FC2ブログ

よーちゃんの雑記帳  

街と人との出会いが楽しみ。

―永青文庫の東洋彫刻コレクション―

―永青文庫の東洋彫刻コレクション―
2019年1月12日(土)~4月10日(水)


hoso1-1-3.jpg


hoso1-1-1.jpg

hoso1-1-2.jpg

永青文庫は、目白台の閑静な住宅街のなかにあり、1950年(昭和25年)、第16代当主細川護立(1883年 - 1970年)によって設立された美術博物館。
一般公開されるようになったのは、当主が第17代細川護貞になった1972年(昭和47年)から。
旧熊本藩主細川家伝来の美術品、細川護立の蒐集品などを収蔵し、研究を行っており、年に4回位の特別展で公開している。

今回の「東洋彫刻コレクション展」は明治時代に中国の仏教美術を調査・収集していた早崎稉吉(1874~1956)の旧蔵品が大半を占め、各時代の特徴を表した重要な像が多く含まれる。

hoso1.jpg

重要文化財 菩薩半跏思惟像 中国 北魏時代(6世紀前半)

hoso2.jpg


重要文化財 如来坐像 中国 唐時代(8世紀前半)

hoso3.jpg



重要文化財 如来坐像 中国 宋時代 元嘉14年(437年)

hoso4.jpg


双観音菩薩立像 中国 北斉時代 天保8年(557年)個人蔵


hoso5.jpg

石松日奈子氏(本展監修者、東京国立博物館客員研究員)

hoso7.jpg

hoso6.jpg


(作品及び石松日奈子氏の写真はアートシーン及び永青文庫HPから)



  1. 2019/03/23(土) 08:09:17|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白磁の誕生と展開 @東京国立博物館・東洋館 5室

白磁の誕生と展開 @東京国立博物館・東洋館 5室
1月2日~ 4月21日


hak1.jpg

hak2.jpg

hak9.jpg


食器として大流行りなのが白磁の器。
もう少し別な器もあるでしょう、と言いたくなるほど。
今や「100均」でも様々なものが売られている。

それ程に一般化した白磁の起源は中国。
中国の白磁がいつどのように生まれ、展開したのかという問題を取り上げた展覧会が東京国立博物館・東洋館 5室で開かれている。

hak1-1.jpg



公益財団法人常盤山文庫と東京国立博物館所蔵品から選りすぐった作品が紹介されている。特に、
重要文化財 白磁水注 中国 初唐・7世紀 横河民輔氏寄贈
重要文化財 三彩貼花龍耳瓶 中国 盛唐・8世紀 横河民輔氏寄贈
白磁天鶏壺 中国 隋時代・6~7世紀 東京・公益財団法人常盤山文庫蔵
白磁人頭飾り水注 中国 初唐・7世紀 東京・公益財団法人常盤山文庫蔵
白磁獣耳瓶 中国 初唐・7世紀 東京・公益財団法人常盤山文庫蔵

横河民輔氏寄贈の館蔵品は観る機会が多いが、公益財団法人常盤山文庫の収蔵品を観る機会は少ないのでは。

hak13.jpg

hak11.jpg

hak4.jpg


hak1-1.jpg

hak3.jpg

hak5.jpg



「初期白磁」誕生頃の作品は試行錯誤の未完の美しさ、完璧でないための味わいの深さがあって見飽きることが無い。

技術的な解説もあるが、理解の範疇を越えている。
それらを理解できれば、なお楽しいのかもしれない。

●公益財団法人常盤山文庫(HPより)
常盤山文庫のコレクションは、実業家である菅原通濟(1894-1981)の蒐集を母体としています。所蔵品は禅僧の墨蹟、中世水墨画、宋代の工芸品、天神画像を四つの柱とし、現在国宝2点、重要文化財23点、重要美術品18点を含んでいます。
本格的蒐集が始まったのは戦中の昭和18年(1943)からで、集められた美術品の周りに研究者が集い、学びの場となっていきました。昭和29年(1954)、還暦を機に実業界から引退した通濟は公益事業に力を入れ、自宅のあった鎌倉常盤山の名を冠した財団法人常盤山文庫を設立し、コレクションをこちらに移しました。以後、この地での公開を開始しました。しかしながら、この場所・建物での公開が文化財保護法の改定によってできなくなり、現在は鎌倉国宝館等での展覧会の開催、国内外各地の美術館からの依頼による貸し出し、その他学術目的に供する資料提供を行なうことで、社会貢献に努めております。
展示施設を持たない常盤山文庫は、他館開催の展覧会に出品協力することで所蔵品の公開を果たしています。
  1. 2019/03/19(火) 06:17:41|
  2. 博物館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧川崎銀行水戸支店跡の行方は

