FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

大佛茶廊(大佛次郎別邸)のお正月@鎌倉市雪ノ下1-11-22

大佛茶廊(大佛次郎別邸)のお正月@鎌倉市雪ノ下1-11-22

osa1_201901162253404b1.jpg


古都・鎌倉の若宮大路の路地裏に佇む「大佛茶廊」は土・日・祝日の正午前より日没までという変則的な営業日時なので、訪問する日時が限られる。

幕開けの5日に訪ね、お正月飾りなどを拝見することが出来た。

osa2-1.jpg


osa2_20190116225340fea.jpg


大正8年に建てられた茅葺き屋根の邸宅と程よく手入れされた庭園を眺めながら、オーナーの野尻芳英さんとの会話も愉しい。

庭は季節の花が何かしら咲いており、四季折々の風情を楽しむことが出来る。


osa3_20190116225343f62.jpg


野尻さんは大佛次郎(1897年 - 1973年・本名は野尻 清彦)のお孫さん。
本業はコピーライターなど広告業界だが、服飾業界にも幅広い人脈を持ち、メンズ・ウエアに関するご意見番として原稿執筆など幅広い活躍をされている。
週末を茶廊の運営に当てている。

osa4_201901162253454cd.jpg

床飾り。
関西の知り合いより毎年、届けられるとのこと。

茶廊ではあるが、鎌倉ビールやシャンパンなどのアルコールもあるのも嬉しい。

osa6_20190116225346b4e.jpg

新春ということで、シャンパンのハーフボトルを。

osa7_201901162253489d2.jpg


茶廊の年賀状、


osa8_20190116225349685.jpg

おつまみのチョコレートを入れた小皿。
猫好きだった大佛次郎の好みだろう。
什器備品は全て当時のものを使用しているようだ。

osa9_20190116225351924.jpg


新春ということで自家製の珈琲ウオッカの振る舞い酒。
ご馳走様です。

新春の昼のひと時をまったりと過ごすことが出来た。

osa10_2019011622535238f.jpg


水仙が生けられた石の手水鉢。

四季折々に訪ねたいと思っている。
  1. 2019/01/16(水) 23:00:06|
  2. カフェ・喫茶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

博物館に初詣で@東京国立博物館

博物館に初詣で@東京国立博物館


tou1-1-3 (2)

tou1-1.jpg

大晦日と元旦を我が家で過ごした。
結構長い時間、レビを見ていた。

*アメリカ・中国共に独裁者の時代になった。
*原発事故は未だ解決の道無し。
*リーダーの義を貫く勇気が弱小化、等々――。

●浮かれていて良いのかな!


新春2日は東京国立博物館に初詣。
東京国立博物館 はワンダーランドだ。
何時、行っても楽しい。

tou1-1-2.jpg


新春、正門の生け花。

tou2_20190115222821e6a.jpg


新春イベントの「和太鼓」の演奏。


今年の干支は亥(イノシシ)

「イノシシ 勢いのある年に」ということで、イノシシに関する作品が。

tou1-1-3-1.jpg


猪図(写真上)
岸連山筆 江戸時代・19世紀 ハーディ・ウィルソン氏寄贈

埴輪 猪 (写真左下)
古墳時代・6世紀 群馬県伊勢崎市大字境上武士字天神山出土

野猪 (写真右下)
石川光明作 大正元年(1912)  石川光明氏寄贈(東博のHPより)


新春の目玉展示は。

tou1-1-3.jpg

tou1-1-4.jpg


tou1-1-5.jpg

国宝 松林図屏風
長谷川等伯筆 安土桃山時代・16世紀


東洋館の特別展示。

tou3_201901152228233fc.jpg

「白磁の誕生と展開」
2019年1月2日~4月21日


中国北朝から隋、初唐にかけて、華北地方において白磁がいかに誕生し、展開したのか、の興味ある展示品。

本年も宜しくお願い致します。
  1. 2019/01/15(火) 22:35:39|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大佛次郎『天皇の世紀』1555回の軌跡@大佛次郎記念館

