになって、各自の頭文字を組み合わせ「Makes」と店名を変更することに。


ma4_20180419000137c77.jpg

ma5_20180419000138d6f.jpg

ma7_20180419000141d69.jpg

ma8_20180419000143273.jpg


ma9_20180419000144792.jpg


アルベロベロ・アルチビオ・ピッコーネ・RITSUKO SHIRAHAMA・吉田ヒロミ等のブランドを中心に、レディース・メンズ・キッズ・スポーツウエア・雑貨まで幅広く揃っている。

大通りの角を曲がって芸術館に至る道の途中で、立地としては恵まれてはいないが、親切で丁寧な応対で信用を築いてきたことが四半世紀を過ぎても、人気店として存続している秘密のようだ。

これからも、末永く存続してもらいたいと、切に願う。
  1. 2018/04/19(木) 00:10:19|
  2. 街づくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

茨城鉄道展 @水戸市立博物館

茨城鉄道展 @水戸市立博物館
4月1日(日)~5月27日(日)


ni1_20180417200657731.jpg

ni2_201804172006588c5.jpg

水戸市立博物館は、耐震工事のため2年間にわたって休館していたが、工事が終了し,リニューアルオープンした。

2F 歴史・民俗、3F 自然・美術Ⅰ。
4F 企画展として、茨城鉄道に関する展覧会が開催されている。

茨城鉄道は、赤塚(水戸市)─御前山(城里町)間25.2㎞を走っていた私鉄。
大正15(1926)年、赤塚─ 石塚間の開業以来、昭和46(1971)年に最後に残った区間の赤塚─茨城大学前間が営業廃止になるまで、45年間にわたり、地域住民の足として走り続けた。

ni3_20180417200659ab4.jpg

ni4_20180417200701d8d.jpg

ni5_20180417200702f14.jpg

ni6_20180417200704f6f.jpg

写真パネル・パンフレット,運転手や車掌の関連用具、駅舎のジオラマなど多数の資料が展示されてある。

8ミリフィルムで撮影された映像なども放映され、当時の沿線の風景を偲ぶことができる。

乗車体験を持つ方、往時の姿を記憶する人は少なくなった。
廃線後、線路敷の多くは道路に転用され、軌道敷の名残を探すことも難しい。

偶々、今月12日に御前山の知り合い宅を訪ねた。
なるべく、軌道敷きが転用された道路を走るようにコースを選んだ。
交換ポイントらしき場所など、一般道路とは異なる趣があった
後日、資料を基に沿線を訪ねたいと思っている。

●耐震化工事が終了し、新装開店と会って期待をもって出かけた。
予算の都合なのだろうが、2年間を費やしたにも関わらず、柱を中心とした耐震工事が重点で展示空間の照明などは変わらないように見えた。
図書館も同様で、書架の配置など若干変わったようだが変化なし。

文化予算が削減され、購入予算・企画展経費など思うに任せないとは理解できるが、この際、展示空間を含めたリニアールもしてほしかった。
現状は図書館に付属した資料館だ・

佐川元市長の頃、新博物館の構想が動き出したが、次期市長以降は計画は沙汰止み。3階の美術展示室など、広さや照明なども含め、お粗末としか言いようがない。

市民会館に膨大な予算をつぎ込む計画を変更し、独立した新博物館の計画に踏み出すことも選択肢の一つと思う。
新館は歴史と美術に特化して、弘道館に隣接した場所。

考古に関しては、常澄の「埋蔵文化財センター」展示空間を充実させる。
自然は森林公園の展示空間に移し拡充。

機能分散は経費の増加になる危険もあるが、在来設備と人員を有効利用出来る方策を考える。

リニアール後に期待が大きすぎで落胆したが、博物館に対しこれまで考えていたことなどをつらつらと思い出し、書き連ねた。

  1. 2018/04/17(火) 20:10:50|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツエーゲン金沢を迎えて1∸0で勝利。