旧川崎銀行水戸支店跡の行方は

kawa1.jpg


水戸市泉町の「三菱UFJ銀行・水戸支店」が国道50号を挟んだ第二中央ビルに移転し、2月18日から新店舗での営業が始まった。

旧店舗は1909(明治42)年に川崎銀行水戸支店として完成した本格的洋風建築。

kawa1-1.jpg


kawa1-2.jpg

kawa1-3.jpg

空襲で金庫と外壁を残して焼失するが、戦後の51年に復旧工事が済んだ文化財的な価値ある建物。


存続を願うのは大方の考えだろう。

三菱UFJ銀行としては、現状を利用してくれる方を優先に売却の方針らしい。
何件かの問い合わせもあり、最終的には入札で決定するらしい。(泉町商店会の望月芳雄‎さんの話)


水戸市が購入して博物館の別館、或いは観光の拠点として整備するなどが望ましいと考えるが、財政危機寸前の水戸市に望むのは難しそうだ。

同様の例として、

kawa2.jpg

kawa2-1.jpg

kawa2-2.jpg


旧川崎銀行千葉支店は”鞘堂方式”によるビルを建設し、上部が「千葉市立美術館・中央区役所」として利用され、保存・再生がなされている。

kawa3.jpg


旧川崎銀行佐倉支店は、旧建物を組み込んだ鉄骨鉄筋コンクリート造・地下2階地上5階建に改築「佐倉市立美術館」となっている。

どちらも現状保存でなく、一部を保存し大幅な改造・新築を伴う部分再生。

現状での再利用は難しい課題かもしれない。
とは言え、街のシンボルでかなりの広さを有している場所だ。
多くの方々の知恵を絞り、街の再生につながる妙手を募りたい。

●旧川崎銀行は茨城町海老沢に生まれた川崎八右衛門(1834~1907)により為替取扱業の川崎組が創設され、明治13(18 80)年に川崎銀行と改称。
我が国を代表する私立銀行の誕生で後に川崎財閥へと発展した。
戦時統合により三菱銀行(現:三菱UFJ銀行)に吸収合併された。
  1. 2019/03/17(日) 17:44:13|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アートフェア東京2019@東京国際フォーラム

アートフェア東京2019@東京国際フォーラム
2019年3月7日(木)〜10日(日)まで(※3月7日は招待制)


今年で14回目を数える「アートフェア東京(ART FAIR TOKYO)」は
古美術から工芸、近代美術、現代アートまで様々なギャラリーがそれぞれのアート作品を一般に販売するマーケット。


art1_20190314161352186.jpg

art1-1.jpg

art1-3.jpg

art2_20190314161356933.jpg

art3_20190314161358c67.jpg

art8.jpg

art7.jpg

art5.jpg

art4_2019031416135914d.jpg


当初は古美術関連の出店が多かったが、時代や地域、そしてアートのジャンルを横断した美術品が集まるようになった。


art13-2.jpg


art13.jpg


art12.jpg

art10.jpg

art9.jpg

会場を一巡すれば、古美術から工芸・近代美術・現代アートまで幅広い作品を観ることが出来る。
時代の流れ、現在の美術品の傾向を肌で感じことが出来るのが魅力だ。

art14.jpg


  1. 2019/03/14(木) 16:24:16|
  2. イヴェント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塊土社「創立70年記念彫刻展」@アートセンタータキタ

塊土社「創立70年記念彫刻展」@アートセンタータキタ
3月8日~17日


kai4_20190313172946d47.jpg



kai1_20190313172942a5d.jpg

kai2_20190313172944816.jpg

kai3_20190313172945f4b.jpg


茨城県内で最初の彫塑の美術団体「塊土社」(かいどしゃ)」の、創立70年記念彫刻展が3月8日から17日まで水戸市泉町のアートセンタータキタで開催されている。

kai6_20190313172948986.jpg


創立会員である後藤清一(1993―1984)の「菩薩頭」も出陳されている。
目にする機会の少ない、後藤清一の仏頭作品を心静かに鑑賞してほしいと思う。


kai11.jpg


記念誌が40年ぶりに発行された。

塊土社の源流は大正13(1924)年に設立された美術団体「白牙会」。
洋画が主体の運営に不満を感じた彫刻家たちが昭和25(1950)年9月に彫塑団体「茨城彫塑協会」を結成した。
会員は木内克、後藤清一、森山朝光、一色五郎、高久茂雄、小森邦夫な13名。
11月に水戸市泉町の「ふくだ画廊」で第1回展を開催。
「茨城彫塑協会」は昭和29(1954)年、新たに結成された茨城美術家協会に加入したのを機に「塊土社」と改めた。

  1. 2019/03/13(水) 17:34:37|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西の谷緑地の階段に、ライトが着きます。