大佛次郎『天皇の世紀』1555回の軌跡@大佛次郎記念館

osa1_20181225230117fa9.jpg


平成30年も残り僅かとなった。
来年には平成天皇が譲位され,新たな年号となる。
今年は明治150年となるが、明治100年の企画として朝日新聞に連載が始まった大佛次郎『天皇の世紀』の執筆開始から50年。

osa1-2.jpg

osa2_20181225230120fdc.jpg

後に明治天皇となる祐宮の誕生から始まり、ペリーの黒船来航から戊辰戦争に至るまでの激動の幕末維新の時代を膨大な歴史資料を駆使して描いたノンフィクション。
著者の病気のため第1555回をもって休載となった著者の渾身の作品。

osa4_201812252301231b9.jpg

osa2-2.jpg

得てして、この時代を描く小説は旧幕府側か新政府側か、どちらかに肩入れ・思い入れをしてしまうことが多いが、大佛は是は是、非は非と、両者を平等・公正に扱っている。
司馬遼太郎のような著者の感情移入もあまりなく、抑制の利いた筆致はできるだけ歴史を客観的に見ようという著者の姿勢だ。

著者は明治天皇についても当然に言及するつもりであったに違いないが、それも果たされぬままで、著者の死が惜しまれてならない。
病気で入退院を繰り返しながら作品に取り組んだ6年半に及ぶ。

osa9_201812252301261db.jpg

osa8_20181225230124d08.jpg



歴史の舞台となった日本各地を訪れ、約1000点に及ぶ資料に依拠しながら執筆を進めた収集品などが展示されてある。

osa11_20181225230127e5a.jpg


水戸藩関連では、尊皇攘夷思想の基となった会沢正志斎の『新論』。

osa12.jpg


徳川光圀によって開始され、光圀死後も水戸藩の事業として二百数十年継続し、明治時代に完成した『大日本史』

osa12-2.jpg


1871年史上初めての人民自治を実現したパリ・コミューンの歴史的経緯を、克明に調査し現地を踏査してまとめた一大叙事詩である『パリ燃ゆ』の原稿など。

osa13.jpg

自宅の書斎を復元した部屋。

osa13-1.jpg

鎌倉の自然保護のため、イギリスのナショナルトラストに習った組織を立ち上げた日本の創始者でもあった。

osa13-3.jpg


こよなく猫を愛した。

osa14.jpg

osa15.jpg

水戸からの訪問者と知った学芸員が、天狗党の悲劇を題材とした長編小説『夕顔小路』を読むことを勧めてくれた。
200頁にわたる大著だ。後日、県立図書館で借りて読むことにする。

時代小説『鞍馬天狗』で有名な大佛次郎だが、幅広く多くの著作がある。


渾身の大作『天皇の世紀』は明治天皇に関することで、今上天皇の話ではないが、奇しくも「天皇誕生日」の訪問は新たな課題を背負った感じがした。
  1. 2018/12/25(火) 23:12:30|
  2. 人と作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

港の見える丘公園@横浜市中区山手町

港の見える丘公園@横浜市中区山手町


mi0-1.jpg

mi1-1_20181225073856696.jpg

「大佛次郎『天皇の世紀』1555回の軌跡―取材旅行から絶筆まで」を拝観のために横浜に。

mi1_2018122507385550f.jpg


会場の「大佛次郎記念館」は横浜市中区山手町の「港の見える丘公園」の一郭を占めている。

港を見渡す高台の上、幕末に横浜が開港した際にイギリス軍とフランス軍が当地に駐留した、という歴史を有する。

太平洋戦争後も、アメリカ軍などがこの地を接収した。
接収が解除になってから、横浜市が公園用地として手に入れ整備し、1962年(昭和37年)に風致公園として公開された。