ツエーゲン金沢を迎えて1∸0で勝利。

ka4_20180416090939a07.jpg


4月8日午後2時、ツエーゲン金沢を迎えてJ2第9節は「アラウンド・ザ・日本三名園」と銘打たれたゲーム。

ka2_2018041609093772c.jpg


日本三名園(兼六園,後楽園,偕楽園)のおひざ元をホームタウンとする3クラブ(ツエーゲン金沢、ファジアーノ岡山、水戸ホーリーホック)の対戦をきっかけに、Jリーグのファン・サポーターがサッカー観戦を通じて各名園を周遊して楽しむ企画だ。

ka1_20180416090936134.jpg

「金沢市観光PR」のテントでパンフレットの配布や銘菓の販売がなされた。
水戸が金澤に行った際はどの様なのか気になる。
せっかくの機会、予算の都合もあるだろうが充実した内容であってほしい。

前日から荒天で風雨が心配されたが午前中には回復した。
しかしながら2736人の観衆という残念な結果ではあった。

4戦未勝利という状況下、ホームでの勝利を念じて果敢に攻める。

ka3_201804160909384f5.jpg

前半36分、左サイドを突破したジエゴのクロスに岸本が合わせて先制に成功。
岸本選手はこれまでもいい働きをしていたが、待望の初ゴール!

ka5_20180416090941ddc.jpg


後半は金沢の猛攻に遭い、何度もゴールを脅かされるも本間を中心とするディフェンス陣が体を張ってシュートをブロックし、1-0逃げ切りに成功。

ka6_20180416090943b66.jpg

5戦ぶりの白星を手にし、6位に浮上した。
  1. 2018/04/16(月) 09:14:10|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昭和のくるま大集合2018 @サテライト水戸

昭和のくるま大集合2018 @サテライト水戸

sh1_20180415231507b96.jpg


sh2.jpg

sh3.jpg


今日(4月15日)城里町の競輪場外車券売場のサテライト水戸で「昭和のくるま大集合2018」が開かれ、往年の名車や旧車が集結した。

sh4.jpg

sh5.jpg

sh6.jpg

荒天との天気予報で、エントリーした200台のうち数10台が欠席、とのことだった。開会の9時半頃には雨も上がって、エントリー者や見学者も続々と集まった。

sh7.jpg

sh8.jpg

sh9.jpg


県内ナンバーが主ではあったが、県外から参加も。
オーナーは年齢もまちまち、若い女性もいた。
旧車の維持保存は手間も経費も掛かるだろうが、車を愛する気持ちが伝わる。
部品の販売やミニカーの販売なども。


入り口前の広場で「2018春のフェスティバル」を同時開催。

sh10.jpg

地元の常陸秋そばを使ったそば祭りや、ステージでの演歌ショーなどもあったが、ホーリホックの応援もあるので早めに退散。

  1. 2018/04/15(日) 23:23:51|
  2. イヴェント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「アラウンド・ザ・日本三名園」@ケーズデンキスタジアム水戸

「アラウンド・ザ・日本三名園」@ケーズデンキスタジアム水戸

ho9.jpg


今日(4月15日)、水戸はツエーゲン金沢を迎えて14時キックオフ。
生憎の空模様だが、ここ4試合勝利から遠ざかっているだけに、ホームゲームは何としても勝ちたいところ、雨にも負けずの応援をしたい。

2015 シーズンより始まった、日本三名園(兼六園,後楽園,偕楽園)のおひざ元をホームタウンとする3クラブ(ツエーゲン金沢、ファジアーノ岡山、水戸ホーリーホック)で開催する企画「アラウンド・ザ・日本三名園」。
この3クラブの対戦をきっかけに、Jリーグのファン・サポーターがサッカー観戦を通じて各名園を周遊して楽しむ企画だ。

偶々、日本三名園のおひざ元をホームタウンとする3クラブがJ2に揃っているからの企画で、スタジアムで名産品の販売・パンフレットの配布などがなされる。盛り上がりはイマイチでより一層、内容が充実すればと思っている。

お互いの本拠地を訪ねての観戦が理想だが、試合日程と自分の都合がなかなか合わないので実現はしていない。試合に関わらず先ずは訪ねようと、岡山・金沢を訪ねたが、後楽園・兼六園の魅力は偕楽園を上回りさらなる努力が必要だろう。

三名園に劣らず、むしろ高松市の「栗林公園」が一番の名園と思う。
高松藩は水戸藩と兄弟藩で、現在も姉妹都市を締結している。
高松市、丸亀市を中心とする香川県全県をホームタウンとする「カマタマーレ讃岐」J2所属で「アラウンド・ザ・日本四名園」も良いのでは、と考えている。

  1. 2018/04/15(日) 07:42:48|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する