西の谷緑地の階段に、ライトが着きます。

nis1_20190306174716641.jpg

nis2_2019030617471729a.jpg

千波公園・西の谷の緑地は偕楽園方面から泉町、南町への近道だ。
しかし、谷間なので早めに暗くなる。
特に、木造の階段が暗くて昇降に不安を感じたが、改良工事が進行中。

ステップの一枚ごとにLEDの照明が取り付けられた。

nis3_201903061747187bd.jpg


下から見れば分かるが、歩いては感じない。

点灯した状況を、早く確かめてみたい。

nis5_2019030617472069c.jpg

nis5-2.jpg

「薬草園」の周回路の改修も進んでいる。

nis5-1.jpg


遊歩道の周囲の草刈りも済んだ。
間もなく、野草の芽吹きが始まる。

nis6_20190306174724ebc.jpg

竹林の間引きと枯竹の搬出がすんで、すっきりとした姿となった。
間隔が2㍍以上ないと、日差しが入らない。

間もなく、筍の季節となる。
西の谷のボランテア活動で年に一度の大仕事。
例年、1000本以上を刈り取る。
短期間の間に、しかも早めに刈らないと、すぐ密集する。
斜面がかなり急なので、滑落の危険もある。

nis7_20190306174726e2b.jpg

しだれ梅が満開を過ぎた。
隣の、枝垂れ桜の開花が間もなくだ。

nis7-2.jpg

金魚坂に近い方の園地の造成工事が進んでいる。
芝生の広場か?

新たに「楠の森」が造られるとか。

nis8_20190306174729e23.jpg

植樹の位置を示す杭が打たれて在る。

年度末までに、完了予定。
若干遅れるにしても、新緑・五月頃には新たな姿を見られそうだ。

  1. 2019/03/06(水) 17:54:28|
  2. 庭園・公園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラヴィプロバンソ (Ravi provencau)@水戸市常磐町2-9-49

ラヴィプロバンソ (Ravi provencau)@水戸市常磐町2-9-49

ra1_20190305010821531.jpg


水戸の偕楽園・常盤神社から徒歩5分位の住宅街の一角に、南仏家庭料理「ラヴィプロバンソ」が在る。

ra2-1.jpg


地中海に面する南仏は、イタリア料理、スペイン料理、北アフリカ料理などを取り入れ、季節の野菜やスパイス・ハーブを使用したオリーブオイルベースの料理だ。

ra2_20190305010822c06.jpg

外観とインテリアともに、南仏の香りが。

シェフの富田千夏さんを含め全てが女性、ならではの店づくりだ。
奥に料理教室に使う厨房設備があり、講習会も開かれるらしい。

ra3_20190305010825d10.jpg

ra4_201903050108272c6.jpg

前菜はピクルス(マダガスカル産の胡椒使用)、さつまいもとディルとレーズンとピクルスのサラダ、ひよこ豆とピーマンとドライトマトのサラダ、ニンジンラペサラダ、おからとビーツのサラダ、カリフラワーとゆで卵のカレー風味、新にんじんと挽き肉の煮込み。どれも、素材の良さを生かしたものばかり。

ra6.jpg


これらの中から、好みの品を皿に取り分ける。

メインの料理は選べるのだが、この日は。

ra7.jpg


スープドポワッソン。
魚、野菜、ハーブ、スパイスをじっくり煮込んでミキサーにかけ裏漉した味わい深いスープ。
ルイユ(にんにくマヨネーズ)添え。


ra9.jpg

デザートは、ティラミスプロヴァンサル。
フランボワーズにラベンダーの香りを移したシロップかけ。

ra10-1.jpg

暖かになったら中庭の椅子でゆったりも良いかも。

ra10.jpg


写真では分かないかもしれないが、石のテーブにフレンチブルドッグが。
この愛犬は、このお店のシンボルらしい。

●青春時代は映画や音楽を通してアメリカやフランスに憧れを持った。
フランスを含めたヨーロッパへの思いが強かったかもしれない。
この料理店では、夜間にフランス語を学ぶ教室・文化を知るお話会などが開かれるとのこと。
忘れ去った夢に新たに挑戦する場として、折々に訪ね学びたいと思っている。
  1. 2019/03/05(火) 01:14:05|
  2. レストラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水戸ホーリーホック開幕2連勝@Ksスタ水戸