公園までのアクセスは多様だが、周辺には見どころが沢山。

開館前に着いたので、拝観前と後に園内と周辺を散策した一部を紹介。

mi2_201812250738578db.jpg


多様な宗派の教会が点在している。
この日は日曜日だったので、日曜礼拝が行われていた。

mi4_20181225073859e4d.jpg

お嬢様学校の印象が強い「フェリス女学院」

mi5_201812250739009f8.jpg

mi5-2_20181225073902d35.jpg

mi5-3.jpg

mi5-4.jpg



「外国人墓地」


mi7_2018122507390632f.jpg

イングリッシュローズをテーマに一年草と宿根草との混植のガーデン。
冬のため花の数は少なかった。
最盛期には見事だろう。

山下公園と並んで、横浜市の観光地の公園の一つで、横浜港を見渡せる高台に位置する。

mi9_2018122507390912b.jpg

mi8_2018122507390839b.jpg


見える物はあくまで本当の意味の「港」であり、横浜ベイブリッジを除くと、横浜の代表的な観光地であるみなとみらい21や関内といった地区を見下ろすことはできない。

mi11_20181225073911674.jpg

大佛次郎は大の猫好きだった。
公園の中で、野良猫発見。


mi15.jpg

mi16.jpg


青春切符18切符、冬の陣。

有効期限は1月10日まで、スケージュールはタイト。
次回は何処?
  1. 2018/12/25(火) 07:48:09|
  2. 庭園・公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bistro泉邸@那珂市門部2709-1

Bistro泉邸@那珂市門部2709-1

izu1.jpg


「香川敬三を知る・シンポジュウム」の会場は常陸大宮市文化センター小ホール。会場に向かう途中「開会は13時半から、先に食事しませんか?」と案内の後藤一彦さんが提案された。

旧家の長屋門をフランス料理店にリノベーションした話を聞いていたので、行ってみる事に。

築・150年は経過したであろう見事な建物だ。

izu2.jpg


奥の母屋は・西洋館が在り現在も使用している感じ。

izu3.jpg


長屋門の内部は天井が高く、黒い梁も見える。
レストランに改装‣開店して半年とか。
izu5.jpg

手ずくり小物の販売もあります。

izu7.jpg


前菜・低調理した鳥ムネ肉、スパイシーチキン。
野菜は自家栽培・無農薬を主に使っているらしい。

izu8.jpg

izu9.jpg


スープ。

メインは肉と魚から選べる。

izu11.jpg

魚のポワレ、キャンベツのワインビネガーソース。

izu12.jpg


デザートはココア風味のロールケーキ。
飲み物は珈琲・紅茶などが選べます。

会場に向かう前で、建物や料理に付いてお聴きする時間がなかった。
改めて訪問したいと思った。

後藤さんに乗車に同乗させて頂いたので、勘定を払おうとしたら、既に後藤さんが支払い済み。
ご馳走様でした。


●水曜・木曜定休
ランチタイム  11:30〜14:30(Lo13:30)
ディナータイム 17:30〜21:30(Lo20:30)

  1. 2018/12/22(土) 09:18:08|
  2. 食生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

香川敬三を知る ~明治150年記念シンポジウム~

香川敬三を知る ~明治150年記念シンポジウム~

ka3_2018122021554433d.jpg


日時:平成30年12月15日(土)13:30~16:30
場所:常陸大宮市文化センター小ホール

ka1_20181220215541d93.jpg


シンポジュウムは2部構成で。【基調講演】「香川敬三の足跡をたどる」
講 師:皇學館大学 文学部 国史学科 特別教授 上野 秀治氏。
「皇學館大学」が所蔵する豊富な資料に拠って香川敬三の履歴について説明された。

ka4_20181220215545d01.jpg


香川敬三(1839-1915)は現・常陸大宮市下伊勢畑の出身で、藤田東湖の門人となり尊攘運動に身を投じた。
文久3年(1863)に藩主に従って上洛するが脱藩し隠棲中の岩倉具視の知遇を得る。其の後は倒幕運動に身を投じ、戊辰戦争においては具視の子具定が務める幕府討伐の軍監となる。
明治3年(1870)に宮内省に採用され、翌年秋には岩倉使節団に随行し欧米を視察した。
多くの志士と同様に小林彦次郎という変名も使用したが、明治6年以降は香川敬三と名乗っている。

明治4年、皇后宮大夫とおして近侍し、大正期には皇太后宮大夫となった。
死去する大正4年(1915)に伯爵、従一位に叙せられ、水戸藩出身者では数少ない栄達を遂げた人物ながら地元でもあまり知られていない。

休憩後
【講演】「香川敬三と茨城の近代」
講 師:茨城県立歴史館 史料学芸部 主任研究員 石井  裕氏

ka2_201812202155420d3.jpg


①香川敬三と明治の水戸藩士
禄を離れ経済的に困窮していた旧水戸藩士に対し就職のあっせんや金銭的な援助の手を差し伸べた。
②香川敬三と「大日本史」
水戸家は財政上の問題で「大日本史」の完成と出版をあきらめていたが、水戸徳川家の評議員であった香川の財政的な援助によって完成に至った。
③香川敬三と田中光顕
旧土佐藩士であった田中光顕と香川は盟友で、共に旧水戸藩士の顕彰に尽力、昭和4年(1933)「常陽明治記念館」を設立した。
*天狗党忠魂碑・諸政党慰霊碑を建立、両派の和解に努めた。
④香川敬三の娘・志保子
英国に留学した娘の志保子は英語通訳と洋装を担当する女官として、父と共に明治天皇の皇后(昭憲皇太后)を長く支えた。

ka5_20181220215547be4.jpg

●幕末から明治にかけて、水戸藩は尊王攘夷運動を展開する中で改革派と門閥派(天狗と書生)が対立し内部抗争に明け暮れた歴史がある。
結果として、明治の新政府において活躍した人は数少なく「薩摩警部と茨城巡査」と言われる状況が続いた。
  1. 2018/12/20(木) 22:00:26|
  2. 人と作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

武石 堯 展@常陽藝文センター1F

武石 堯 展@常陽藝文センター1F 


tak1-1.jpg

tak1-2.jpg


日本古来の物語や奈良の風景・寺院や仏像などを題材として描いてきた武石堯さんの「やまとしうるはし」と題する展覧会が常陽藝文センター1Fで開催されている。


<第1会場/藝文ギャラリー(入場無料)>
前期:平成30年11月28日(水)~12月27日(木)
後期:平成31年 1月 5日(土)~ 2月 3日(日)

tak5.jpg

<第2会場/藝文プラザ(入場無料)>
会期:平成30年12月8日(土)~平成31年1月30日(水)


tak4_20181207073459fee.jpg

tak3_201812070734581e8.jpg


●第1会場の前期はこれまでの作品を、後期は奈良をテーマに描いた新作を展示。
●第2会場では茨城新聞に平成10年より掲載している「灯台めぐり・ペダルの旅」シリーズのイギリス編とフランス編より抜粋した原画と紀行文を併せて展示。

tak2.jpg


武石さんは大洗町在住で、太田一高や水戸二高の国語の先生をされていた。
春休み・夏休み期間中は奈良に滞在され寺社巡りをされ、それ等の心象を絵画作品として発表してきた。
退職後は絵筆一筋の暮らしを送っている。
パキスタン仏教遺跡の修復の募金活動や奈良の寺社の復興に協力する個展なども開催している。
何度か拝見したが、伝統にとらわれない今に生きる仏画として共感している。

1997年からは日本一周のサイクリングの旅を始められた。
灯台を訪ねながらの旅の記録を、絵と文章で『灯台巡り・ペダルの旅』として「茨城新聞」連載し、今では300回を超えた。

国内を走破の後は、イギリスとアイルランドに挑戦し、イングランド・アイルランド・スコットランド・ウェールズに18回渡った。
その結果を -イギリス・アイルランドの灯台を描く-として何回かの個展で発表した。
現在はフランスの旅に挑戦中だ。

1937年生まれの84歳。
僕も旅は好きだが、外国を自転車で一人旅をする自信はない。
常に新作に、しかも大画面の製作に挑戦している。

tak1.jpg

見るからに若々しくダンデイな姿を含め、僕の目標で憧れの存在だ。
お酒好きな武石さんと酌み交わし、お話を伺いたいと思っている。
  1. 2018/12/07(金) 07:41:23|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北沢努展「森に棲む 2018」@ギャラリーしえる