水戸ホーリーホック開幕2連勝@Ksスタ水戸

ho1_20190303221251366.jpg


3-0の完勝。
栃木SCを迎えて水戸ホーリーホックのホーム開幕戦。
3月3日(日)14:00キックオフ。

ho2_20190303221252c6c.jpg

雨の中での「北関東ダービー」。
栃木のサポーターが大勢でマッ黄色だ。
9月1日(日)のアウェイの栃木戦、水戸から大挙して応援したい。

ho3_20190303221254ad8.jpg

コアのサポーターが昨シーズンより増えた感じ。
今シーズンの活躍に期待が大きいからか。
応援スタイルが少し変わった。
テンポよいドラムの音が力強く鼓舞してくれる。

ho4_201903032212554ab.jpg


前半42分に清水 慎太郎が先制点。

ho5_201903032212576e3.jpg

ho5-1.jpg


今年は25周年の記念の年。
J2を卒業したい。

後半開始から、茂木 駿佑 ・前 寛之と一気に畳みかけ、3点のリード。
その後も、ジョー・浅野・村田と、途中交代の選手が流れ持続。


完封勝利で開幕2連勝。
首位に浮上した。

ho7_20190303221301f98.jpg


ho6_20190303221300f94.jpg

ホーム開幕戦を勝利し、喜びのダンス。

観客数は5939人。
雨だった、とも言えないことではないが、
あと3千人、9千から1万人ならJ1も夢ではない。
  1. 2019/03/03(日) 22:18:48|
  2. 水戸ホリーホック
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水彩連盟いばらき支部55回展  3月1日~5日

水彩連盟いばらき支部55回展  3月1日~5日
@水戸市泉町3丁目 「アートセンター タキタ 2階ギャラリー」


sui1-1_20190302132014e52.jpg

sui2.jpg

sui3_20190302132016576.jpg

sui3-1_20190302132018b56.jpg

sui3-2.jpg


sui4.jpg



「アートセンター タキタ 2階ギャラリー」で水彩連盟いばらき支部55回展が3月5日まで開催されている。

sui6.jpg

sui5.jpg

今回は茨城支部55回を記念し、茨城出身の水彩連盟の設立メンバー小堀進(1904年 - 1975年)と故・鈴木信男の作品も展示された。

sui7-1.jpg

久しぶりに、彫刻家の後藤末吉さんにお会いした。
今年は米寿とのことお元気な姿を拝見し、安心した。


sui7.jpg

第78回「水彩連盟展」が4月3日~4月15日まで、六本木の国立新美術館開催される。
今日の水彩画が一堂に会する展覧会で、一度は観てみたい。

  1. 2019/03/02(土) 13:24:26|
  2. 美術展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水戸プラザホテルのアトリウムイベント

水戸プラザホテルのアトリウムイベント

pl2.jpg

「篠原和宏JAZZクインテット」

pl1.jpg


水戸市千波町・国道50号バイパス沿いの雑木林の一画に在る「水戸プラザホテル」は、宿泊、結婚式・パーティ・宴会・会議、レストラン・ショップなど、茨城県内唯一の都市型ホテルと言える。

pl2-1.jpg

ガラスの天井に覆われた吹き抜けの中庭、カフェやレストランに囲まれた「アトリウムガーデン」でクラシック・ジャズ・シャンソン・ハワイアンなどの音楽演奏・ベリーダンスなどの各種のパフォーマンスが無料で楽しめるのは嬉しい。

pl5.jpg

友人のピアニスト・篠原和宏さんのグループは常連の出演者。

pl6.jpg

旅ブラ仲間の齋藤友幸さんと。
齋藤さんはコンサートやイベントの常連さん。
あちこちに出没します。

2019年3月のアトリウムイベント

■オカリナコンサート 
3月2日(土)18:00~19:00 
アンサンブルアイ
■ジャズコンサート
3月3日(日)11:30~12:30
3月10日(日)11:30~12:30
3月21日(木祝)11:30~12:30
篠原和宏JAZZクインテット
■ベリーダンス 
3月9日(土)18:30~19:30
アリシアJAPANベリーダンス
■春のバイオリンミニコンサート
3月16日(土)18:30~19:30
星野由美子(Piano,Vocal)、種部志保(Violin)
■ジャズコンサート
3月17日(日)11:30~12:30
星野由美子(Piano,Vocal)、清水尭斗(Bass)、大川修広(T.S,FL)
■ベリーダンスとピアノの奏で
3月23日(土)18:30~19:30
アリシアJAPAN&田畑直美
■ハワイアンコンサート
3月24日(日)11:30~12:30
岩部進太郎&アロハスウィングハワイアンズ
■クラシックコンサート
3月24日(日)18:30~19:30
ROYAL ACADEMY TRIO
■シャンソン&歌謡名曲の調べ
~檜山初音凱旋コンサート~
3月30日(土)18:30~19:30
■フラダンス
3月31日(日)11:30~12:30
ナレイマイカヒキナ


  1. 2019/03/01(金) 00:41:38|
  2. 水戸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

たかはし よういち

Author:たかはし よういち
離俗の世界に憧れながら、市井の片隅でうごめいています。
ささやかなモノやコトに幸せを感じます。
私が別に運営している「西の谷万葉公園を美しく」のブログは、以下のリンクからアクセスしてください。
重複する記事も有りますが、自然を大切に、簡素な生活を。
の気持ちを大切にしたいと思います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する