北沢努展「森に棲む 2018」@ギャラリーしえる
11月27日~12月2日


k-1.jpg


雑木林に囲まれた「ギャラリーしえる」に自生したかのようだ。

k-2_201811302341011a9.jpg

水戸在住の彫刻家・北沢努さんの「森に棲む」シリーズ。
木の自然な形態を人体に採り入れブロンズや石膏で作られた作品は、自然と共生している。

「森に棲む」は2011年の「UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」で“宇部マテリアルズ賞”を受賞した時から始まった。

「UBEビエンナーレ」は日本で最も歴史と伝統のある彫刻展で、新進作家の登竜門と云われる。
世界中から応募があるから難関だが、自然と一体化した「森に棲む」は歩みだした。
授賞以降どのように展開するか興味を持って観てきたが、着実に進化している。

k-3_2018113023410300c.jpg

k-7-3.jpg


k-7-2.jpg

k-7_20181130234107759.jpg

k-5_2018113023410691d.jpg


どの様な木を選ぶかがポイントだが、かなり大きな素材を使用している。

k-4_20181130234104413.jpg


作品の設計図ともいえる、デッサンも何点か展示されている。
このデッサンも立体と異なった魅力がある。

k-8_20181130234113280.jpg

12月2日(日)11時から14時まで「錫の箸置き&ペーパーウェイト」のワークショップ(参加定員10名)が開催される。


  1. 2018/11/30(金) 23:46:24|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

食事処「元屋敷」@那珂市本米崎2014

食事処「元屋敷」@那珂市本米崎2014

m-1.jpg


築90年を超える古民家・食事処「元屋敷」。
造園業「植心園」のご主人の隠居所をリニュアールした、正に隠れ家。

m-2.jpg

m-2-2.jpg

反対側に巨木と巨石に囲まれた広い駐車場が在る。
この場所で毎月5日に骨董市が開催される。

m-3.jpg

入り口の部屋で骨董品の展示販売も。

m-4.jpg

m-5.jpg

薪ストーブと囲炉裏がある。
これからの季節、薪や炭の暖かさは格別だ。

m-6.jpg


中庭に緋毛氈と野点傘。

m-7.jpg


茶室の様な小部屋に2~3人様が3組くらい。
時代を感じる部屋に古美術品も飾られている。

m-11.jpg

m-9.jpg

m-8.jpg


小皿の家庭料理。
品数が沢山で数えきれないほど。

m-12.jpg


デザートの柿とりんご。

m-13.jpg

m-14.jpg

〆は抹茶が提供される。

m-15.jpg


庭は変化に富んで、食後の散歩も楽しい。


m-16.jpg

m-17.jpg

近くに「本米崎三嶋神社」が在る。
桜田門外の変に加わった水戸浪士の一人である海後磋磯之介(かいごさきのすけ)は三嶋神社神官だった。

m-18.jpg

樹齢何百年?境内の椎の大木。

m-19.jpg

紅葉も見事。
社は神聖な気配に包まれている。
土地々の神社は宝物、大切に守りたい。


●「元屋敷」は予約制、那珂市本米崎2014 TEL:029-295-8718
営業時間:11:00-16:00 定休日:月曜日・火曜日・日曜日

  1. 2018/11/29(木) 08:25:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

奥久慈ハイキング@ 常陸大宮市・緒川地区

奥久慈ハイキング@ 常陸大宮市・緒川地区

ok1.jpg


NHK の朝のテレビドラマ「ひよっこ」の舞台である「奥茨城村」は架空の村だが、比定されるのが茨城県の北西部の大子町や常陸大宮市。

ok2.jpg


11月26日(月)Sさんの案内で、常陸大宮市・緒川地区のおがわ富士(小舟富士・小瀬富士・砂羅向山)に登った。

ハイキングコースではあるが、初心者の僕にとって山登りに等しかった。

物産センター「かざぐるま」に車を止め、案内図を貰う。
スタンプラリーも開催されている。

ok3.jpg

「かざぐるま」の道路反対側に登山口。

ok4.jpg


小瀬富士山頂。
ここまでは、簡単に登れた。

ok4-1.jpg

山頂に「富士山大権現」の石碑。
天正2年(1574年)の銘が刻まれてある。

頂上に雑木が繁って、眺めが良くない。
往々に、このような場所が多いが、自然保護の観点から伐らないのかもしれないが、眺めが効くように手入れの必要があると思った。

ok5.jpg

「小船富士」を目指すが、いったん下って「おがわふれあいの森」に。

ok6.jpg


ok7.jpg

オカリーナの奏者・楽器製作者として知られる「宗次郎」のアトリエ。
住まわれているのか分からないが、野菜畑などもある。

ok8.jpg

「野外音楽堂」
ここで演奏会も開催されるようだ。

「小舟富士」に向かう傾斜はかなりのもの。

ok9.jpg

大きい岩もあり、この先はロープを伝わりながら登る。

ok10.jpg


「小舟富士山頂」山頂には三角点がある。

周辺が伐採されていて見晴らしが良い。

ok12.jpg


東側には「男体山」が望める。
茨城県では筑波山に次ぐ名峰だろう。


ok11.jpg

ok13.jpg


西側に「芳賀富士」
気象条件が良ければこの左上に「富士山」を望むこと出来るらしい。

この日は温かく快晴で汗ばむほどではあったが、富士を望むほどに澄んだ空気ではなかった。

ok14.jpg


持参の弁当や缶コーヒーを飲みながら、日光連山や那須連山などを眺めた。
今回のベストの光景。

ok15.jpg

砂羅向山( ざらむきやま)山頂。
ここも、眺望が良いように手入れされているが。
あと数本、伐ってもらいたい。

ok16.jpg


美和地区の「花立トンネル・自然公園」方面。

ok17.jpg


砂羅向山からの下山のルートは急こう配。
翌日は太ももの筋肉痛になるほどの難所だったが、無事に越えて「かざぐるま」に帰還。
入山9時、下山が12時、全行程3時間。


ok18.jpg


帰途の途中、上小瀬の菓子処「ふるさわ」は大福の名店。
種類が沢山ありました。
  1. 2018/11/28(水) 00:18:39|
  2. 山歩き
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水戸城址・土塁のイチョウ@水戸市三の丸

水戸城址・土塁のイチョウ@水戸市三の丸

ho1_201811221603212d2.jpg

ho2_20181122160322a7c.jpg

水戸市内でイチョウの名所と言えば、歴史館構内や近代美術館前を思い浮かべるだろう。

ho3_20181122160324fbd.jpg


この季節、県立図書館前の土塁に聳えたつイチョウの黄葉を眺めるのが楽しみ。

ho4-1_201811221603274af.jpg

ho4-2.jpg


ho4_20181122160325b9e.jpg


旧水戸城址の土塁が見事に残っているのはここだけ。
「私の水戸八景」の1つである。

調べものが有り、県立図書館に。
既に散り始めてはいたが、この景色は正に原風景。
郷里を後にしている人にとっても懐かしいことだろう。

ho6_20181122160331e7f.jpg

ho5_20181122160330d43.jpg

旧県庁舎は数年前に改修工事が済んで創建時の姿を取り戻した。
ここも、中・高時代に通った懐かしい場所だ。

図書館の中に各地のイベントのポスターが貼ってあった。

ho7_20181122160333616.jpg

●香川敬三を知る ~明治150年記念シンポジウム~
12月15日(土)13:30~16:30(@常陸大宮市・ロゼホール。

ho8_2018112216033479e.jpg


●大洗町埋蔵文化財企画展 【太平洋を見下ろす大洗の王墓】

【会 期】 11月中旬~12月中旬の土日祝日の11日間のみ開館。
【会 場】大洗町立旧大貫小学校

どちらの企画も魅力で、是非とも参加したい。
  1. 2018/11/22(木) 16:15:10|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する